常識見直しコラム

ニュースを見なくていい3つの理由| てっとり早くネガティブ感情から解放されたいならニュースは見るな

あなたは日頃からニュースをよく見ますか?

「社会人なんだから、ニュースぐらい見ておかないと」なんてことを誰かに言われ、ニュースやニュースサイトのチェックを日課にしている方もいるかもしれませんね。

ですが、わたしは個人的にニュースは見る必要がないと思っています。

だってニュースやワイドショーを見たあとってなぜだか気分が落ち込みませんか?

・事件や事故のニュースを見ると身の回りに起こるんじゃないかと不安になる

・普段からなんだか気分が落ち込みがちな傾向にある

・もっとゆったり過ごしたいのに仕事も忙しくてストレスが溜まっている

といったあなたに。

今回は、てっとり早くネガティブな感情から解放され、運気をアップさせたいならニュースを見るのを今すぐやめましょう、というお話です。

ニュースを見ないでいい3つの理由

理由①:余計なネガティブ情報が多すぎてエネルギーを奪われる

テレビのニュースやニュースサイトで取り扱ってる情報って、なぜかネガティブなものが多くないですか?

・事件や事故による悲惨な出来事

・タレントや有名人による不祥事

・学校や職場でのいじめ問題

・政治家の失言や外交問題

・世界各国でのテロや戦争

このあたりがよくセンセーショナルに取り上げられていますよね。

ですが、ネガティブな情報…例えば、事件や事故のニュースを目にしたところであなたにとって何の得になるのでしょうか。

痛ましいなあ、可哀想だな、酷い話だ、怖いなあ…とネガティブな感情がわき上がってくるだけではないですか?

それによってあなたが何かできることや、取れる対策なんてよく考えたら何もありませんよね。

つまり、自分とは関係ない出来事に落ち込んだり不安になったり…と無駄にあなたのエネルギーを奪われているだけです。

あなたに直接関係ないネガティブな出来事に、あなたの感情が左右され、気持ちをすり減らすなんて無駄なことはやめたほうがいい。

だからニュースを見るのはやめやましょう。

理由②:偏った意見に思考が支配されてしまう

ニュース番組で事件や事故、不祥事などがセンセーショナルに取り沙汰されると、その出来事についてタレントやコメンテーターが意見を言いますよね。

連日そんなニュースや意見を耳にしていると、
「たしかにこの人の言う通りだ!これは悪いことだ!」
というように、他人の意見があたかも自分の考えのようにあなたの中に染み込んでいきます。

でもそれって本当にあなたが思考して導き出した答えでしょうか?

みんながそう言ってるからきっとそうだ。

そんな感情から出てきた思考が大半ではないでしょうか。

それはあなたの意見ではなく、情報やコメントにあなたの考えが支配され、流されているだけだと言えます。

人というのは同じ情報に触れ続けていると、簡単に洗脳されてしまうもの。

権威のある人が言っているから、と鵜呑みにしてしまうのは怖いことです。

人の意見に影響をうけ、思考を支配されてしまうことが多々あるため、ニュースを見るのをやめましょう。

理由③:ネガティブな情報に触れ続けるとストレスが増え、運気がさがる

最初に言った通り、ニュース番組ではネガティブな話題が取り上げられることが多いです。

なぜなら、ネガティブなニュースのほうが人の心に刺さり、話題性もあるから。

ですが、ネガティブなニュースを見ると

・こんならこわい事件(事故)がわたしの身近で起こったらどうしよう

・毎日不倫の報道で溢れてる…わたしの彼氏も浮気してたらどうしよう

・うちの子供の学校でも何かトラブルが起こったらどうしよう

と、不安感情が掻き立てられることばかりですよね。

毎日ニュースを見て不安を感じ続けている、ということは、毎日自分の中に「不安感」というストレスを溜め込んでいる、ということです。

実は人間の脳って、実際に経験した事と、想像・妄想・イメージで感じた事の区別がつかないんです。

ですのであなたがニュースを見て、「怖い」「不安だ」「悲しい」と感じたことも、現実に起こったことへの感情として脳にインプットされてしまいます。

ということはニュースで見たネガティブな出来事がすべてあなたの中にストレスとして溜まってしまう、ということです。

それに類は友を呼ぶ、ではありませんがネガティブな感情はネガティブな出来事を引き寄せるものです。

たとえば仕事でミスをしたとき、嫌だ嫌だ!またミスしたらどうしよう…とそのことばかり考えているときほどなぜかミスを重ねてしまう、なんてこと経験がありまんか?

また、イライラしてるときほど更にイライラを増長させるような出来事が起こったり、急いで焦っている時に限って引き止められるような出来事が起こったり。

つまり、ニュースをみて暗い気持ちになって過ごしていると、どんどん暗い気持ちになるような出来事が降りかかり、あなたの運気を下げることになります。

だから、ニュースは見ないようにしましょう。

必要な情報は自分で選択して得ることができる

ニュースを見ないと必要な情報が手に入らないじゃないか!と、思いますか?

わたしは派遣会社の法務部に在籍しているため、派遣法・職安法・労働法など法改正関連の情報は素早く知る必要があります。

そして仕事に関すること以外では、音楽フェスやライブ、アニメや映画が好きなので、好きなことの情報はいち早く知りたいです。

こういった必要な情報は、なにもニュースや総合サイト経由でなくても得ることができますよね。

わたしの場合、仕事で必要な情報は、厚生労働省のメールマガジンや法務省のサイトから、趣味で知りたい情報はtwitterの(ナタリーなど)特化サイトから取得しています。

たとえばあなたが「ふるさと納税制度のことが知りたいなあ」と思ったらふるさと納税制度のことをピンポイントで書いているサイトを訪れるだけ。

「猫を飼う方法」を知りたいと思ったら、猫情報だけを掲載しているサイトで調べたり、実際に猫を飼っている人に話を聞けばいいだけ。

このように、余計なネガティブニュースを自分の中にため込むことなく、必要な情報だけを自分で選択して取得することなんて今の時代は簡単にできますよね。

いろんなことがごちゃ混ぜに垂れ流されるニュース番組からではなく、あなたの必要な情報だけを自分から取りにいけばいいんです。

ニュースを見ないでいると思考がクリアになり気持ちが軽くなる

わたしは日ごろニュース番組を見ませんが、日常生活や会社で仕事をするうえで、困ったことはなにひとつありません。

なぜなら、必要な情報だけを必要なときに、自分から取りに行けばそれですべて事足りるから。

前述の「社会人なんだからニュースくらい見ないと」なんて意見は、ネットの専門サイトやSNSから必要な情報を入手することで全く問題なくクリアできています。

それに、ニュース番組で情報を得る、というのはかなり受け身の方法ですよね。

ニュースを見るのをやめて、必要な情報だけを自分から取りに行く、ということを日常的にしていると

自分に今必要な情報はなにかを考える

必要な情報はどこにあるか考えて調べる

どうやって探せば効率的に必要な情報を得られるかが身につく

というメリットもあります。

そしてわたしの場合、ニュース番組を見ない生活を始めてから、明らかに思考がクリアになりました。

これは、

・余計なネガティブ情報に触れることで知らず知らずに溜まっていたストレスがなくなったこと

・自分に関係ないタレントやコメンテーターの意見を耳にしないことで、偏った思考の影響を受けなくなったこと

によるものです。

ニュースによって無駄に不安になったり、気分が落ち込むことがなくなるだけで、ストレスが軽減されます。

また、ネガティブな情報にエネルギーを奪われることがなくなると気持ちも軽くなります

だらだらとニュースを見る時間があれば、是非あなたがやりたいこと…ゆっくり寝るでも、好きなドラマを見るでも、勉強するでも、なんでもいいのであなたのために使ってみてください。

2週間ほどニュース番組をシャットアウトするだけで、きっと気分の違いに気付くはずです。

まとめ:ニュース番組を見なくても困ることなんてなにもない

今回は「ニュースを見なくていい3つの理由| てっとり早くネガティブ感情から解放されたいならニュースは見るな」についてでした。

・ニュース番組ではあなたには関係のない無駄にネガティブな情報ばかりが流されている

・ネガティブな情報はネガティブな感情を誘うので知らないうちにストレスを溜めこむことに

・ニュースなんて見なくても困ることは何もないし、必要な情報は簡単に手に入れられる

「幸せ探しが上手な人にはどんどん幸せが流れ込む」
とはよく言ったもので、毎日を不安感のある重い気分で過ごしている人より、うきうきと軽い気分で過ごしている人のほうが確実に運気はアップします。

会社の中や、普段の生活の中で周りの人たちを観察してみてください。

鬱々イライラとしている人の周りには、同じようにイライラした人やイライラする出来事がまとわりついていませんか?

それとは逆に、穏やかでなんだかホッとする人の周りには、楽しい人や楽しい出来事集まっているように見えませんか?

なんとも言えない不安感から解放されれば、気持ちが軽くなり、ストレスも軽減され、毎日が過ごしやすくなるでしょう。

てっとり早くネガティブ感情から解放される方法は、ニュースを見るのを今すぐやめる、ということです。

あなたがまだニュース番組を見ているのであれば、一度ニュースをシャットアウトしてみてください。

きっと気持ちが軽くなるのを感じることができますよ。