エンタメ・雑記

雨の日の自転車通勤|OL向けレインウェア・バイザー・カゴカバーの選び方

ひよこさん
ひよこさん
雨の日が続くのは憂鬱になるんだよな~
uri
uri
ほんとそうだね
ひよこさん
ひよこさん
駅まで距離があるから、雨でも自転車で通勤したいんだけど…
uri
uri
じゃあ おすすめのレイングッズを教えてあげよう

雨の日の自転車通勤、ほんと大変ですよね。

・色んな種類のレインウェアがあって悩む
・雨でメイクが崩れるのは嫌だ
・服だけじゃなくカバンが濡れるのも困る

そんなお悩みをお持ちの方へ。

今回は女性におすすめのレインウェア・バイザー・かごカバーの選び方をご紹介します。

レインウェアの選び方

レインウェアはポンチョ型ではなくレインコート型を選択しましょう。

ポンチョ型は着脱しやすく、通気性にも優れていますが、自転車には少し不向きだと言えます。

腕の部分が広く開いていますので、ハンドルを握ると、腕から脇までに雨が入り込んでびしょ濡れになってしまいます。

また、裾が広くバタバタと広がりやすいため、下手をすれば自転車のタイヤに巻き込んでしまう危険性も

ですのでやはり選ぶならレインコート型!

レインコート型でも最近ではドルマンタイプのものが沢山あります。
ドルマンタイプのものを選べば袖部分に余裕があり、多少蒸れにくく、着脱もしやすいでしょう。


また、膝下まで長さがあるものを選びましょう。
丈がふくらはぎぐらいまであれば、走行中も雨に濡れにくいです。

できるだけ蒸れないようにということで、軽い素材のものを選んでしまうと、タイヤに巻き込まれやすくなりますので、ある程度重みがあるものがいいですね。

また、襟高でフードをぎゅっと絞ると鼻下まで襟部分で覆えるようになったタイプのものを選ぶようにしましょう。


フード部分にツバが付いてるものもありますので、そういったものを選べば化粧崩れの防止にもなります。
顔をできるだけ覆ってしまえるようなタイプのフードを選ぶのがポイントです。

バイザーの選び方

レインウェアについてるフードだけでは、やはり顔全面をカバーするのは難しいです。

そこでバイザーの登場です

バイザーはフードの下に付けましょう。

レインバイザーはツバの部分が長く、全面が透明になっているものを選びましょう。


ツバをぐっと下ろせば口元ぐらいにまで届くものが理想的。
そこまで長さがあれば、横降りの雨の場合でも化粧が崩れることはありません

また、ある程度強度があるものを選ぶのもポイント

軽くて柔らかい素材のものを選んでしまうと、強風の場合はツバがめくれ上がってしまうことがあります。

バイザーを外した後の前髪の崩れが気になる場合は、レインウェアのフード部分に取り付け可能なものもありますのでそちらもおすすめ。


ただし、やはり頭に装着するタイプのバイザーに比べて、多少安定感には不足がありますので、風が強い日にはツバがめくれ上がらないように気をつけましょう。

かごカバーの選び方

小さめのショルダーバックであればレインウェアの下に斜めがけにする事も可能ですが、働く女性は何かと荷物が多いものですよね。

荷物を持ったまま自転車で走行するのは危険ですし、そもそもカバンが濡れてしまうのは困ったものです。

ですので、やはりかごカバーをセッティングするのが1番

防犯用であれば上部や前面だけにカバーがあれば問題ありませんが、雨対策としてかごカバーを使うのであればカゴごと覆ってしまうタイプのものを選んでください。


巾着タイプだと雨が激しい場合、隙間から雨が入ってしまう可能性がありますので、ファスナータイプのかごカバーをおすすめします。

そしてファスナーは前からも後ろからも開閉可能なタイプを選べば、荷物の出し入れにも便利ですよ。

まとめ

今回は「雨の日の自転車通勤|OL向けレインウェア・バイザー・カゴカバーの選び方
についてご紹介しました。

・レインウェアはレインコート型がおすすめ
・バイザーはツバが長めのものを選んでメイク崩れ対策
・かごカバーはカゴごと覆えるものを

雨の日はそれだけでも憂鬱なのに、服や髪、メイクが崩れてしまうともう1日やる気が出なくなってしまいますよね。

レイングッズでガッチリ雨対策をして、雨の日も気持ちよく働けるようにしましょうね♪