エンタメ・雑記

ライトアッププロムナードなら2019|ライトアップ会場や所要時間と散策ルート

今年も7月13日~9月29日に、恒例の奈良の人気イベント「ライトアッププロムナードなら2019」が開催されます。

プロムナードとはフランス語で散歩道という意味。

光に包まれた世界遺産や由緒ある寺院など幻想的な奈良の建造物を巡り、1300年の歴史を感じる夜の散歩道を楽しめます。

今回は、ライトアッププロムナードなら2019の

・ライトアップ会場や時間
・会場を巡る所要時間
・おすすめ散策ルート

についてまとめてみました。

ライトアップされる会場と時間

ライトアッププロムナードなら2019では、春日大社一の鳥居、興福寺五重塔、東大寺大仏殿を始めとした世界遺産や歴史的建造物がライトアップされます。

ライトアップ建造物
1.東大寺(大仏殿・中門・南大門)
2.奈良国立博物館 仏教美術資料研究センター
3.奈良国立博物館 なら仏像館
4.春日大社一の鳥居
5.浮見堂
6.興福寺五重塔
7.猿沢池
8.平城宮跡 朱雀門
9.平城宮跡 大極殿
10. 薬師寺

ライトアップの目玉はやはり東大寺

東大寺以外の場所は通年でライトアップされていますが、大仏殿、中門、南大門が幻想的な光に照らし出された東大寺を拝めるのはこのライトアッププロムナードの時期ならではです。

残念ながら、ライトアップ時間中は大仏殿の中に入ることはできませんが、昼とは違う雰囲気を味わうことができますよ。

ライトアップ時間は?

ライトアッププロムナードなら2019の点灯時間は19:00~22:00です。
(但し、9月は18:00~22:00)

ライトアップ時間は3時間ですのでたっぷりと時間があるように思いますが、ライトアップ会場となっている場所はかなり広いです。

ライトアップされた会場を見て回るだけであっという間に時間が経っているといった感じでしょう。

ライトアッププロムナードなら2019の所要時間やおすすめ散策ルート

ライトアップの時間帯は連日19時から22時まで。

先ほどもお伝えしたように会場となってる場所かなり広いです。

ライトアップ会場は全部で10箇所ですが、近鉄奈良駅からの徒歩散策ルートでは
・平城宮跡 朱雀門
・平城宮跡 大極殿
・薬師寺
この3箇所を含めるのは少し難しいでしょう。

ですので、近鉄奈良からの徒歩散策ルートでは、ライトアッププロムナードの目玉である東大寺を含めた7ヶ所巡る事をおすすめします。

19時に近鉄奈良駅に到着し、ゆったりと会場巡るのが良いでしょう。

私の経験上、7ヶ所の会場をゆったり巡るだけでもだいたい1時間〜1時間半ぐらいはかかります。

ただ、会場が広いこともあり、土日など休日であっても、会場内が人でぎゅうぎゅうになるということはありませんのでご安心を。

おすすめルート

近鉄奈良駅から商店街を抜けて猿沢池

猿沢池をぐるっと巡り、階段を登って興福寺五重塔へ

春日大社一の鳥居

一の鳥居をくぐって浮見堂へ

浮見堂から奈良国立博物館の仏教美術資料研究センター となら仏像館

最後に東大寺

このルートであれば近鉄奈良サイドにあるライトアップをじっくり堪能しながら散策ができますよ。

まとめ

今回は「ライトアッププロムナードなら2019|ライトアップ会場や所要時間と散策ルート」ということでお送りしました。

・ライトアップ時間は19時〜22時 ※9月は18時〜
・徒歩で巡るのであれば東大寺側の7会場に絞ろう
・会場は広いので所要時間に1時間半くらいを予定しよう

ライトアッププロムナードなら2019では、昼間の印象とは違った、荘厳で優美な夏の夜の世界遺産の姿を楽しむことができます。

大阪市内からもアクセスが良いので、みなさんも夏の夜の歴史散策に出かけてみてはいかがでしょうか。