エンタメ・雑記

お中元マナー|お中元を断るのはマナー違反?お中元を断る方法や辞退の文例も

これからも変わらぬお付き合いをという気もちを込めた夏のご挨拶、お中元ですが、お中元を貰うのも贈るのもそろそろやめたいと考えている方も多くいらっしゃいます。

お中元って一度始めるとなかなか止め時が分からないものですよね。

・お中元を断るのはマナー違反かな?
・お中元を辞退する方法はある?
・失礼のない辞退の文例が知りたい

こういったお悩みの解決法をまとめてみました。

お中元を断るのはマナー違反?

お中元を断るのは、せっかく送ってくれた人の好意を台無しにするようで心苦しいかもされません。

しかし、そもそもお中元は日頃お世話になってる方への感謝の気持ちを込めて贈るもの。
それほど付き合いのない相手からお中元をもらい続けるのは気を遣いますよね。

また相手にとっても止め時が分からなくて負担になっている可能性もあります。

きっかけがないとなかなかやめどきがわからないものですが、感謝の気持ちというよりも、義務感だけで続けているのであれば思い切って辞めてしまったほうがお互いにとっていいでしょう。

お中元を頂いている相手が、

・以前お付き合いがあったが、今は疎遠になっている。

・そもそも相手との関係性が遠い

・形式上で送られてくる

といった場合は、思い切ってお中元付き合いを辞退してみてもマナー違反にはあたりません。

辞めたいと思った時がお中元の断りどきですよ!

お中元を断る方法は?

今後の中元をお断りする場合でも、相手の厚意に対してきちんとお礼を伝え、感謝の気持ちを表すことが大切です。

いくらお中元をお断りするといっても送られてきた品物そのまま返すということは絶対にやめましょう

ビジネスのやりとりで、会社の規則で品物の受け取りはできないという場合はお返しすることも問題ありませんが、個人にそのまま返してしまうというのはかなり失礼です。

お断りする場合も、相手の失礼ならないよう気をつけましょう。

お礼状で伝える方法

お中元を頂いた際にお返しするお礼状に、今回限りでお中元を辞退したい旨を記載するのが一番スマートです。

いつも通りお中元に対しての感謝の言葉を伝え、そして今回限りでお中元をいただくのを辞退したい旨を伝えます。

また、年に何回かは顔を合わせることがあるので完全にお断りするのは気が引けるという場合は、文面の最後に、今後も変わらぬお付き合いをと言った文章を添えましょう。

次回からは暑中見舞いや残暑見舞いなど季節の挨拶状をやりとりするようにすれば失礼にあたりません。

同額もしくは倍額の品物を贈る

基本的にお中元にはお返しは不要ですが、通常お返しをする場合は半金返しが一般的です。

今後お中元をいただくのを辞退したい場合には、頂いた物の同額または倍額の物を贈る「倍返し」でお中元のお返しを送りましょう。

倍返しは、「あなたのご厚意は十分伝わりました」という意思表示になりますので、あなたのお中元辞退の意思が、相手に伝わるでしょう。

その際には必ず上で伝えたように今までの感謝の気持ちを込めたお礼状を添えましょうね。

失礼のない 辞退の文例

では、ここで実際に使える失礼のない文例を掲載しますので参考にしてみてください。

拝啓

暑さも厳しさを増してきましたが、◯◯様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、この度はお中元の品を頂戴しまして、誠にありがとうございます。

いつも何かと温かいお心遣い感謝申し上げます。
日ごろごぶさたばかりで何の役にも立てませんのに大変恐縮しております。

○○様のご厚意はいつも大変ありがたく存じますが、今後はどうかこのようなお気遣いなさらないようにお願い申し上げます。

あたたかなお心遣いに対し、堅苦しいことを申しますようで誠に心苦しい限りではございますが、今後も末永くお付き合いのほど、お願い申し上げます。

略儀ながら、書面をもって、お礼とお詫び申し上げます。

時節柄、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

敬具

まとめ

今回は「お中元を断るのはマナー違反? お中元を断る方法や辞退の文例も」ということでお送りしました。

・形式上だけのお中元のやりとりであれば辞退するのはマナー違反ではない
・やめたい!と思った時がお中元のやめどき
・お中元を辞退する場合でも礼を尽くす

大切なのは相手に今までの感謝の気持ちを伝えることです。
お中元を頂くの辞退したいと思い悩んでいる方はぜひ実践してみてください。