美容・ファッション

驚異のウエストダイエット!わずか1週間でウエストが-10cmが可能な方法とは?



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

 

ウエストを1週間で10cm減らす、夢のような挑戦!

たった1週間でウエストサイズを10cmも減らせたら素晴らしいですよね。

でも、実際には可能なのでしょうか?

 

まずは結論からお話ししましょう。消費カロリーを考慮すると、ウエストを1週間で10cmも細くするのはなかなかの挑戦です。

 

しかし、不可能ではありません!

 

着圧グッズの利用、筋トレ、メディアで紹介されているエクササイズなど、さまざまな方法があります。

この記事では、1週間でウエストを10cmも細くするための具体的な手段をご紹介します。

 

特別な食事制限をせずに、手軽なグッズを使用する方法も含まれています。

自分に合った方法を見つけて、是非試してみてくださいね!

 

1週間でウエスト10㎝縮める夢の計画…現実はどうなの?

「1週間でウエストを10㎝減らせたら素晴らしいけど、本当に可能かな?」と思う方も多いでしょう。

 

まず結論から言うと、これは相当な挑戦ですが、一定の方法は存在します。

 

ここでは、1週間でウエストを10㎝減らすのが困難な理由と、それを可能にする方法について掘り下げていきます。

 

1週間でウエスト10㎝減、その難易度は?

脂肪が持つエネルギー量は1グラムあたり約9キロカロリー。

体重1キロ減少には、おおよそ9,000キロカロリーが必要です。

 

ただし、脂肪の2割は水分やたんぱく質のため、実質7,200キロカロリーを消費する必要があります。

 

1キロの体重減を目指す場合、7,200キロカロリーを消費することになります。

 

例えば、1ヶ月で1キロ痩せるためには、1日あたり240キロカロリーを余分に消費する必要があります。これは、食べ物で言うとどら焼き1個分、飲み物では生ビール中ジョッキ1.2杯分に相当します。

 

運動での消費量に換算すると、50㎏の人がウォーキングで約96分、ジョギングで約45分です。

 

一般的に、脂肪1キロ減少はウエストが約1㎝細くなるとされています。

 

これらのデータを基に、1週間でウエストを10㎝細くするには、驚異的な消費カロリーが必要となります。

 

具体的には、1日に9,000キロカロリーを消費する必要があります。

下表は、そのために必要な運動量を示しています。

 

活動 1日のウォーキング時間 1日のジョギング時間
時間 約61時間 約28時間

 

1日中ジョギングしても消費できない量であり、食事制限を加えても非常にハードな挑戦であることがわかります。

 

このように、1週間でウエスト10㎝減を目指すのは、かなりの努力が必要なのです。

 

1週間でウエスト14cm減!驚きの成果を収めた方法

「もし1週間でウエストが10㎝も減ったら素晴らしい!」と多くの人が思うでしょう。

テレビ番組で芸能人が1週間で実際にウエストを14cm減らした驚くべき方法があるんです!

 

トレーナーの村田友美子さんが開発した「YumiCoreBody」メソッドです。

このメソッドでは、「骨盤と肋骨の間に隙間を作る」ことを重要視しています。

 

「YumiCoreBody」にはいろいろなエクササイズがありますが、ここでは特に手軽にできる方法を紹介します。

 

①村田流の基本エクササイズ

  1. あぐらをかいて床に座り、右肘を体の横に置く
  2. 左側のお尻を床につけたまま深呼吸する
  3. 息を吸いながら、左手を頭上から右側へと伸ばし、体を右に傾ける
  4. この際、お尻が床から浮かないように注意
  5. この姿勢で深呼吸を5回し、反対側も同様に行う

 

この基本エクササイズは、腹横筋を伸ばすことを目的としており、毎日行うことが推奨されています。腹横筋が弱まると姿勢が悪くなり、お腹がぽっこりしてしまいます。

 

②骨盤底筋を鍛える「ながらトレーニング」

<トレーニング方法>

  • まっすぐ立って、内ももに水を入れたペットボトルを挟む
  • この状態で家事などを行う

 

【ポイント】

  • 足の付け根を締め、引き上げるイメージを持つ
  • 股間や骨盤辺りに力を入れる

 

このトレーニングは、家事をしながらでも実施可能です。膀胱や直腸を支える骨盤底筋を鍛え、内臓を上げてお腹を引き締めます。

 

③肩周りの筋肉をほぐすエクササイズ

<実施方法>

  1. テニスボールを右肩の鎖骨外側と脇の間に置いてうつ伏せになる
  2. 膝を曲げ、ボールが当たる側の腕を床につけて90度に曲げる
  3. 逆の手で床を押し、ボールを支点にして体を反らす
  4. 限界まで耐えて90秒間続ける
  5. 反対側も同じように行う

 

日本人によく見られる猫背を改善するこの方法は、代謝を良くして太りにくくする効果があります。

テニスボールを使って猫背を改善しましょう!

 

着圧グッズで簡単にウエスト−10cm、その可能性!

先述したエクササイズ以外にも、「1週間で楽にウエストを10cm細くする」別の方法があります。

 

それは「着圧グッズの利用」です。これが、1週間でウエストを10cm細くする最も簡単な方法と言えるでしょう。

 

着圧グッズを使えば、お腹部分をしっかり圧迫し、すぐにサイズダウンが可能です。

 

着圧グッズにはお腹だけを圧迫するベルトタイプや、脚までサポートするレギンスタイプなど多種多様なバリエーションがあります。

 

着圧グッズを選ぶ際のポイントと注意点は以下の通りです。

  • 目的に合わせたタイプを選ぶ(例:お腹だけを狙うか、腹部とお尻や脚までカバするか)
  • 自分に合ったサイズのものを選ぶ(圧迫が強すぎると快適に着用できない)
  • レビューや口コミを事前にチェックする(特に着心地に関する情報は重要)
  • 高品質なものでは、サイズ交換や返金保証の有無を確認する

 

着圧グッズのデメリットとしては、必ずしも全員に合うわけではなく、コストがかかる点があります。

とは言え、「とにかく1週間でウエストを10cm細くしたい」と考える方には、試す価値があるかもしれません。

 

一方で、「ぽっこりお腹を解消し、理想のボディラインを手に入れたい!」という方もいるでしょう。

 

次のセクションでは、ぽっこりお腹を引き締めるための具体的な方法についてお話しします!

 

スポンサーリンク


 

1週間でウエストを引き締める4つの筋トレ方法!腹筋を強化しよう!

誰もが憧れるのは、スッキリとしたウエストラインですよね。

 

1週間でウエストを10cm縮めるのは大変かもしれませんが、筋肉トレーニングによって効果的にお腹を引き締めることは可能です。

 

筋トレに抵抗がある方もいるかもしれませんが、負荷が少ない方法もありますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

このセクションでは、1週間でウエストをしぼるためのおすすめ筋トレを紹介します。

 

筋トレ① 初心者に優しい腹筋運動

<初心者向け腹筋のやり方>

  1. 仰向けになり、頭の後ろで手を組む
  2. 首と頭を少し持ち上げ、肋骨のくぼみを3秒間見つめる
  3. 3秒間見つめたら、ゆっくり元の姿勢に戻る
  4. この動作を繰り返す

 

「初心者向け腹筋」は体を大きく動かさずに行うので、無理なく続けられます!

 

腹筋運動は最初は10回程度から始めて、徐々に回数を増やしていくのがおすすめです。

 

次に、1週間でウエストを引き締めるのに特に効果的な3つの腹筋運動を紹介します。

 

筋トレ② クランチで直接腹筋に刺激を

クランチは腹筋に直接刺激を与える運動で、ウエスト引き締めの効果を実感しやすいです。

<クランチのやり方>

仰向けになり、椅子やソファに足を置き、膝と股関節を90度に保つ

腰が浮かないように、必要ならタオルを敷く

両手を頭の後ろで組み、背中を丸めて持ち上げる

元の姿勢に戻る

 

目安としては、毎日20回×5セットを行い、各セットの間には1分休むようにしましょう。

 

筋トレ③ より強度の高いリバースクランチ

リバースクランチは足を持ち上げる運動で、通常のクランチよりも強度が高く、よりウエストを引き締める効果があります。

 

<リバースクランチのやり方>

  1. 仰向けに寝転がり、腕を体の横に置き、手のひらを床につける
  2. 膝を曲げて床から離し、頭に近づけるように膝を曲げる
  3. 元の位置に戻す
  4. 呼吸を止めずに、腕で体を支えながら行う

 

この運動も、10回を1セットとして、5セット行います。各セットの間には1分休憩を取りましょう。

 

筋トレ④ いつでもできるプランク

プランクは初心者でも取り組みやすく、体をまっすぐに保つことが重要です。

 

<プランクのやり方>

  1. 両肘と膝を床につける
  2. 膝を伸ばし、体を浮かせて30秒キープする
  3. 腰が曲がらないようにする

 

初めは、1日2セットから始めてみましょう。

「プランク」は日常の空いた時間にも取り入れやすい「ながら筋トレ」です。

 

どの腹筋運動も、実施するとお腹がぷるぷるしてきて、効果が実感できます!

 

大切なのは、毎日続けること。

セット数は目安で、自分の体力に合わせて無理なく続けられる量を設定しましょう。

慣れてきたら、セット数や運動の種類を増やして効果を高めていきましょう。

 

1週間続けると、ウエストが引き締まっている実感が得られるはずです!

 

1週間でウエストを5cm以上細くするチャレンジ!

ウエストを1週間で10cm縮めるのは難しいかもしれませんが、5cm以上縮めることは可能で、それもとても喜ばしいことですよね。

 

雑誌やテレビで取り上げられ、話題となっている「1週間でウエストを5cm以上細くする」方法があります!

 

ここで紹介する方法には個人差がありますが、一度試してみる価値は十分にあるでしょう。

このセクションでは、そんな話題の方法を詳しく解説していきます。

 

10分でウエストを6cm減らす下腹絞りの効果

「筋トレはちょっと大変そう…」と思う方にピッタリの「下腹絞り」をおすすめします。

 

この「下腹絞り」は、人によって効果の出方が異なりますが、わずか10分でウエストを6cmも減らすことができたという報告もあります。

 

1週間でウエストを10cm細くするのが現実的な目標に感じられるようになるでしょう。

この方法は、ヨガインストラクターとして活躍する蜷川ちひろ先生が考案したものです。

 

下腹絞りの多面的な効果

下腹絞りは、筋膜(筋肉の間にある膜)の癒着をマッサージで解消することで、血流を改善し代謝を高めます。

 

この方法は運動や食事制限が不要なマッサージ技法です。簡単にできる下腹絞りの手法を3つご紹介します。

①シールはがしの手法

  1. おへその右側、骨盤の上部に両手の親指をくっつけ、第一関節まで強く押し込み、指の腹で左右に5回擦る
  2. 最初に擦った場所よりも下の骨部分にも同様に親指を押し込み、左右に5回擦る
  3. おへその左側も同じ手順で行う

 

シールはがしを行う際に「痛い」や「くすぐったい」感覚があれば、それは筋膜の癒着が強いことを意味します。

痛みと快感のバランスが良い押し加減を目指しましょう。

 

②おへそずらしの方法

  1. 左右の指を曲げて揃え、手のひらを自分側に向け、おへその右側に押し込む
  2. おへその中心をずらすようにして左右に3回動かす
  3. おへその左側、上下にも同じ方法で手を入れ、中心を動かす

 

指をしっかりとお腹に入れて行うことが大切です。

 

③こぶしでのグリグリマッサージ

  1. 手をこぶしにし、骨盤の上部に人差し指の関節の角が当たるように置く
  2. こぶしをそのままに、小さな円を描くようにゆっくりと動かす

 

こぶしの圧力がお腹にしっかり伝わっていることを感じつつ、ゆっくりと円を描いていきます。

 

まとめ

この記事では、たった1週間でウエストを10cmも縮める方法を紹介しました。

 

自分に適した方法を見つけることができれば、1週間という短期間でウエストを10cmも細くするのは決して夢ではないのです!

 

この記事が、お腹の出っ張りを解消し、ウエストをしっかり引き締めたいと考えている皆さんの役に立つことを願っています。