美容・ファッション

ダウンジャケットは何度から?いつからいつまでOK?シーン別のおすすめダウンコーデも!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

ダウンジャケットやコートをいつ着始めるかは、季節の変わり目にいつも頭を悩ませる問題ですよね。

特に冬の始まりや春の始まりは、その日の気温によってダウンを着るかどうか迷います。

 

実はダウンを着始めるのに最適なのは、最高気温が13度程度になった時です。

さまざまなタイプのダウンがあるので、今回はシーンに合わせたスタイリングをご紹介します。

 

この記事を読むことで、ダウンを着るのに最適な気温の目安が分かり、衣替えの際も迷いが少なくなります。

逆に、この目安を知らずに過ごしていると、季節感が合わずに暑く感じたり、周りの視線を気にしてしまうことも。

 

ダウンを上手にコーディネートすることで、寒い季節もファッションを楽しむことができます。

ぜひ最後まで読んで、寒い日々をおしゃれに乗り切りましょう♪

ダウンジャケットは何度から着る?気温別の着用目安をご紹介なしガイド

ダウンジャケットをいつ着始めるべきか、気になるポイントですよね。

体感温度に最適なのは、気温が13度以下になったときです。

 

また、ダウンをいつまで着ていいかについては、4月上旬頃の気温13度前後が適しています。

春の訪れを感じるお花見の季節には、薄手のダウンがちょうどいいでしょう。

 

ゴールデンウィークまでにダウンをしまうのが一般的です。

 

気温だけではなく、その日の最高気温が14℃の場合、ダウンジャケットはまだ早いと感じるかもしれません。13度以下になると、ダウンジャケットを着ても快適です。

 

しかし、寒暖の感覚は個人差があるため、気温だけでなく、晴れや曇り、風の有無も着用の判断基準になります。

同じ気温でも、秋は寒く感じ、春は暖かく感じることがあります。

秋の19℃は寒く感じられることが多いですが、冬の寒さに慣れた春の19℃は暖かく感じられるんですよ。

 

晴れか曇りかによって、ダウンジャケットを着るかどうかを決めることができます。

以下は、気温と天気に応じたダウンジャケット着用の目安表です。

 

 

以下は、最高気温と天気に応じたダウンジャケット着用の目安を表にまとめたものです↓

 

最高気温 晴れ 曇り・雨
16℃ × ×
15℃ × ×
14℃ ×
13℃
12℃

 

この表は、最高気温によって晴れの日と曇りや雨の日でダウンジャケットを着るかどうかを判断するのに役立ちます。×は着ない、△は条件によっては着る、〇は着ても良い、という意味です。

 

 

結局のところ、気温が15℃以上ではダウンジャケットやコートはまだ早いですね。

 

最高気温が12℃程度の日なら、ダウンジャケットを着ても良いでしょう。

それより高い気温の日は、薄手のジャケットやコートで、朝の寒さにはストールを活用すると荷物も増えずに済みますよ。

 

ダウンジャケットはいつからいつまで?地域別ベストシーズン

ダウンジャケットを気持ちよく着られるのは、一体いつからいつまでなのでしょうか?

各地の月別最高気温が12℃以下になる時期を、南から順にまとめてみました。沖縄は除外しています。

 

各地のダウンジャケットに適した月

鹿児島:1月

福岡:12月から2月

高知:1月から2月

広島:12月から2月

米子:12月から3月

大阪:12月から2月

金沢:12月から3月

静岡:1月から2月

新潟:12月から3月

東京:12月から2月

仙台:12月から3月

青森:11月から3月

札幌:11月から4月

 

このリストを参考に、あなたの住む地域でのダウンジャケットの最適な着用時期を見つけてみてくださいね。

地域によって、ダウンジャケットが活躍する期間が違うのが面白いですよね。

寒い季節を暖かくおしゃれに過ごしましょう!

 

ダウンジャケットの気温別ファッションコーディネート案をご紹介

気温に応じて、どのようなダウンジャケットを選ぶべきか、それぞれの気温に合わせたファッションのアイデアをお届けします。

 

気温13~15度の日は薄手のダウンがおすすめ

この気温は10月から11月中旬にかけてよく見られます。

風があると肌寒く感じるため、手軽に着られる薄手のダウンが最適です。

 

気温10~12度には薄いトップスと厚手のダウンで

この気温は11月下旬から4月頃まで続くことがあります。

風がなくても肌寒いので、内側に薄いトップスを着て、その上から厚手のダウンを合わせるのが良いでしょう。

 

気温5~9度では厚手のダウンコートが必要

特に11月下旬から4月頭にかけてこの気温が多いです。

特に最高気温が9度の日には、12月下旬から3月上旬の寒い日々には、暖かい厚手のダウンやコートがお勧めです。

 

気温4度以下の日はダウンコートとマフラーで完全防寒

1月と2月は、真冬の寒さを実感する時期。

冷え込みが厳しい日々には、厚手のダウンやコートにマフラーを加えて、しっかりと防寒対策をしましょう。

 

ダウンジャケットで寒い日も快適に!シーン別スタイリングとおすすめのダウン

寒い季節に活躍するダウンジャケットは、冬の定番アウターですが、出かける場所によっては選び方に迷うこともありますよね。

 

今回は、シーンに応じたおすすめのダウンアウターをご紹介します。これを参考にダウンの選び方を楽しんでみてくださいね♪

 

仕事に行く時のダウン選び

通勤時にダウンジャケットを着るなら、ショート丈のスタイルがとても便利ですよ。

スカートにもパンツにも簡単に合わせられ、電車の中で脱いでも場所を取らないので、通勤時のストレスを軽減してくれます。

クローゼットに一枚あると、毎日のコーディネートがより楽になるでしょう。

 

 

 


一方、オフィスでの装いを少しエレガントに見せたいとき、選ぶべきは「Aラインのダウンアウター」です。

その洗練されたラインが、上品な印象を与えてくれます。

また、少し長い着丈を選ぶことで、寒い日の防寒対策にも効果的です。

この一着で、オフィスでのスタイリングが格上げされ、快適に過ごせるでしょう。

デートやお出かけにぴったりなダウンアウター選び

特別な日のデートや楽しいお出かけには、スタイルを引き立てるダウンアウターを選びたいですよね。

そんな時におすすめなのが、女性らしいラインを強調する「細身のダウンアウター」です。

この季節のトレンドであるロングブーツやミニスカートと組み合わせると、さらに素敵な印象に。

 

 


また、もう一つのスタイリングとして、「ボリューム感のあるダウンアウター」を取り入れるのも素敵です。

オーバーサイズのダウンは、こなれた感じを出しつつ、細見え効果も期待できます。

カジュアルながらも洗練された印象のデートやお出かけコーデにぴったりですよ♪

休日のリラックススタイルに最適なダウン選び

休日のくつろぎの時間には、カジュアルでありながらもおしゃれを楽しむことができる「ブルゾンタイプのダウンジャケット」が最適です。

このタイプのダウンは、日常的に着用しやすく、そのボリューム感あるシルエットが、さっと羽織るだけでスタイリッシュに決まるのが魅力です。

リラックスした日のお出かけにも、快適でスタイリッシュな印象を与えてくれるでしょう。

紅葉狩りやドライブにおすすめのダウン選び

秋の楽しみの一つである紅葉狩りやドライブ、日中の活動にぴったりなおしゃれな着こなしを考えるのも楽しいですね。

 

外でのイベント、特に紅葉狩りやドライブは、動きが少なく体温が上がりにくいため、寒さを感じやすいことがあります。

そんな時には、アウトドアブランドのジャケットが最適です。これらのジャケットは男女問わず、スポーティでかっこいいスタイルを楽しむことができます。

 

秋の自然を楽しむ紅葉狩りやドライブには、機能性とおしゃれさを兼ね備えたアウトドアジャケットで、寒さを防ぎながら快適に過ごしましょう。

https://uriblo.com/fashion/osharenahito-down-kinai/

まとめ

 

寒くなる季節になると、ダウンジャケットの出番ですね。

いつからダウンを着始めるのが良いのかについては、気温13度以下になったらダウンを着始めるのが一般的な目安です。

 

具体的には、気温13~15度の時には軽やかな薄手のダウンがおすすめ。

気温が10~12度になると、薄手のトップスに重めのダウンを合わせるのが良いでしょう。

さらに、気温が5~9度の時にはより厚手のダウンが適しています。

そして、気温が4度以下になったら、ダウンコートとマフラーでしっかりと防寒対策を行いましょう。

 

これで、寒い季節や低い気温におけるダウンジャケットの着用の目安が分かりました。

 

おしゃれを楽しみながら、ダウンの着こなしのベストなタイミングを見極めて、寒い日々を暖かく過ごしましょう。