美容・ファッション

日焼け止めで目が痛い原因と対策!刺激を防ぐ正しい塗り方・おすすめ商品も紹介



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

日焼け止めを使用すると目が痛くなる経験はありませんか?

これは日焼け止めの成分が目に入ることが原因となります。

 

特に風が強い日や汗をかいたときに多く見られますが、これは避けられる問題です。

日焼け止めの選び方と使い方に注意を払うことで、目の不快感を最小限に抑えることができます。

 

この記事では、日焼け止めを安心して使用するための具体的な対策をご紹介します。

どのような成分を含む日焼け止めを選ぶべきなのか、どのように塗布すれば良いのか、日焼け止めが目に入ったときの対処法は何か、これらの疑問にお答えします。

 

この記事で分かること

  • 日焼け止め使用時に目が痛くなる原因
  • アレルギー反応の可能性
  • スポーツ時の汗と日焼け止め
  • 成分の目への影響と注意点
  • 目に優しい選び方のポイント
  • 日焼け止めの正しい塗り方
  • 目に優しい日焼け止め6選
  • メイク直しのコツ
  • 目がしょぼしょぼする時の対処法
  • 目に入った際の緊急対策

 

日焼け止めで目が痛いのはなぜ?原因とその影響を解説!

日焼け止めを使うと、なぜか目がしみたり、痛くなったりすることがあります。

この現象は、日焼け止めの成分が目に入ることで起こりやすく、特に風が強い日や汗をかいたときに多いです。

目の痛みや刺激は不快で、場合によっては視力にも影響を与えることがあるため、原因と対策を理解することが大切です。

 

日焼け止め使用時に目が痛くなる原因

日焼け止めを使ったあとに目が痛くなることは、多くの人が経験する問題です。

主な理由は、日焼け止めの成分が直接目に入るか、顔や汗とともに流れ落ちて目に触れることにあります。

特に化学的な日焼け止め成分は、目に入ると刺激を感じやすく、これが痛みやしょぼしょぼする感覚の原因となります。

 

日焼け止めの中には、オクシベンゾンやアボベンゾンといった化学フィルターが含まれており、これらは紫外線を吸収することで肌を守ります。

しかし、これらの成分が目に入ると、目の敏感な組織を刺激し、不快感を引き起こすことがあります。

実際に、目に入った場合の刺激は、涙、赤み、かゆみといった形で現れることが多いです。

さらに、日焼け止めを顔に塗る際には、汗や水で流れやすく、これが目に入りやすい状況を作り出します。

 

対策としては、日焼け止めを選ぶ際には目に優しい成分を含む製品を選んだり、顔や目の周りに塗る際には特に注意を払ったりすることが大切です。

また、スティックタイプやジェルタイプの日焼け止めは、液体タイプに比べて目に入りにくいため、特に顔に使用する場合にはこれらのタイプを選択すると良いでしょう。

このように、日焼け止めの成分とその塗り方に注意を払うことで、目の不快感を最小限に抑えることができます。

 

アレルギー反応? 日焼け止めの成分と目の痛み

日焼け止めの中には、目の痛みやアレルギー反応を引き起こす可能性のある成分が含まれていることがあります。

アレルギー反応を起こす成分としては、パラベン、香料、アルコールなどがあります。

 

これらの成分が敏感肌の人の目に触れると、痛みや赤み、かゆみといったアレルギー反応を引き起こすことがあります。

アレルギー反応を避けるためには、成分表示をよく読み、肌に優しい無添加や低刺激の日焼け止めを選ぶことが大切です。

 

また、日焼け止めを選ぶ際にはパッチテストを行い、肌に合うかどうかを確かめることもおすすめします。

このような注意を払うことで、目の痛みやアレルギー反応のリスクを減らすことができます。

 

スポーツ時の汗と日焼け止めの怖い関係

スポーツをするときに日焼け止めを塗ることは、皮膚を守るために大切です。

しかし、スポーツ中にかく汗が日焼け止めを流し、それが目に入ると痛みや刺激を感じることがあります。

この理由は、日焼け止めに含まれる化学物質が、汗と一緒に流れ落ちて目に入るからです。

 

実際に、外で運動する人たちの中には、日焼け止めを塗った後、目がしみる経験をした人が多いという報告があります。

対策としては、水や汗に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを選び、さらには目の周囲は避けて塗るか、目に入りにくいスティックタイプを使用すると良いでしょう。

また、運動中は定期的に汗を拭き取り、目の周りの清潔を保つことも重要です。

このように注意を払うことで、スポーツを楽しみながらも、目の健康を守ることができます。

 

日焼け止め成分の目への影響と注意点

日焼け止めの成分が目に入ると、痛みや赤み、かゆみなどの刺激を感じることがあります。

この原因は、化学的フィルターや香料、保存料など、特定の成分が目の敏感な部分を刺激するからです。

 

例えば、オクシベンゾンやアボベンゾンなどの化学的フィルターは、効果的に紫外線をブロックしますが、目に入ると刺激を感じやすいと報告されています。

実際に、これらの成分を含む日焼け止めを使用した人の中には、目の不快感を訴えるケースが少なくありません。

 

対策としては、目の周りには物理的フィルター(亜鉛酸化物や酸化チタンなど)を含む日焼け止めを選ぶ、または敏感肌用の無香料・無添加の製品を選ぶことが推奨されます。

さらに、日焼け止めを選ぶ際には、成分表を確認し、目に刺激の少ない成分を含む製品を選ぶことが大切です。

 

これらの点に注意して選び、使用することで、目の健康を守りつつ、紫外線から肌を守ることが可能になります。

 

日焼け止めで目が痛いを回避!正しい選び方と対処法について

日焼け止めを使用する際、目の痛みや刺激を避けるためには、選び方と対処法が非常に重要です。

日焼け止めの成分や塗布方法を正しく理解し、自分の肌に合った商品を選ぶことで、目への刺激を最小限に抑えることが可能です。

また、日焼け止めが目に入った際の対処法を知っておくことも、快適に紫外線対策を行う上で役立ちます。

 

目に優しい日焼け止めの選び方のポイント

目に優しい日焼け止めを選ぶことは、目の痛みや刺激を避けるために非常に重要です。

まず、物理的(ミネラル)日焼け止めが化学的日焼け止めよりも目に優しい傾向にあります。

物理的日焼け止めは、亜鉛酸化物や酸化チタンといった成分が紫外線を反射させるため、肌への負担が少なく、目に入っても刺激が少ないと言われています。

化学的日焼け止めに比べて、これらの成分は紫外線を吸収しにくいため、目への影響も小さいのです。

 

実際に、敏感肌の人や子供向けの日焼け止めには、このような物理的フィルターを使用した製品が多く見られます。

これは、肌への優しさと安全性を考慮してのことです。

また、日焼け止めを選ぶ際には、香料やアルコール、パラベンなど、刺激の強い添加物が含まれていないかもチェックすることが大切です。

無添加や低刺激を謳う製品を選ぶことで、目への刺激リスクをさらに低減できます。

 

さらに、スティックタイプやジェルタイプの日焼け止めは、流れにくく、目に入りにくい特性があります。

これらのタイプを活用することで、スポーツやアウトドア活動中でも目への影響を抑えることができるでしょう。

このように、成分やタイプ、添加物の有無を考慮して日焼け止めを選ぶことが、目に優しい選択をする上でのポイントです。

 

ドラックストアで見つかる「目に優しい日焼け止め」おすすめ3選

日差しの強くなる季節が近づくと気になるのが、肌を守るための日焼け止め。

ですが、目にしみやすい成分が配合されているものを使ってしまうと、その刺激で不快な思いをしてしまうこともありますよね。

そこで今回は、ドラックストアで手軽に購入できて、なおかつ「目に優しい」と高評価の口コミが多い日焼け止めを3つご紹介します。

 

キュレル UVエッセンス


特徴:

低刺激でありながら、しっかり紫外線対策ができると評判のキュレル UVエッセンス。敏感肌を考えた成分設計で、塗り心地も良く、じんわりと肌になじむテクスチャーが好評です。

 

ユーザーの声:

ドラッグストアやスーパーで気軽に購入できるため、多くの方から「デリケートな肌にも使いやすい」との声があります。SPF30・PA+++と日常生活での紫外線カットに十分な効果を備えており、セラミドケアによる保湿効果も得られます。

 

ミノン UVマイルドミルク

 

特徴:

敏感肌の方でも安心して使用できるミノン UVマイルドミルク。SPF50+と高いUVカット効果を持ちながら、肌に優しい使い心地が評価されています。

 

ユーザーの声:

「さらさらとしていて白浮きしない」「ウォータープルーフでありながらフィット感が良い」と口コミで高評価を受けています。化粧下地としても活躍するため、メイク前のスキンケアとしてもオススメです。

 

アリィー(ALLIE) クロノビューティ ラスティングプライマーUV

 

特徴:

アリィーのクロノビューティ ラスティングプライマーUVは、より紫外線に対して強い防御力を持っているため、しっかりとした日焼け止め対策を求める方にぴったり。SPF50+・PA++++であり、メイクの持ちを良くするプライマーとしての機能も併せ持ちます。

 

ユーザーの声:

「メイクの上からも塗り直しが可能」「サラサラとした使い心地で重宝している」と多数のユーザーに支持されており、激しい日差しの中でも信頼を置かれています。

 

これらの商品はどれも目に優しく、肌にも心地よく使えると評判です。

日焼け止め選びに悩まれている方は、今回ご紹介した商品をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

デパート・専門店・通販で見つかる「目に優しい日焼け止め」おすすめ3選

ここでは、デパートや専門店、通販で手に入る、目に優しい日焼け止めを3つセレクトしてご紹介します。

 

URUNWRAP(ウルンラップ) | UV クリーム

 

特徴:

このUVクリームは、自然由来の成分を配合し、紫外線をしっかりとカットしながらも肌にやさしい仕上がりを提供します。また、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリーが特長で、デリケートなお肌にも安心です。

 

ユーザーの声:

ブルーライトからの保護効果も期待でき、刺激が少ないため敏感肌の方にも好評です。オーガニック認証原料を使用しており、自然な使用感が魅力の一つとなっています。

 

アルビオン スーパー UV カット リペア パーフェクション ベース

 

特徴:

SPF50+・PA++++と高いUVカット効果を誇るアルビオンの日焼け止め。美容成分を豊富に含みながら、透明感のある肌に仕上げます。お肌のトーンアップ効果も期待でき、ベースメイクを華やかに演出してくれます。

 

ユーザーの声:

使い心地が良く、長時間素肌感を保ってくれると評価されています。白浮きせず、メイクの上からの塗り直しもしやすいため、外出先でも気軽に日焼け対策ができると言われています。

 

オルビス サンスクリーン(R)フリーエンス

 

特徴:

オールフリー処方で、敏感肌でも使用しやすい日焼け止めです。ベタつかずサラサラとした肌触りで、汗や水に強いウォータープルーフタイプです。SPF30・PA+++で日常使いにちょうど良い仕様になっています。

 

ユーザーの声:

軽いつけ心地でありながら、しっかりとした保湿効果が得られ、敏感肌の方にもしっかりとフィットすると好評です。伸びが良く、清潔感のある使用感が気に入っている方も多いようです。

 

これらの商品は、肌に優しい成分を使いつつも、高いUVカット効果を持っているため、アウトドアやデイリーケアとしても活躍してくれます。

お肌にも目にもやさしい日焼け止めを選びたい時に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

メイク直しの日焼け止めで目が痛くならないコツ

メイク直し時の日焼け止めの使用は、外出先での紫外線対策には欠かせません。

しかし、この時に目が痛くなることを防ぐためには、適切な選び方と塗り方が重要です。

目に優しい日焼け止めを選ぶこと、そして正しい方法で塗布することが、目の不快感を避ける鍵となります。

 

日焼け止めをメイクの上から塗り直す際には、スプレータイプやパウダータイプの日焼け止めが便利です。

これらのタイプは、直接肌に触れることなく、紫外線から肌を守ることができます。

特に、パウダータイプの日焼け止めは、目の周りにも使いやすく、目に入りにくい形状をしているため、目への刺激が少ないという特徴があります。

 

具体例として、市販されているミネラルベースのパウダータイプ日焼け止めは、亜鉛酸化物や酸化チタンなどの物理的フィルターを主成分としており、化学的フィルターに比べて肌への刺激が少ないとされています。

これらの成分は、紫外線を物理的に反射させることで肌を守ります。

また、パウダータイプは余分な皮脂を吸収し、メイク崩れを防ぐ効果も期待できます。

 

このように、メイク直しの際に日焼け止めを使用する場合には、目に入りにくいパウダータイプやスプレータイプを選ぶことがおすすめです。

さらに、目の周りは避けて塗るか、またはメイク用のブラシを使って、目に入らないように注意して塗布することが重要です。

これにより、美しく健康な肌を保ちながら、目の不快感を避けることができます。

 

日焼け止め塗布後に目がしょぼしょぼする時の対処法

日焼け止めを塗った後に目がしょぼしょぼする現象は、日焼け止めの成分が目に入ることで起こります。

この問題を解決するためには、まず日焼け止めの選び方と塗り方に注意することが重要です。

 

目に優しい成分を含む日焼け止めを選び、目の周りは避けて慎重に塗布することが基本です。

目がしょぼしょぼする場合、清潔な水かぬるま湯で目をすすぐことをおすすめします。

また、人工涙液などの目薬を使って、目の乾燥や刺激を和らげることも効果的です。

 

特に、スポーツや海水浴などで汗や水によって日焼け止めが流れやすい環境にいる時は、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

しかし、これらも完璧に目に入らないわけではないため、使用する際は目の周囲を避けるか、塗布後は手を洗って目を触らないようにするという注意も必要です。

 

日焼け止めが目に入った際は、直ちに清潔な水で十分に洗い流すことが重要です。

これにより、目の不快感を早期に解消できます。

 

日焼け止めが目に入った際の緊急対策

日焼け止めが目に入った時は、すぐにでも適切な対処をすることが必要です。

第一の対処法としては、決して目をこすらずに、清潔な流水で目を十分に洗い流すことです。

 

目をこすると、刺激がさらに悪化する可能性があるため、注意が必要です。もし、家にいる場合は、ぬるま湯を使って目をゆっくりと洗い流すと良いでしょう。

また、洗い流した後でも目の刺激が続く場合は、市販の人工涙液や刺激の少ない目薬を使用してみてください。

 

さらに、日焼け止めが目に入ったことによる強い痛みや異常が見られる場合は、迅速に眼科医の診察を受けることをおすすめします。

眼科医は、目に入った日焼け止めの種類や症状に応じた適切な治療を行うことができます。

 

日焼け止めを使用する際は、目に入らないように注意することが何よりも重要ですが、万が一目に入ってしまった場合には、これらの緊急対策を行うことで、目の健康を守ることができます。

 

日焼け止めで目が痛いに関するQ&A

Q1: 日焼け止めを使うとなぜ目が痛くなるのですか?

A1: 日焼け止めの成分が直接目に入るか、顔や汗とともに流れ落ちて目に触れることが主な原因です。特に化学的な日焼け止め成分は、目に入ると刺激を感じやすく、これが痛みやしょぼしょぼする感覚を引き起こします。

 

Q2: 日焼け止めを選ぶ際には何に注意すればよいですか?

A2: 日焼け止めを選ぶ際には目に優しい成分を含む製品を選び、顔や目の周りに塗る際には特に注意を払うことが大切です。また、スティックタイプやジェルタイプの日焼け止めは、液体タイプに比べて目に入りにくいため、顔に使用する場合にはこれらのタイプを選ぶと良いでしょう。

 

Q3: 日焼け止めが目に入った場合の対処法は何ですか?

A3: 日焼け止めが目に入った場合、直ちに清潔な水で十分に洗い流すことが重要です。また、人工涙液などの目薬を使って、目の乾燥や刺激を和らげることも効果的です。

 

日焼け止めで目が痛い:まとめ

日焼け止めを使用する際、目が痛くなるのは日焼け止めの成分が目に入ることが原因となります。特に化学的な日焼け止め成分は目に刺激を与えやすく、これが目の痛みを引き起こします。また、日焼け止めの中には、アレルギー反応を引き起こす可能性のある成分もあります。対策としては、成分表示をよく読み、肌に優しい日焼け止めを選ぶことが大切です。さらに、スティックタイプやジェルタイプの日焼け止めは、液体タイプに比べて目に入りにくいため、顔に使用する場合にはこれらのタイプを選ぶと良いでしょう。

 

特に重要な部分:

  • 日焼け止めの成分が目に入ると、目の痛みや不快感を引き起こす。
  • 化学的な日焼け止め成分は特に目に刺激を与えやすい。
  • 日焼け止めには、アレルギー反応を引き起こす可能性のある成分も含まれている。
  • スティックタイプやジェルタイプの日焼け止めは、液体タイプに比べて目に入りにくい。