美容・ファッション

日焼け止めでテカるのはなぜ!?テカリを徹底回避する日焼け止め選びとスキンケア!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

「日焼け止めを使っているのに、なぜ肌がテカってしまうの?」とお悩みの方へ。

その原因は日焼け止めの成分と肌の皮脂の相互作用にあります。

また、SPF数値の高さや塗り方、使用量も影響します。

 

しかし、安心してください。ここでは、適切なスキンケアと日焼け止めの選び方、塗り方を通じて、テカリを防ぎ、美しい肌を保つ方法を詳しく解説します。

これを実践すれば、テカリを気にせずに紫外線から肌を守ることが可能です。

 

この記事で分かること

  • 日焼け止めを使用するとテカる原因とは
  • SPF数値の高さとテカリの関係性
  • 日焼け止めの量とテカリのバランス
  • 皮脂分泌をコントロールする日焼け止めの選び方
  • テカリ防止に効く洗顔方法
  • テカリ防止のスキンケア
  • 化粧下地の選び方
  • 効果的な日焼け止めの塗り方
  • パウダーの選び方と使用法
  • 緊急時のテカリ対策
  • よくあるQ&A

 

日焼け止めでテカるのはなぜ!?その原因と日焼け止めの選びのコツ

日焼け止めを使うと、なぜか肌がテカることにお悩みの方は少なくありません。

その原因は、日焼け止めの成分や塗り方、さらには肌質にも関連しています。

このようなテカリを避けるためには、日焼け止めの選び方に気をつける必要があります。

ここでは、テカリを引き起こす原因と、それを最小限に抑える日焼け止めの選び方についてご紹介します。

 

日焼け止めを使用するとテカる原因とは?

日焼け止めがテカる主な理由は、その成分と肌の皮脂の相互作用にあります。

多くの日焼け止めには、皮脂と反応してテカりやすくなる油分が含まれています。

また、肌の保護を目的としているため、しっかりと肌に密着するように作られていることもあり、その結果、肌表面に皮脂が溜まりやすくなります。

 

日焼け止めの塗り方や量もテカりに影響します。

適量以上に塗ると、余分な日焼け止めが肌表面に残り、皮脂と混ざってテカリを強調させることがあります。

また、日焼け止めを塗る前のスキンケアも重要です。

保湿を怠ると、肌が乾燥して皮脂の分泌を促進し、テカリやすくなります。

逆に、保湿をしすぎると、その上に塗った日焼け止めが肌にうまく定着せず、テカリの原因になり得ます。

 

具体的な例として、水分と油分のバランスが取れたスキンケアを行い、その上で皮脂吸収力の高いパウダータイプやマット仕上げの日焼け止めを選ぶことが効果的です。

また、日中のテカリが気になる場合は、ティッシュオフ後にさらにパウダーを軽くたたくことで、肌のサラサラ感を保つことができます。

 

結論として、日焼け止めによるテカリを防ぐためには、自分の肌質に合った日焼け止めの選び方と、正しいスキンケア、適切な塗り方が重要です。

テカリを気にせず、美しい肌を保つために、これらのポイントをぜひ実践してみてください。

 

SPF数値の高さとテカリの関係性

日焼け止めのSPF数値が高いほど、紫外線から肌を守る効果は強くなります。

しかし、それがテカリにどのように関わるかというと、SPF数値が高い日焼け止めは、その分、保護成分が多く含まれているため、肌に重たく感じられることがあります。

これが、肌のテカリを引き起こす一因になり得るのです。

 

SPF数値が高い製品は、紫外線を長時間ブロックするために、より多くの化学成分や物理成分を含んでいます。

これらの成分は、肌に残りやすく、特に皮脂の分泌が多い人の場合、皮脂と混ざり合ってテカりやすくなります。

また、これらの成分は、肌への負担も大きくなりがちで、肌が反応してさらに皮脂を分泌することもあります。

 

具体的には、SPF数値が30~50程度の日焼け止めを選ぶと、日常生活で十分な紫外線保護効果を得られる上、テカりにくいとされています。

もちろん、屋外でのスポーツやレジャーなど、長時間紫外線にさらされる場合は、SPF数値が高い製品を選ぶ必要がありますが、その際はテカリ対策として、定期的にティッシュでオフする、透明のパウダーを上から軽くはたくなどの工夫が必要です。

 

結論として、SPF数値の高さとテカリの関係性を理解し、自分の生活スタイルや肌質に合わせて適切な日焼け止めを選ぶことが大切です。

日焼け止め選びにおいては、紫外線保護効果と肌の負担のバランスを考えることが、テカリを防ぐ鍵となります。

 

日焼け止めの適量は?量とテカリのバランス

日焼け止めの適切な量を理解することは、テカリを防ぎながら効果的に紫外線から肌を守る鍵です。

適量を守ることで、テカリを最小限に抑えることができます。

一般的に顔には小さじ1/4、体全体にはショットグラス一杯分が推奨されています。

この量が紫外線防御に必要な最低限であり、少なすぎると十分な保護効果が得られず、多すぎるとテカリの原因になることがあります。

例えば、顔に使用する際、適量を守りつつ、均一に薄く伸ばすことが大切です。

適量を守ることで、必要以上に肌に負担をかけることなく、紫外線からしっかりと保護することが可能になります。

さらに、日焼け止めは時間が経つと効果が低下するため、外出時には2〜3時間ごとに塗り直すことが推奨されています。

このように、適切な量を理解し、守ることで、テカリを抑えながらも紫外線から肌を守ることができるのです。

皮脂分泌をコントロールする日焼け止めの選び方

皮脂分泌をコントロールし、テカリを抑えるためには、適切な日焼け止めの選び方が重要です。

肌のテカリを抑えるためには、皮脂吸収成分を含む、またはオイルフリーの日焼け止めを選ぶことがおすすめです。

これらの日焼け止めは、肌の余分な油分を吸収し、サラサラとした使用感を提供します。

例えば、シリカやタルクを含む製品は、皮脂を吸収しやすく、テカリを防ぐのに効果的です。

また、ジェルタイプやウォーターベースの日焼け止めは、軽いつけ心地で、肌に負担をかけずに紫外線から保護することができます。

特に、敏感肌や混合肌の方は、肌への刺激が少ないノンケミカル(物理的な防御成分のみを含む)の日焼け止めを選ぶことが重要です。

加えて、日焼け止めを選ぶ際には、SPF(紫外線防御指数)とPA(UVAからの保護度)のバランスも考慮することが大切です。

これにより、テカリを抑えながらも、日焼けや肌の老化の原因となる紫外線から肌を守ることができます。

適切な日焼け止めを選ぶことで、テカリを防ぎつつ、健やかな肌を保つことが可能になります。

 

テカりを抑える効果が高いおすすめ顔用日焼け止め3選

テカりを抑える効果が高く、口コミで評判のいい顔用日焼け止めを3つご紹介します。

 

プリマヴィスタ化粧下地UV


SPF20 PA++のUVカット効果と、テカリや毛穴をカバーする化粧下地効果があります。

化粧下地売上5年連続1位の人気商品で、CAさんや働くOLさんに大好評です。

口コミでは「テカらないし、メイク崩れしない」「肌がなめらかになる」「色味が自然」という声が多く見られました。

 

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク N


SPF50+ PA++++の最強*のUVカット効果と、こすれや水・熱にも強いウォータープルーフ効果が特徴です。使用感も超サラサラでテカリは全く気になりません。

口コミでは「テカらないし、白浮きしない」「スポーツにも使える」「肌に優しい」という声が多く見られました。

 

ビオレ UV さらさらブライトミルク


SPF50+ PA++++の高いUVカット効果に加えて、サラサラパウダー配合でテカリやベタつきを防ぎます。光補正パウダーで肌をトーンアップさせる効果もあります。

口コミでは「テカらないし、肌が明るくなる」「サラサラで塗りやすい」「汗や水に強い」という声が多く見られました。

 

日焼け止めでのテカりにNO!スキンケアとテカリ防止テクニック

日焼け止めの使用で肌がテカるのを防ぐためのスキンケアとテカリ防止のテクニックをご紹介します。

正しい洗顔方法から日焼け止め塗布前のスキンケアまで、テカリを最小限に抑える方法を学びましょう。

これで、あなたも快適に紫外線対策ができるようになります。

 

テカリ防止に効く洗顔方法とは?

テカリを防ぐための最初のステップは、正しい洗顔方法にあります。

肌のテカリは、過剰な皮脂が原因であることが多いです。

したがって、皮脂を適切にコントロールすることが重要です。

 

洗顔は、朝と夜の2回が理想的です。

朝は夜間に分泌された皮脂を、夜は1日の汚れや余分な皮脂を落とすためです。

洗顔料は、肌に優しいアミノ酸系がおすすめです。

 

強すぎる洗顔料を使うと、肌を過度に乾燥させ、皮脂の過剰な分泌を引き起こすことがあります。

洗顔後は、水分をしっかりと補給することで、肌のバリア機能を保ち、テカリを防ぎます。

 

例えば、低刺激の化粧水で肌を整え、保湿剤でしっかりと保湿することがポイントです。

このように、適切な洗顔と保湿を心がけることで、テカリを抑えることができるのです。

 

日焼け止め塗布前のスキンケア:テカリ防止の基本

日焼け止めを塗る前のスキンケアは、テカリ防止において基本中の基本です。

このステップが、日焼け止めの効果を最大限に発揮し、同時にテカリを抑える鍵となります。

 

まず、保湿は欠かせません。

肌が十分に水分を含んでいると、日焼け止めが肌になじみやすくなり、ムラになりにくくなります。

しかし、保湿剤の選び方にも注意が必要です。

特にオイルベースのものは避け、水分量が多く、サラッとした使用感のジェルタイプや乳液タイプがおすすめです。

また、日焼け止めを塗る前に、皮脂吸収パウダーを含むプライマーを使うことも効果的です。

これにより、皮脂の過剰な分泌を抑え、テカリを予防することができます。

 

例えば、化粧下地として市販されている皮脂吸収タイプを選ぶことで、日焼け止めの上からでもテカリを抑えることが可能です。

このように、適切な保湿とプライマーの使用により、日焼け止めのテカリを防ぎつつ、紫外線から肌を守ることができるのです。

 

化粧下地の選び方:日焼け止めとの相性を考えて

化粧下地を選ぶとき、日焼け止めとの相性を考えることが大切です。

理由は、下地と日焼け止めがうまく機能し合うことで、肌のテカリを抑えつつ、紫外線から肌を守る効果を高められるからです。

特に、皮脂吸収性に優れたマットタイプの下地を選ぶと、肌のテカリを防ぎながら、日焼け止めの持ちも良くなります。

 

実際に、皮脂コントロール効果のあるシリカやシリコーンベースの成分を含む下地は、肌の余分な皮脂を吸収し、サラッとした仕上がりを保ちます。

また、日焼け止めにも「ウォータープルーフ」や「セミマット仕上げ」など、様々なタイプがありますので、自分の肌質や季節に合わせて選ぶことがポイントです。

 

例えば、夏場やスポーツをする際には、汗や水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めと、皮脂吸収力の高い下地を組み合わせると、長時間テカリを抑えることが可能です。

 

このように、化粧下地と日焼け止めの相性を考えて選ぶことで、テカリを抑えながらもしっかりと紫外線から肌を守ることができます。

 

効果的な日焼け止めの塗り方

効果的な日焼け止めの塗り方をマスターすることで、テカリを最小限に抑えつつ、紫外線から肌を守ることができます。

日焼け止めの効果を最大限に引き出すには、まんべんなく塗ることが重要です。

その理由は、塗り残しがあると紫外線による肌ダメージの原因となり、また不均一に塗るとテカリの原因にもなるからです。

 

塗り方のコツとしては、適量(顔には小さじ約1/2量)を手に取り、顔の中心から外側に向かって、丁寧になじませることがポイントです。

特に、鼻やおでこなどのテカリやすい部分は、少し量を減らして塗ると良いでしょう。

 

また、日焼け止めは肌に塗った直後よりも時間が経つと、その効果が発揮されます。

ですから、外出する15~30分前には塗るように心がけましょう。

 

さらに、汗をかいた後や水遊びをした後は、こまめに塗り直しを行うことも忘れてはいけません。

このように、日焼け止めを正しく、効果的に塗ることで、テカリを抑えながら紫外線から肌を守ることが可能になります。

 

効果的なパウダーの選び方と使用法

日焼け止めの上から使うパウダーは、肌のテカリを防ぐためにとても大切です。

適切なパウダーを選び、正しく使うことで、肌の見た目をさらに良くし、日焼け止めの効果も長持ちさせることができます。

パウダーには、皮脂を吸収するタイプや、肌に透明感を与えるタイプなどさまざまあります。

また、パウダーの使い方一つで、肌の仕上がりが大きく変わります。

たとえば、ふんわりと軽くのせることで、自然な仕上がりになり、肌のテカリを抑えながらも、肌を乾燥させ過ぎることなく、快適に過ごすことができます。

 

パウダーを選ぶ際は、肌に合うものを選ぶことがとても大切です。

肌のタイプや、好みの仕上がりに合わせて、マットタイプや、ナチュラルな光沢感を出すタイプなどから選びましょう。

また、パウダーを使うときは、ブラシやパフを使って、軽くたたき込むようにのせると、均一に薄く広がり、自然な仕上がりになります。

 

特に、日焼け止めの上に使う場合は、肌に負担をかけないように、力を入れずに優しくのせることが重要です。

こうすることで、肌のテカリを効果的に防ぎながら、紫外線から肌を守ることができます。

 

緊急時のテカリ対策

外出先で急に肌がテカってしまったとき、手元に専用のアイテムがない場合でも、簡単に対処する方法があります。

オイルブロッティングペーパーや携帯用パウダーがないときは、手軽に見つかるティッシュやトイレットペーパーを使った対策が役立ちます。

これらを軽く肌に押し当てることで、余分な皮脂を吸収し、肌のテカリを緩和することができます。

特に、ティッシュやトイレットペーパーは、ほとんどの場所で手に入るため、緊急時の手軽なテカリ対策として非常に便利です。

 

ティッシュやトイレットペーパーを使う場合、肌を強くこすらずに、軽く押し当てるようにすることが重要です。

この方法で、皮脂だけを優しく吸収し、肌への刺激を最小限に抑えることができます。

また、この時、肌に直接触れる面が清潔であることを確認することも忘れてはいけません。

ティッシュやトイレットペーパーを使用した後は、軽くパウダーをのせることで、さらに肌の仕上がりを整えることができます。

もちろん、パウダーがない場合でも、この方法だけで、一時的にテカリを抑えることは可能です。

緊急時には、手元にあるものを活用して、賢く肌のテカリをコントロールしましょう。

 

日焼け止めで肌がテカる?に関するQ&A

Q1: 日焼け止めが肌をテカらせる主な原因は何ですか?

A1: 日焼け止めが肌をテカらせる主な原因は、その成分と肌の皮脂の相互作用にあります。また、日焼け止めの塗り方や量もテカりに影響します。

 

Q2: 日焼け止めを塗る前のスキンケアの重要性は何ですか?

A2: 保湿を怠ると、肌が乾燥して皮脂の分泌を促進し、テカリやすくなります。逆に、保湿をしすぎると、その上に塗った日焼け止めが肌にうまく定着せず、テカリの原因になる可能性があります。

 

Q3: SPF数値の高い日焼け止めがテカりやすい理由は何ですか?

A3: SPF数値が高い日焼け止めは、その分、保護成分が多く含まれているため、肌に重たく感じられることがあります。これらの成分が皮脂と混ざり合ってテカりやすくなります。

 

日焼け止めで肌がテカる?に関するまとめ

日焼け止めが肌をテカらせる原因は、その成分と肌の皮脂との相互作用にあります。

塗り方や量、そして塗る前のスキンケアもテカリに影響します。

適切なスキンケアと日焼け止めの選び方、塗り方が重要で、水分と油分のバランスを考えたスキンケアと、皮脂吸収力の高いパウダータイプやマット仕上げの日焼け止めの選択が効果的です。

 

また、SPF数値の高い日焼け止めは保護成分が多く、肌に重たく感じられてテカリやすいです。

適切な量を守りながら、均一に薄く伸ばすことが大切です。

さらに、適切な日焼け止めの選び方と適切なスキンケアにより、テカリを抑えることが可能です。

 

重要な部分:

  • 日焼け止めが肌をテカらせる原因はその成分と肌の皮脂の相互作用にある。
  • 適切なスキンケアと日焼け止めの選び方、塗り方がテカりを防ぐために重要。
  • SPF数値の高い日焼け止めは保護成分が多く、肌に重たく感じられ、テカりやすい。
  • 適切な量を守りつつ、均一に薄く伸ばすことが大切。

 

 

室内プールでラッシュガードは着る?日焼け対策に室内で着るのはアリ?室内プールでラッシュガードを着るのはおかしくありません。 なぜなら、ラッシュガードを着ることで日焼け対策やケガの防止をすることがで...
サンダルは何月まで履ける?季節感を大事にしたおすすめコーデ教えます!サンダルは9月下旬、暖かければ10月上旬まで履くことができます。 なぜなら、近年は東京など暖かい地域では9月に入っても平均気温がな...