美容・ファッション

ノースフェイス韓国はなぜ安いの!?その理由や偽物の見分け方も調査!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

ノースフェイス韓国が日本の正規販売店のものより安いのは、製造会社が違うからです。

ノースフェイス韓国はセカンドラインのノースフェイスホワイトレーベルを展開しています。

日本未入荷でタウンユースの商品なので、安くて気軽に着られるのが特徴です。

 

本当に本物なのかというと、基本的にノースフェイス韓国は本物のノースフェイスなので安心してください。

 

この記事では

・ノースフェイス韓国はなぜ安いのか

・ノースフェイスホワイトレーベルの特徴

・通販で購入したものは本物?

などについてお伝えしていきますので、口コミで韓国ノースフェイスが安いと聞いていて欲しいと思うけどなぜそんなに安いのか、偽物なんじゃないかと不安な人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ノースフェイス韓国はなぜ安いの?本物?安い理由が知りたい

ノースフェイス韓国が安い理由は、日本で販売しているものと製造会社が違うからです。

製造工程や素材が違い、価格は韓国の価値で換算するので安くなります。

また、アメリカのアウトドア向けのノースフェイスよりもタウンユースを意識しているので気軽に着られます。

 

ノースフェイス韓国のセカンドラインのノースフェイスホワイトレーベルの製造会社にはアメリカの本社が関わっているので本物で間違いありません。

 

韓国ではノースフェイスの製品が非常に人気が高いので会社自体も力を入れて展開しています。

韓国オリジナルのデザインやカラーがあり、おしゃれにダウンを着こなしたい人にはピッタリです。

 

日本未入荷なので人と被りにくいですよ。

日本の正規店舗で買うより安くてオシャレなデザインやカラーが多いので人気なのです。

 

購入先は通販になると思いますが、たまにスーパーコピーも出回っているので、偽物をつかみたくないなら念入りなリサーチをした方がいいですよ。

 

また、韓国に旅行するなら店舗で買えます。

地下鉄明洞駅(4号線)の2番出口を出てすぐのノースフェイス明洞店のビルはB1F~3Fで、圧倒的な品揃えとカフェや刺繍入れなどサービスも充実しています。

他にもアウトレット店ではさらに激安で入手できます。

 

スポンサーリンク


 

ノースフェイス韓国で失敗しない!本物と偽物の見分け方は?

まずは偽物の特徴をあげます。

・ノースフェイスの刺繍ロゴが雑で文字同士がくっついていたり歪んでいる

・商品タグの日本語の説明文が変な日本語

・ファスナーがYKKではない

・本物と横に並べて比較すると明らかに生地がペラペラ

 

韓国の店舗で買えば確実に本物ですが、多くの人は通販で買いますよね。

通販でも偽物が出回っている可能性があるのでSNSなどでリサーチしておくといいですよ。

 

通販では韓国ノースフェイスの公式ストア(韓国語)やAmazonや楽天でノースフェイスホワイトレーベルで検索すれば、オシャレで安価の商品が出てきます。

それ以外の通販サイトでは正規品かどうかが怪しい感じもあります。

 

並行輸入品で関税かかかっても当社が負担しますとか、関税がかかる場合はお客様負担になりますなど説明が曖昧な印象です。

ただ、関税がかかるということは合法的な手段で輸入しているので、本物の確率は高いでしょう。

 

為替の影響で正規品より高くなる場合があるそうですが、円の価値が安くなると販売価格が高くなります。

 

また、韓国のデパートや有名ショップのオンラインストアから買い付けたものと明記しているショップもあります。

スーパーコピーというものも出回っているので、ショップの口コミのチェックやSNSでリサーチしておいた方がいいでしょう。

 

韓国ノースフェイスのメリットは安いこと、日本とは違うデザインで被りにくいこと、デメリットはコピー品に当たるかもしれないことです。

 

 

まとめ

ノースフェイス韓国が安いのは、日本のものと製造会社が違います。

製造工程や素材が違い、価格は韓国の価値で換算するので安くなります。

また、アメリカのアウトドア向けのノースフェイスよりもタウンユースを意識しているので気軽に着られます。

 

ノースフェイスの韓国オリジナルラインでホワイトレーベルがあります。

デザインが豊富で色がカラフルなものもあり、日本では未入荷のもので他人と被りいにくいです。

 

韓国のノースフェイスショップやデパート、アウトレット店で買えば正規品ですが、通販だと並行輸入という形で個人ショップが買い付けたものをお客様に提供します。

正規のルートで輸入し販売しているとサイトに書いてありますが、それでもスーパーコピーという偽物に当たる場合もあるそうです。

 

ショップの口コミやSNSなどでリサーチしてから通販ショップを利用した方がいいようです。