美容・ファッション

眼鏡のzoffとjinsはどちらが良いの?それぞれの特徴やおすすめの人を徹底解説!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

JINSとZoffは、スタイリッシュで手頃な価格のメガネ店として、特に若者から注目を集めています。

 

同じような値段設定と豊富な商品が揃っているJINSとZoff、どちらで選ぶか迷っている方もいるかもしれませんね。

 

今日は、ジンズとゾフを丁寧に比較してみましょう。

この記事を読めば、それぞれのブランドの違いがはっきりして、どちらがあなたにぴったりかが見つかるはずです。

 

さて、おすすめポイントをご紹介しましょう。

 

Zoffがおすすめな方

  • 度数が軽いメガネが必要な方
  • おしゃれな伊達メガネをお探しの方
  • ブルーライトカット機能付きのレンズを追加料金なしでご希望の方
  • 同じ価格帯であれば、レンズよりもフレームのデザインを重視したい方

 

JINSがおすすめな方

  • 度数が高いメガネが必要な方
  • 追加料金なしで超薄型・極薄型レンズのメガネをご希望の方
  • 追加料金なしで歪みが少ないレンズが欲しい方
  • 同じ価格帯であれば、フレームのデザインよりもレンズの品質を重視したい方

 

以上のポイントを参考に、あなたにとって最適なメガネを見つけてくださいね。

 

JINSとZoffはどちらがいいの?あなたにぴったりなのはどっち?

JINSとZoff、どちらも魅力的なメガネブランドですよね。

ここでは、それぞれのブランドの魅力をご紹介します。そして、あなたに合うのはJINSか、それともZoffか、そのヒントをお届けしましょう。

 

JINSとZoffのそれぞれの魅力

まず、JINSとZoffのそれぞれの特色を見てみましょう。

 

JINSの魅力

  • 薄型レンズも追加料金がかからないのが嬉しいポイント
  • レンズ選びに少し制限があるけれど、シンプルで使いやすい
  • 業界第2位の売上を誇る、信頼の証
  • コストパフォーマンスに優れていて、お財布に優しい
  • 個性的でユニークなデザインも揃っていて、おしゃれ心をくすぐる

 

Zoffの魅力

  • 薄型レンズには追加料金が必要だけれど(5,500円から)、品質にこだわりあり
  • ブルーライトカット機能が無料で、目の健康も考えられている
  • レンズカスタマイズが自由自在で、自分好みに仕上げられる
  • デザインと品質を両立させた、洗練されたラインナップ
  • シンプルで飽きのこないデザインが多く、日常使いにぴったり

 

JINSは、想定外の出費がないので、安心してフレーム選びに集中できます。

一方、Zoffは、定番からトレンドまでバランスよく取り揃えていて、ファッションの一部としてメガネを楽しみたい方にぴったりです。

 

あなたにオススメなのはどちら?

それでは、JINSとZoff、どちらがあなたにオススメかをまとめてみましょう。

 

JINSは、予算内で賢くおしゃれを楽しみたい方、個性的なデザインを求める方におすすめ。

一方、Zoffは、デザインと機能性を重視し、長く愛用したい方や、シンプルながらも洗練されたスタイルを好む方にぴったりです。

 

Zoffがおすすめな方 JINSがおすすめな方
  度数が軽いメガネが必要な方   度数が高いメガネが必要な方
  おしゃれな伊達メガネをお探しの方   追加料金なしで超薄型・極薄型レンズのメガネをご希望の方
 ブルーライトカット機能付きのレンズを追加料金なしでご希望の方   追加料金なしで歪みが少ないレンズが欲しい方
 同じ価格帯であれば、レンズよりもフレームのデザインを重視したい方   同じ価格帯であれば、フレームのデザインよりもレンズの品質を重視したい方

 

どちらのブランドも素敵なメガネが揃っていますので、あなたのライフスタイルや好みに合わせて選んでみてくださいね。

 

JINSとZoffのメガネ比較ガイド

メガネを選ぶ時、JINSとZoff、どちらを選ぶか迷うことがありますよね。

そこで、JINSとZoffを以下の8つのポイントで比較してみましょう。

 

  1. 売上と店舗数
  2. 価格
  3. レンズ料金
  4. デザインとコラボ商品
  5. 品質
  6. レンズ交換サービス
  7. アフターサービスと保証
  8. オンライン通販の便利さ

 

売上と店舗数の比較

項目 JINS Zoff
国内店舗数 451店舗 276店舗
海外店舗数 236店舗 36店舗
売上 638億円 300億円

 

JINSはZoffに比べて、店舗数や売上で2倍以上の規模を誇ります。

 

価格比較

どちらのブランドも、フレームとレンズのセット価格が5,500円からと、リーズナブルです。

詳しい価格帯は以下の通りです。

 

JINSの価格帯:

  • 5,500円
  • 5,900円
  • 6,600円
  • 7,900円
  • 8,800円
  • 9,900円
  • 13,200円
  • 13,900円
  • 19,800円

 

Zoffの価格帯:

  • 5,500円
  • 6,600円
  • 8,800円
  • 11,000円
  • 13,300円
  • 19,800円

 

2022年秋にJINSは価格を改定しました。

  • 5,500円から5,900円へ
  • 8,800円から9,900円へ
  • 13,200円から13,900円へ

 

さらに、6,600円・7,900円という新しい価格帯も登場しています。

Zoffも、2023年2月から一部商品を5,500円から6,600円に値上げしました。

 

最近は、中国製の商品の価格が上昇しているため、品質を維持するための値上げは避けられない状況です。価格を変えずにいる他のメガネ店では、品質が落ちている可能性もありますね。

 

レンズ料金比較

お気に入りのメガネを選ぶ際、レンズの種類は非常に重要な要素です。

JINSとZoff、それぞれのブランドが提供する無料セットレンズの特性を優しく比較してみましょう。

 

標準レンズの特徴

 

特徴 JINS Zoff
屈折率 1.60(薄型), 1.67(超薄型), 1.74(最薄) 1.55(標準)
設計 非球面 球面
コーティング ハードコート

マルチコート

撥水コート

ハードコート

マルチコート

紫外線カット率 99% 約94%

 

 

レンズの個性

JINSのレンズは、度数が高くても美しく薄い仕上がりを実現します。

さらに、周辺部の歪みが少ないため、クリアな視界が得られ、日常生活での見た目もスッキリ。

99%の紫外線カット率と撥水コートにより、日差しの強い日でも安心で、雨の日も汚れが拭き取りやすいです。

 

一方、Zoffの標準レンズは、度数が強いと厚みが出ることがありますが、94%の紫外線カット率で日々の眼を守ります。

撥水コートがないため、汚れには少し注意が必要ですが、日常使いには十分な機能を備えています。

 

Zoffのスタンダードレンズ

  • レンズの度が高いと、少しだけレンズが厚くなるかもしれません。
  • 度が強めのレンズでは、ときに視界にほんのわずかな歪みが現れることがあります。
  • 紫外線を約94%もカットしてくれるので、目への優しさを感じられます。
  • 自分に合ったブルーライトカットレンズを選択可能です。

 

JINSのスタンダードレンズ

  • 高い度数のレンズでも、視界のクリアさが保たれます。
  • 度が強くても、レンズが厚く見える心配が少ないので安心。
  • 撥水コーティング付きで、いつでも簡単にレンズを清潔に保てます。
  • ほぼ全ての紫外線をカットするため、目をしっかりと守れます。

 

「JINS」では、レンズの度数が高い方でも、スタイリッシュな非球面レンズを追加費用なしで選べます。非球面レンズは、視界の歪みを抑え、クリアな視界を提供します。

 

通常、超薄型や極薄型のレンズは、その特性上追加料金が発生しやすいものですが、「ジンズ」では追加費用なしでこれらのレンズを選択できるのが大きな魅力。度数が高くても、レンズが厚く見える心配を減らせます。

 

以前はメガネに3万円以上を支払っていた方も、「ジンズ」ではコストを抑えつつ、高品質なレンズを手に入れることができるので、お財布にも優しいですね。

 

品質についてのご心配は無用です。なぜなら「ジンズ」が提携するレンズメーカーは、エシロールグループやHOYAグループのような世界をリードするトップクラスの企業だからです。

 

品質とコストパフォーマンスを両立させたい方には、この上ない選択肢と言えるでしょう。

 

レンズの追加料金について

さらに細かいレンズの選択肢と、それに伴う追加料金についてもまとめてみました。

 

レンズタイプ JINS Zoff
標準レンズ 無料セット
薄型レンズ 無料セット +5,500円
超薄型レンズ 無料セット +7,700円
最薄レンズ 無料セット +13,200円

 

Zoffでは、より薄いレンズへのグレードアップに追加料金が必要ですが、JINSではさまざまなレンズタイプを無料で選ぶことができます。

度数が高い方には、JINSの方がコストパフォーマンスに優れていると言えそうです。

 

どちらのブランドも一流のレンズメーカー製で、レンズの品質自体に差はないため、あなたのニーズに合わせて最適なメガネを選んでくださいね。 ​​

 

メガネオプションレンズのお値段

JINSとZoff、おしゃれなメガネをもっと特別なものにするオプションレンズの価格を見てみましょう。

あなたがどんなレンズを選ぶかによって、メガネが一層あなたにとって特別なものになるはずです。

 

レンズオプションと価格の概要

 

オプションレンズ JINSの価格 Zoffの価格
ブルーライトカット +5,500円 無料
カラーレンズ +3,300円 +3,300円
偏光レンズ +5,500円 +5,500円
調光レンズ +5,500円 +5,500円
傷防止レンズ +5,500円 +3,300円
曇り止めレンズ +5,500円 +3,300円
遠近両用レンズ +5,500円 +5,500円

 

Zoffがとっても優れている点は、ブルーライトカットレンズを無料で提供していること。PCやスマートフォンをよく使う方には、とても嬉しい特典ですね。

 

JINSでもブルーライトカットレンズを選ぶと、価格差はほとんど気にならなくなります。

他のオプションレンズも見てみると、JINSとZoffでは価格に大きな差はないことがわかります。

 

メガネをより個性的に、またあなたのライフスタイルに合わせてカスタマイズするなら、これらのオプションレンズの価格を参考にして、最適な選択をしてみてくださいね。 ​​

 

デザインとコラボ商品比較

JINSとZoff、二つのメガネブランドは、ともにトレンドを抑えたファッショナブルなアイウェアを提供しています。

どちらのラインナップも、クラシックなフレームデザインが豊富で、特にボストンやラウンド型のフレームをお探しの方にはおすすめです。

デザインの傾向は似ていますが、各ブランドごとに独自の個性が光ります。

 

JINSとZoffのデザインの特色

 

JINS Zoff
グローバルなトレンドを取り入れたデザイン 機能性とトレンドを融合させたバランスの良いデザイン
ユニークで個性を際立たせるデザイン シンプルで洗練されたデザイン
若者に人気のあるトレンド感度の高いデザイン 定番のデザインに流行を取り入れたもの
カジュアルでポップなデザイン 洗練されていてセンスの良いデザイン

 

JINSとZoffは、スタイリッシュでトレンドを反映したメガネフレームの豊富なコレクションで知られています。

 

メガネとサングラスのバリエーション

ブランド 取り扱い数
JINS 3,000種類以上
Zoff 1,200種類以上

 

JINSは、Zoffの2倍以上のバリエーションを誇り、選択の幅が広いことが特徴です。

 

価格帯が一万円以上の範囲では、JINSもZoffもフレームの質に大差はありませんが、5,500円から6,600円の範囲で比較すると、Zoffのフレームの作り込みがよりしっかりしていることがわかります。

 

ですので、お求めやすい価格帯で、しかも度数がそれほど高くない方や、ファッションアイテムとしての伊達メガネをご希望の方は、Zoffがおすすめです。

 

選ぶ際のお財布への優しさと品質をバランス良く兼ね備えているため、1万円以下でおしゃれなメガネをお探しの方にぴったりです。

 

コラボレーションラインナップ

JINSとZoffは、多彩なコラボレーションコレクションを抱え、新しいコラボ商品が発表される度にSNSで話題となり、しばしば売り切れになるほどです。

両社が展開する最新コラボ情報を集めてみました。

 

JINSのコラボレーション

  • ディズニー
  • セサミストリート
  • BEAMS
  • ドラえもん
  • リバティ ファブリック
  • Snow Peak
  • niko and …
  • VERDY (ヴェルディ)
  • デザインプロジェクト

 

Zoffのコラボレーション

  • ちいかわ
  • Jリーグ
  • ディズニー
  • PEANUTS
  • MARVEL
  • 星のカービィ
  • リサ・ラーソン
  • JOURNAL STANDARD
  • UNITED ARROWS

 

JINSのコラボコレクションは、上記リストにご紹介したブランドやキャラクターとのものに限られています。

 

それに対し、Zoffはここに掲載したもの以外にもさらに幅広いコラボレーションを展開しており、様々なキャラクターやブランドの独特な魅力をメガネに映し出す才能には定評があります。

Zoffのデザイナーたちは、その業界内での創造力とセンスで知られ、尊敬を集めています。

 

デザインの面において、コラボレーションメガネを見ると、Zoffはその革新性とスタイルの豊かさで際立っています。

 

彼らのコラボレーションは、ただのトレンドを追うのではなく、それぞれのブランドやキャラクターの魅力を巧みに取り入れたデザインが特徴で、ファッションと個性を融合させたアイウェアとして評価されています。

 

品質比較

JINSとZoffはどちらもお手頃な価格でありながら、そのクオリティの高さで低価格帯のアイウェアショップの中でも特に評価が高いですね。

 

特に5,000円台のメガネに関しては、お財布に優しい価格設定でありながら、そのコストパフォーマンスの良さに驚かされます。日々の生活でのご使用には全く問題ないレベルの品質を持っているんです。

 

Zoffのアイテムは、一層丁寧に作られている印象を受けます。JINSは、価格を抑えつつも高品質な薄型レンズを無料提供しているため、どこかでコストを調整しなければならないのですね。

 

中国の製造工場の話によると、同じ種類の商品であっても、Zoffが注文するものは他のクライアントに比べて価格がやや高めに設定されているそう。Zoffは品質を非常に重視していて、「コストがかかっても良いから、品質には妥協しないでほしい」と強く要望しているようです。

 

そして、中国での生産能力を巡って、JINSとZoffは競争を繰り広げているんです。詳細は内緒ですが、Zoffの中国製チタンフレームが市場に少なくなった背景には、この二つのブランド間の熱い競争が関係しているのかもしれません。

 

レンズ交換サービス比較

JINSもZoffも、業界内で見ても最も手頃な価格帯でレンズ交換サービスを提供しています。

どちらのお店も価格以上の品質を提供しており、低価格帯の眼鏡店の中では、群を抜いてトップクラスの品質と言えるでしょう。

 

レンズ交換サービスの価格表

 

サービス内容 JINSの価格 Zoffの価格
自社フレームの場合 5,500円 3,300円
他社フレーム持ち込みの場合 5,500円 6,600円

 

JINSでは、自社のフレームでも他社のフレームを持ち込んでも同じ5,500円でレンズ交換が可能です。

一方で、Zoffは自社の商品に関しては3,300円と非常にリーズナブルですが、他社のフレームには6,600円が必要です。

これは既存のZoff顧客には非常に魅力的な価格設定です。

 

アフターサービスと保証比較

メガネを購入する際に、その後のサービスも大切な選択基準になります。

 

見え方が変わってしまった時や、フレームが壊れた時の保証は、どのお店で購入するかを決める重要なポイントです。

JINSとZoffは、そのアフターサービスの充実度で安心してメガネを購入できることで知られています。

 

 

アフターサービス保証内容

保証内容 JINSのサービス Zoffのサービス
見え方保証 6カ月以内無料交換(2回まで) 6カ月以内無料交換(回数制限なし)
品質保証 6カ月以内無料で交換・修理 1年以内無料で交換・修理
破損保証 なし なし

 

保証内容は大きく分けて3つです。

  1. 見え方保証:度数の変化や適合しない度数に対する保証
  2. 品質保証:フレームやレンズの品質に関する問題があった場合の保証
  3. 破損保証:ユーザーによる破損ではなく、製品不良が原因での破損の場合の保証

 

特にZoffは見え方保証に関して、制限なしで無料交換を提供している点で評価が高いです。

また、品質保証についても、Zoffは1年間の無料交換・修理サービスを提供しており、これはJINSの6カ月保証と比べても長い期間です。

 

このような手厚い保証体制は、Zoffを選ぶ大きな魅力の一つと言えるでしょう。 ​​

 

オンライン通販の便利さ比較

JINSとZoffはオンラインでの眼鏡購入がとてもおすすめですね。

気に入らない場合や、フィットしない場合の返品が可能なので、ネットでのお買い物も心配無用です。

 

オンラインショップの比較

特長 JINS Zoff
豊富な商品展開 トップクラスの品揃え
お得なセール セール品あり 大胆な値引き商品あり
特別キャンペーン ブルーライトカット無料キャンペーンあり
商品のビジュアル情報 商品写真豊富でイメージしやすい
バーチャル試着体験 バーチャル試着の精度が高い
会員特典 会員ランクに応じたお得なクーポン提供 アウトレット品が豊富

 

JINSでは、セール商品がある上に、ブルーライトカットレンズの無料キャンペーンなど特別なお得情報も魅力的です。

商品の写真も豊富で、実際に手に取るようなイメージを持てるため、選ぶ際の想像がしやすくなります。

 

さらに、バーチャル試着の技術も高く、お家で簡単にフィッティング体験ができます。

会員ランクに応じたクーポンがもらえるサービスもあり、リピーターにはとてもうれしい特典です。

 

一方Zoffでは、セール商品やアウトレット品の豊富さが目を引きます。

お手頃価格でおしゃれなメガネが見つかる可能性が高く、お買い得なアイテムが見つかりやすいです。

 

ただ、JINSの方が返品期間が長めで、バーチャル試着の技術が洗練されているため、オンラインでの購入が初めての方でも安心して選べます。

JINSのバーチャル試着はAIを活用していて、顔の形に最適なフレームを提案し、どの程度フレームが似合うかを数値で示してくれるので、より自分に合うメガネを見つけやすくなっています。

 

スマホを使って自宅で気軽に試着できるサービスも利用できますし、何かと満足できなかった際にも返品が可能なので、オンライン購入の不安を軽減できるでしょう。 ​

 

Zoffがおすすめなのはこんな人!

Zoffはこんな人におすすめです。

  • 度数がそこまで強くない、またはおしゃれな伊達メガネを求めている方
  • スタンダードな仕様でも、目に優しいブルーライトカットレンズがほしい方
  • レンズの機能も大切だけど、やっぱりフレームのデザインに惹かれる!

 

ゾフでは、軽い度数のメガネをお求めの方や、ただファッションの一部として伊達メガネを楽しみたい方にぴったりの選択肢をご提供。

さらに、ブルーライトカットレンズが追加料金なしで手に入るので、画面を見ることが多い現代人には特にオススメです。

 

また柔らかい色合いの調光レンズをお探しの人にもぴったりです。

調光レンズは紫外線が当たると色が変わる便利なレンズで、屋外ではサングラスとして、屋内では普通のメガネとして使えるんです。

 

JINSもゾフも調光レンズは追加料金でご提供していますが、ゾフではグレーやブラウンの調光レンズを特別価格で提供しているんですよ。

 

「調光レンズを初めて使うけれど、本当に便利なの?」そんな疑問をお持ちの方も、ゾフでのお試しをおすすめします。

 

ただし、通常の調光レンズは車の中など紫外線が遮られる場所では色が変わりません。

でもご安心を!2023年7月には、JINSから新しい「可視調光レンズ」が登場。車の中でも反応してレンズが色づくので、ドライブが多い方にはこちらがおすすめですよ。

 

JINSがおすすめなのはこんな人!

JINSはこんな人におすすめです。

  • きれいな視界を実現する歪みの少ないレンズをご希望の方
  • 軽やかなかけ心地の超薄型・極薄型レンズのメガネを求めている方
  • 強度の高い度数の方に、ジンズがおすすめ!

 

ジンズでは、非球面レンズや薄型レンズのオプションが追加料金なしで選べるので、強い度数のレンズが必要な方でもお財布に優しく、安心してお求めいただけます。

 

年齢を重ねた方にもフィットするフレームもJINSの特徴。

四角い(スクエア)や楕円(オーバル)の形のクラシックなフレームをお探しでしたら、ジンズがおすすめです。

 

特に、2022年11月にジンズから新しいオーソドックスなフレームが登場しました。

これにより、40代や50代の方々に親しまれている伝統的なメガネフレームを、お求めやすい価格で手に入れることが可能になりました。

 

もしあなたがトレンドを追うのではなく、伝統的で普遍的なデザインのメガネフレームを、高品質なレンズと共に1万円以下でお探しなら、ジンズのコレクションをぜひご覧ください。

 

品質と価格、両方に満足いただけるはずですよ。

 

まとめ

この記事ではJINSとzoffを多角的に比較してみました。

一見すると両者はよく似ているように見えますが、レンズの価格設定や自由に組み合わせられるレンズオプションにおいて、それぞれの特色が明確になります。

 

さて、両者のサービス内容をシンプルにまとめてみましょう。

 

  • JINSでは、度数が高いレンズでも追加料金なしで薄型レンズを選ぶことができるので、コストを抑えつつクリアな視界を実現できます。
  • zoffでは、ブルーライトカットオプションが標準で無料。また、最薄レンズの選択やレンズの組み合わせ自由度が魅力です。
  • 品質、フレームデザイン、そしてアフターサービスに関しては、どちらのブランドも僅差で提供しているものとなっています。

 

それでは、あなたにおすすめのショップをご紹介します。

 

JINSを選ぶべき方

  • 度数が高めで、コストを抑えたい方
  • 最新トレンドのメガネスタイルを楽しみたい方
  • 価格を最優先にメガネ選びをしたい方

 

zoffを選ぶべき方

  • 度数がそれほど高くなく、目へのケアを考えてブルーライトカット機能を重視する方
  • デザインと品質、どちらも妥協せずに選びたい方
  • 自分のライフスタイルに合わせた最適なレンズを求める方

 

 

zoffとJINSは共に、全国に展開する店舗の数も多く、充実した保証内容と手厚いアフターサービスを提供していますので、どちらを選んでも満足いく品質とサービスを受けることができるでしょう。