会社のお悩み解決法

【新人OLの悩み】仕事で失敗するのが怖い!いいえ、ミスを恐れてチャレンジできないほうが怖いです

 

ひよこさん
ひよこさん

・仕事で失敗するのが怖くて必要以上に業務に慎重になってしまう

・ミスしてダメなやつだ、と先輩に思われたくない

・失敗して怒られたら立ち直れない気がする

そんな風に悩んでいる新人OLさん、結構いますよね。
もちろん、新人でなくても仕事で失敗なんてしたくない!と誰もが思っています。

ですが必要以上に失敗を怖がる必要はないんですよ。

今回は失敗を怖くて仕方ない新人OLのあなたに、失敗なんて怖がらなくていいという話です。

失敗が怖い理由は一体なに?

仕事をするうえで、失敗することなくすべての業務をこなせるならそれが一番ですよね。
誰しも失敗なんてしたくないもんです。

ですが、

・失敗したくない!
・ミスりたくない!

という気持ちがあるからこそ慎重に業務に取り組める、とも言えます。

しかしながら、あまりにも「失敗が怖い・・・」と思いつめて慎重になりすぎると、どうしても業務効率が下がることになります。

なぜなら必要以上に確認・確認・確認・・・とチェックに時間をかけてしまったり、悩みすぎて行動できなかったりするため。

わたしの後輩にもエクセル・パワーポイントも得意で資料作成も早くて上手、なのにいつも納期ギリギリになる、という子がいました。

あれ?もう資料できてなかった?と聞いたときに返ってきた答えが、

「データに間違えがないか不安なので完成後に何回もチェック入れないと怖いんです・・・」

その気持ち、わかる。という人も結構いるんじゃないでしょうか?

失敗が怖くて当たり障りのない業務しかできない、人より作業に時間がかかってしまう、という人も多いですよね。

ではなぜそんなにも、必要以上に失敗を怖がってしまうのか。
その理由は

・失敗したら周りにどう思われるか不安だ
・仕事ができない奴だというレッテルを貼られたくない
・失敗して自分への評価が下がるのが怖い

といったものではありませんか?

先ほどの後輩にヒアリングした際の答えも
「だって、失敗して先輩に『あいつには仕事任せられないな』と思われるのが怖いんですもん(;_;)」
というものでした。

この理由から何か見えてくるものがありますよね??

周りがどう思うか、を気にしすぎ

失敗が怖い理由を見て分かることがありますね。

そうです。
すべて「周りの人がどう思うか」を気にしすぎている、ということです。

周りの人にばかだと思われたくない、仕事ができない奴だと思われたくない、という気持ちはもちろんよくわかりますし、その気持ちは誰しも持っている感情でしょう。

ですがそこまで気にする必要はないんです。
なぜなら、

・周囲の人間はそんなにあなたのことばかり気にかけてはいないから。

・そもそもあなたのことを「失敗しない人」だなんて考えていないから。

特に新人のうちは周りも失敗して当然、と考えているものです。
意地悪な言い方をすると、そこまであなたに期待しているわけではありません。

それよりも

・失敗が怖すぎて納期がギリギリになる
・失敗が怖すぎて打ち合わせで何も発言できない
・失敗が怖すぎて会社の電話をとることができない

といったほうが返って迷惑をかける、ということもあります。

周りがどう思うかを気にしすぎるあまり何にもチャレンジできなくなる、なんてもったいないです。

特に新人のうちに失敗を経験しておかないと、失敗の法則が掴めずにのちのち後悔することになります。

失敗を重ねることで、「こういうときにこういう失敗をするのか。次からはここに気を付けないとな」という気付きを得ることができ、それがあなたの「経験」になっていくものです。

ですが、チャレンジしないけど失敗もしない、ということを続けていくと「失敗からの学び・気づき」という経験値のない薄っぺらい会社員人生を続けることになりますよ。

いろんな人が「失敗も経験のうち」「失敗から学ぶこともある」ということを言いますが、それは事実です

周りの人はあなたの失敗なんてさほど気にしていませんので、あなたも周りの目をそこまで気にする必要はないんですよ。

失敗しない人なんていない

あなたのまわりにも「あの人はできる人だ」と言われているような人はいませんか?
あなたの憧れの先輩なんかは?

ぜひ、その人に過去の失敗談について一度話を聞いてみてください。

わたしのまわりでもそうですが、ばりばりできる人ほど大抵とんでもない失敗を起こしているものです。
そしてそれを笑い話にしています。

わたし、失敗しないんで、という某ドラマの有名なセリフがありますが、現実には失敗しない人なんていません。

ツイッターなどSNSで「仕事 失敗」で検索してみてください。
まさに今リアルに「しっぱいしたーーーー!」とネタにしている人であふれているでしょう。

つまり、失敗はあなただけがするものではないということ。

誰しも失敗の経験があるんです。
そしてもちろん、失敗から学ぶこともたくさんあります。

きれいごとではなく「あの失敗があったから今につながっている」ということって将来絶対にあります。

怖い怖いとちぢこまっていて、チャレンジできない人になってしまうほうがよっぽど恐ろしいことです。

それに、失敗したからと言ってあなたがいきなりクビになるわけでも、会社が立ち行かなくなるわけでもありません。

ちょっと周りの同僚や先輩に迷惑をかける程度のもの。

あなただって、周りの同僚や先輩が仕事でミスをしたときにはサポートするでしょう?
そしてその1回のミスや失敗で「こいつはできない奴だ」なんて決めつけることはないのではないですか?

もちろん同じミスを何度も何度も繰り返す、というのはアウトです。

それは「失敗から学ぶ」ということができておらず、そこには何の気づきもないと言えるから。

ですが失敗することで「今度からはここに気を付けよう」という学びができたのであれば、それは意味のある「失敗」といえるでしょう。

そして今後、後輩が同じようなミスをしそうなとき、事前にサポートしてあることもできます。

失敗によってあなたの経験値は上がっていくんですよ。

まとめ:失敗を怖がるより慎重になりすぎることを怖がろう

今回は、「【新人OLの悩み】仕事で失敗するのが怖い!いいえ、ミスを恐れてチャレンジできないほうが怖いです」ということでお送りしました。

・周りの目を気にしすぎて失敗を怖がるなんてナンセンス!周りはそんなにあなたに期待していない

・失敗から得られるものは大いにある。失敗もあなたの財産になる、ということ

・仕事でミスしたことがない人なんていない!できる人だって過去には失敗経験があるもの

失敗したくない!という気持ちで、慎重に(資料であったり、状況であったりを)確認する、というのは素晴らしいこころがけです。
それによって回避できるミスもたくさんあるのでその気持ちは本当に大切です。

ですが、慎重になりすぎてチャレンジできなくなる、というのは本末転倒。

特に新人のうちは失敗をして学ぶ・成長する、ということが本当にたくさんあります。

そして新人のうちに失敗しておかないと、中堅になって失敗したとき、その後のフォローの仕方や挽回の仕方が分からない、という状況になる可能性もあります。

また自分が失敗を経験することで、他の人の失敗にも寛容になれます。

失敗だってちゃんとあなたの財産になってくれるんですよ。
ですので安心して「失敗」に立ち向かってくださいね。