暮らし

古い油を食べてしまったときの対処法は?酸化した油の見分け方や予防法も



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



古い油を食べてしまったと心配している人は、継続的に古い油を摂取していなければ心配ありません。

一度揚げ物で使った油をオイルポットに入れて保管してまた何回か繰り返し使うことで油の酸化がどんどん進み、体に悪影響が出る可能性が高くなるのです。

この記事では

  • 古い油を食べてしまったときの対処法
  • 酸化した油の状態
  • 使用済みの油の適切な保管方法

などについてお伝えしていきますので、大丈夫かなと思いつつ古い油で調理したものを食べたけど体に悪影響がないか心配している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

古い油を食べてしまったときの対処法は?

古い油を食べてしまったときは、継続的に食べておらず一時的なものであれば心配ありません。

すぐに体に影響を及ぼすレベルではないです。

普段から揚げ物で使った油をオイルポットに入れて何回か繰り返し使っている人は要注意です。

保存期間が長ければ長いほど、そして保存の仕方が適切でないとどんどん酸化が進みます。

酸化した油を継続的に摂取していると、だんだん体に悪い物質が溜まり不快な症状が出てきます。

主な症状は胸やけ、胃の不快感、吐き気、倦怠感などです。

これらが出てきたら保存しておいた油は捨ててしまいましょう。

危険なサインは嘔吐、下痢、発熱、腹痛でこれらの症状が出てきたら医療機関を受診しましょう。

もったいないからといって油を使い回しして、食べた後に後悔しても体に症状が出なければ、それはそれで大丈夫です。

人間の体は成分を分解する機能が備わっているので、継続的に酸化した油を摂取しないかぎりちゃんと体が処理してくれます。

心配な人は、これからは油は1回限りで処分することをおすすめします。

酸化とは油と酸素が反応して起こる油の変化のことです。

有害な物質が発生するとも言われていますが油のメーカーは適切な保存の仕方を明示しているので酸化を進行させないように適切な保存の仕方をすれば大丈夫なようです。

酸化した油の見分け方や予防法を解説

ここでは酸化した油の見分け方や予防策をご紹介していきますね。

まずは酸化した油の特徴を見ていきましょう。

酸化した油の特徴

不快な匂い

例えていうなら粘土、塗料のような匂いと言われています。

加熱すると枯れ草のすえたような刺激臭がすることがあります。

茶色や黒っぽく濁る

新鮮な油は透き通った黄色や緑色です。

酸化した油は揚げカスや食材のエキスで茶色や黒に濁ります。

粘度が高い

新鮮な油はサラサラですが、酸化した油はドロっとした感じです。

加熱するとすぐに煙があがるので分かりやすいです。

大きい泡が出る

新鮮な油は食材を入れるとシュワシュワと細かい泡が出て消えますが、酸化した油は大きい泡がブクブク出てなかなか消えません。

新鮮な油を継ぎ足すと一時的に解消されますが、すぐに大きい泡が出るので油は全部交換することをおすすめします。

油を酸化させないための予防策

酸化した油を摂取したくないなら、揚げ物で使った油は1回限りで処分することです。

ただ、適切な保管の仕方をすれば大丈夫な場合もあります。

使用済み油の保管のポイント

使用回数は3~4回

油を汚しにくい料理から始めます。

例:素揚げ→天ぷら→フライ、カツ、コロッケ→鶏のから揚げ→炒めもの

使用後は油をできるだけ綺麗にする

揚げカスを網ですくい取り、熱々のうちにこし器でこします。

冷めると粘り気が出てこしにくくなります。

冷暗所で保管

光や酸素に触れると酸化が進みます。

光や酸素に触れにくい冷暗所での保管を心がけましょう。

まとめ

古い油を食べてしまったとしても一時的なら心配ありません。

継続的に酸化した油を摂取していると酸化によって発生した有害な物質が蓄積して体に悪影響を及ぼすことがあります。

もったいないからと何回も同じ油を使う習慣がつくと危険です。

体の症状は胸やけ、胃の不快感、吐き気などです。

ひどくなると嘔吐、下痢、発熱などが出てきます。

その時は医療機関を受診しましょう。

酸化した油は不快な匂いになったり粘度が高くなります。

明らかに酸化のサインが出ていれば使用せず処分しましょう。

油のメーカーが明示しているように、適切な保管の仕方を守っていればある程度繰り返して使えます。

冷暗所に保管して、光や酸素に触れないようにしましょう。