暮らし

牛脂は食べすぎると危険!どれくらいなら食べていい?無料と有料の違いや消費期限についても解説!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

スーパーマーケットの肉売場で無料で提供されている牛脂ですが、適度な摂取であれば無償の牛脂が体に有害であるとは限らないのです。

 

無料で提供されるこの牛脂が成分的に体に悪影響を及ぼすわけではなく、ただ、動物性の脂肪であるため、過剰摂取は血液を滞らせる可能性があるという話です。

ですから、これは専門の肉屋やオンラインで購入可能な有料の牛脂にも当てはまる事柄です。

 

つまり、食べる量に配慮すれば、スーパーで無償提供されている牛脂は安全と言えます。

そもそも、無償とはいえ、体に害を及ぼすものを広範囲にわたって提供するわけがありませんよね。

 

さらに記事の後半部分では、

  • 牛脂を食べることによるデメリット
  • 無償と有償の牛脂の違い
  • スーパーマーケットの牛脂の消費期限

 

といったトピックについても触れています!

 

スーパーマーケットの牛脂について何かと体への影響を気にされている方々は、ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

 

スーパーマーケットの牛脂は食べすぎると危険?摂取目安は?

詳細は後ほど述べますが、スーパーの牛脂とは「販売するほどの価値はないけれど、ただ捨てるにはもったいない」というような脂肪です。

特別に何かを混ぜて作り上げた人造の牛脂というわけではなく、純粋な牛肉の脂肪部分です。

 

牛肉の加工過程で出る余分な脂肪を溶かし、精製した後に四角い形状に成形したものがスーパーマーケットの牛脂となります。

 

そのため、スーパーマーケットの牛脂を食べることで体に有害な影響が出るわけではありません。

この点については、皆様ご安心ください。

 

ただし、動物性の脂肪であることには変わりませんから、食べすぎれば悪玉コレステロールが増加するというデメリットも念頭に置いておくべきです。

 

詳細は割愛しますが、動物性の脂肪は「飽和脂肪酸」という種類で、一般的には過剰摂取すると血液がドロドロになる可能性があるとされています。

 

なお、この飽和脂肪酸には、1日に許容される摂取量が定められています。

 

その許容量と1日の摂取カロリーの目安を基にして摂取量を計算すると、スーパーマーケットの牛脂の場合、1.5個~2個が上限となります。

 

他の食品からも飽和脂肪酸を摂取することを考えれば、1日に1個程度に抑えておく方が無難だと私は考えます!

 

少々長くなりましたが、スーパーマーケットの牛脂のリスクは添加物等から来るものではなく、動物性の脂肪特有の飽和脂肪酸に起因するものです。

スーパーでは牛脂は無償で提供されていますが、特定のリスクは見当たらないので安心してお召し上がりくださいね♪

 

ただし、牛肉アレルギーの方々はもちろん、食べることは危険ですので控えてくださいね。

 

スーパーの牛脂はなぜ無料?無料と有料の違いも調査!

既に少し触れましたが、スーパーマーケットで牛脂が無料な理由は、元々価格を設定するほどの部分ではないからです。

とは言えもちろん食べられないわけではなく、料理に用いることで絶妙に牛肉の風味を加えることができます。

 

だからこそ、お客様へのサービスとして無料で提供しようと、スーパーマーケットの牛脂は無償となっているのです。

言い換えれば、スーパーマーケット側の親切心が具現化したものが、あの四角い牛脂なのです。

 

だからと言って、無料だからといってスーパーマーケットの方々に感謝の気持ちを忘れないでいただきたいですね。ただ牛脂だけをもらって帰るのはマナー違反ですからね。

 

さて、話を少し変えて、牛脂はスーパーマーケット以外の肉専門店やインターネットでも手に入れることができます。

これらから手に入る牛脂は、スーパーマーケットのものとは異なり、良質な肉(品種や部位)から取られた牛脂をそのまま提供しています。

 

詳しく説明しますと、

  • スーパーマーケットの牛脂 … ヘッド(へっと)
  • 少し高級な牛脂 … ケンネ

とそれぞれに名前があり、一般的にはケンネの方が風味が豊かとされています。

 

肉専門店の場合は、肉を購入すれば牛脂をおまけでつけてくれることが多いですが、牛脂だけが欲しい場合には、有料になることもあります。

 

高級志向のスーパーマーケットでは、1個30円程度で販売されていることもあり、「国産の牛脂だから無料じゃないです!」といったPOPがついていることもあります。

 

もし、風味豊かなケンネを大量に手に入れたいなら、肉専門店よりもオンラインで購入するのがおすすめです。

(肉専門店で「牛脂だけが欲しい」と伝えるのは、少々勇気がいるかもしれませんからね。。)

野菜炒めに使ったり、カレーに加えたり、使い道は様々ですよ!

 

牛脂の賞味期限はどれくらい?保存期間の基準について

最後に、スーパーマーケットの牛脂の賞味期限について少し触れておきましょう。

 

一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、スーパーマーケットで提供される牛脂の袋には、賞味期限の記載があるものとないものがあります。

 

なぜなら、このサイズの食品には賞味期限を表示する義務がないからです。

 

そのため、具体的な賞味期限を提供することは難しいのですが、一般的には

  • 冷蔵保存の場合 … 約5日~7日
  • 冷凍保存の場合 … 約1ヶ月

といった具体的な期間が牛脂の賞味期限の目安と考えていいでしょう。

 

賞味期限の記載がある牛脂については、その期限を遵守すれば問題ありません。

しかし、賞味期限のないものについては、受け取った日から計算して、上記の期間を目安に使用し切るようにしましょう。

 

少々面倒かもしれませんが、油性ペンなどで受け取った日付や賞味期限の目安を書き込んでおけば、後から使用する際に便利です。

 

正直に言いますと、私自身は冷凍庫のポケットに常に数個の牛脂をストックしており、それが少々古くなっても平気で使用してしまうことがあります。

しかし、今までに味が大きく変わったという経験は一度もありません。

 

そのため、過度に神経質になる必要はないとも思います。

 

使用する前に形状が崩れていないか、カビが生えていないかなどを軽く確認すれば、数ヶ月前の牛脂でも問題なく使用できるでしょう。

 

まとめ

ここまで、スーパーマーケットの牛脂が体に有害かどうかについて詳しく説明しました!

 

スーパーマーケットの牛脂は無料で提供されていますが、これは本物の牛の脂を精製し、成形したものなので、食べても体に悪い影響を及ぼすわけではありません。

 

ただし、飽和脂肪酸を含む動物性の脂質であるため、過剰摂取すると悪玉コレステロールが増加する可能性があるという点は覚えておいてください。

1日に摂取するのは、最大でも1個程度が適量と考えて良いでしょう。

 

また、賞味期限は記載があるものとないものがあるため、受け取った日から計算して、冷蔵保存なら約5日、冷凍保存なら約1ヶ月を目安に消費しましょう。