暮らし

非課金の意味って?無課金との違いとは?同じようで違う意味と使い方を解説!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

「非課金ってどんな意味?」

「無課金と微課金って違いはあるの?」

「非課金の使いどころや具体例って?」

 

今の時代、スマホはもう小学生から高校生までみんなが持っていますよね。

特にAndroidやiPhoneが人気です。

そんなスマホアプリの世界でよく聞く言葉が「非課金」。これって一体どんな意味があるのでしょうか?

 

このページでは、「非課金」って言葉について詳しく説明していきますね。

 

非課金っていつ使われる言葉なの?それとも、「無課金」や「微課金」、「軽課金」、「重課金」、「廃課金」って言葉とどう違うの?こんな疑問に答えるために、これらの言葉の意味や使い方についてしっかりと解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「非課金」とは、どういう意味?

非課金は主にソーシャルゲームの世界で使用される

まず、「非課金」という言葉の発音は「ひかきん」と読みます。

ただし、この表現は有名なユーチューバー「ヒカキン」とは全く関連がありません。

 

この「非課金」という用語が使われるのは主に、ソーシャルゲームの分野での話題の時です。

 

ソーシャルゲームとは、SNS上で遊べるインターネットベースのゲームを指します。

 

これらのゲームは、スマートフォンアプリや様々なオンラインゲームに含まれています。

 

ソーシャルゲームの概要は?

ソーシャルゲーム、しばしば「ソシャゲ」と呼ばれるものには、いくつかの特徴があります。

ひとつは、SNSを介して他のプレーヤーと共同で遊んだり、対戦したりできる点です。

しかし、もうひとつの大きな特徴も存在します。

 

それは、「ガチャ」という概念です。

 

「ガチャ」とは、店の出口に置かれる「ガチャガチャ」と同様のシステムです。

 

プレーヤーはお金を投入して「強力なキャラクターや装備、アイテム(出るものはランダム)」を獲得することができます。

 

当然、多くのガチャを回すほど、レアなアイテムを得る確率が上がります。

ゲームを有利に進めたいプレーヤーは、より多くのガチャを回す傾向があります。

 

しかし、これらのガチャを回すためには「実際のお金」が必要です。

そして、「ソシャゲでお金を使ってアイテムを獲得すること」を「課金する」と称します。

 

「非課金」とはどんなな意味か?

ここまで読んでいただいていればもう分かりますね!

 

ゲーム内でお金を支払ってガチャを回す、あるいは直接アイテムを購入する行為が「課金」とされます。

したがって、「非課金」とは文字通り「課金しない」という意味で、課金の正反対の行動を指します。

 

言い換えれば、非課金とは「ソーシャルゲームをお金を使わずに、無料で遊ぶこと」を意味します。

 

非課金プレーヤーとは?どんな意味か?

それでは、「課金を一切しないプレーヤー」を「非課金プレーヤー(ひかきんぷれいやー)」と呼びます。

反対に、「課金してソーシャルゲームを楽しむ人」は「課金プレーヤー(かきんぷれいやー)」と称されます。

 

ただし、非課金プレーヤーは時に課金プレーヤーから以下の理由で見下されることがあります:

 

  • ゲーム運営に一切料金を払わずにただ楽しむだけのプレーヤー
  • 課金しないため、チームに加わっても弱いプレーヤー

 

多くの現代のソーシャルゲームは、課金しなくても十分に楽しめるよう設計されています。

 

確かに、課金プレーヤーと比べると弱点はありますが、「弱くても楽しめれば良い」と考える人は非課金のままプレイを続けるでしょう。

 

すると、課金して強くなったプレーヤーは「どうしてあの人は課金しないのか」と思うことがあります。

 

特に、非常に強い課金プレーヤーの中には、月に数百万円を課金する人もいるそうです(過去には、そういう人にソーシャルゲームで遭遇したことがあります。医師や経営者などがたまにいます)。

 

私の見解としては、「非課金プレーヤーがいるからこそ、課金プレーヤーの強さが際立つ」と考えています。

非課金でゲームを進めるのも全く問題ないと思います。

 

一方で、学生や一般のサラリーマンが収入以上に課金してしまうことは、一番危険だと思いますね。

 

非課金、無課金、微課金、未課金の違いって?

まず、非課金とはいくつかの似た言葉や類語が存在します。ここで注目するのは以下の用語です:

 

  • 非課金(ひかきん)
  • 無課金(むかきん)
  • 微課金(びかきん)
  • 未課金(みかきん)

 

それでは、これらの用語の意味を一つずつ見ていきましょう。

 

非課金とは?

先ほど説明した通りです。

 

ソーシャルゲームで「非課金で遊ぶこと」。

あるいは「非課金プレーヤー」を指し、「非課金勢」とも呼ばれます。

 

無課金って何?

「無課金」というのは、「課金がない」という意味になります。

ネットスラングでは、非課金と同じく「課金をしない」ことを指します。

 

つまり、それは「課金せずにゲームを楽しむこと」。

 

または「課金しないプレーヤー」を意味し、「無課金勢(むかきんぜい)」とも呼ばれるんです。

 

時々、「無課金」とは「無理なく少額の課金をする」という意味で使われることもあります。

「必要に応じてちょっとだけ課金する」状況を指すんですよ。

 

微課金とは?

「微課金(びかきん)」とは、無課金や非課金とは異なり、ソーシャルゲームで「わずかな金額のみを課金してプレイすること」を意味します。

 

また、「少額のみを課金するプレーヤー」を意味し、「微課金勢」とも呼ばれることがあります。

 

ちなみに、課金するプレーヤーには、「廃課金勢」、「重課金勢」、「軽課金勢」というようなカテゴリーも存在します。

 

それぞれのランクがどれくらいの金額で分けられるかは人によりますが、一般的には次のような感覚で分けられます。

 

  • 無課金勢 or 非課金勢…0円
  • 軽課金勢…数千円
  • 微課金勢…1万円以内
  • 重課金勢…5万円以上
  • 廃課金勢…10万円以上

 

 

非課金と無課金、どう違うの?

人それぞれの解釈

非課金と無課金、これら二つの言葉は基本的には同じ意味を持ちますが、人によっては少し異なる捉え方をしています。

 

・非課金…一切のお金を使わずにゲームを楽しむこと

・無課金…無理のない範囲で少額の課金をすること、いわばお小遣い程度の課金で遊ぶこと

 

こんな風に考えている人もいるんです。

 

また、以下のように解釈する人もいます。

 

・無課金…課金すること自体が理解できない。絶対に課金はしない!

・非課金…基本的には課金はしないけれど、特別な理由があれば課金もあり得る

 

そうなると、「どちらの解釈が正しいのか?」という問題になりますね。

 

国税庁の非課税と不課税の違い

ここで、国税庁が定める非課税と不課税の違いにも目を向けてみましょう。

 

国税庁によると、この二つの言葉の違いは以下のようになっています。

 

不課税取引

消費税の課税の対象は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等と輸入取引です。これに当たらない取引には消費税はかかりません。これを一般的に不課税取引といいます。

例えば、国外取引、対価を得て行うことに当たらない寄附や単なる贈与、出資に対する配当などがこれに当たります。

非課税取引

国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等であっても、課税対象になじまないものや社会政策的配慮から消費税を課税しない取引があります。これを非課税取引といいます。

例えば、土地や有価証券、商品券などの譲渡、預貯金や貸付金の利子、社会保険医療などの取引がこれに当たります。

出典:国税庁

 

 

このことから、次のように理解できます。

 

・不課税…元々課税の対象ではないので、課税しない

・非課税…本来は課税の対象だが、特定の理由で課税しない

 

この理解を「非課金」と「無課金」に当てはめると、使い方は以下のようになるかもしれません。

 

・無課金…課金すること自体に疑問を持っていて、絶対に課金しないスタンス

・非課金…基本的には課金をしないが、特別な理由があれば課金することもあり得る

 

ちなみに、インターネット上では、「全く課金をしない」という意味で使われることが多いのは「無課金」という用語になりますね。

 

非課金を使った具体的な例文

では、「非課金」という言葉を実際に使った例文をいくつか挙げてみましょう。

 

・「非課金のプレーヤーって、本当にイライラする!ちょっとはゲーム運営を支援してよ!」

 

・「たとえ課金してもレアアイテムが出るとは限らないし、非課金でプレイするのも悪くないよね。」

 

・「このゲームに関しては、非課金で楽しむと決めているんだ。」

 

・「スマホゲームに勝手に課金するなんて許されないよ。やるなら非課金でやって。」

 

・「非課金アピールをする人、本当にうっとうしいよね!」

 

まとめ

いかがでしたか?

「非課金」という言葉は、ネットスラングとして「課金せずにソーシャルゲームを楽しむこと」という意味で使われます。

 

無課金も基本的には同じ意味ですが、感じ方には個人差があるかもしれませんね。例えば:

 

・非課金…課金もアリだけど、何かしらの理由で課金しない

・無課金…課金すること自体に疑問を感じる。絶対に課金はしないというスタンス

 

個人的には、ソーシャルゲームでは課金する人もしない人も、どちらも大切だと思います。

それぞれが自分のやり方で楽しむことが大事ですよね。