暮らし

自転車の油汚れの落とし方!手についた汚れを落とす方法と注意点

自転車の油汚れが手についた時は、クレンジングオイルで落とせます!

 

手を濡らしてからオイルをつけても、汚れは落ちません。

汚れと油が混ざりやすいように、手は濡らさずに洗うようにしましょう。

 

この記事では

・自転車の油汚れはクレンジングオイルで落ちるのか

・自転車の油汚れを落とす時の注意点

などについて詳しく紹介しますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

自転車の油汚れってクレンジングオイルで落ちるって本当!?

自転車の油汚れが手についた時は、クレンジングオイルで落ちます。

 

自転車の油汚れが手についた時の、洗い方について詳しく見ていきましょう。

 

自転車の油汚れは、機械油と鉄粉、サビ、土や泥が混ざった汚れです。

これらの汚れに対応しているのが、化粧落としのクレンジングオイルです。

 

自転車の油汚れが手についた時の洗い方

  1. 手は濡らさず、オイルを付けていきます。
  2. 汚れとオイルと馴染ませて、水で流します。
  3. 最後にハンドソープで洗えば、おしまいです。

 

クレンジングオイル以外にも、クレンジングクリームやジェルでも落ちます。

オイルほどの洗浄力はないので、汚れ落ちが物足りない場合は、2回洗うようにしましょう。

 

他にも、オリーブオイルやクレンジングシートで落とすことも可能です。

時間が経つと落ちにくくなってしまうので、自宅にあるもので、すぐに洗うようにしてくださいね。

 

自転車の油汚れが爪に入り込んだ時の洗い方

自転車を調整したときに手だけではなく、爪の間に油汚れが入り込むことがあります。

 

ただ洗うだけでは、爪の汚れは取れませんので、爪の汚れには爪ブラシを使いましょう。

爪ブラシは100均にも売っています。

 

爪ブラシにクレンジングオイルを付け、洗うだけでOKです。

 

使い終わったら、ブラシに付いた汚れをしっかり落としてくださいね。

汚れがついたままにしておくと、カビが生えてしまうので気を付けてください。

 

自転車の油汚れが手についた!落とす際の注意点は?

自転車の油汚れを落とす時の注意点はこちら。

・手を濡らさない

・ボトル類を汚さない

・ハンドソープで洗い流す

・保湿する

それぞれ解説していきますね。

 

手を濡らさない

油と水は、混ざりあわない性質を持っているのは有名ですよね。

油汚れに水をつけてしまうと、ベタベタするだけで全く汚れが落ちません。

 

油汚れのついた手を洗う時は、手を濡らさずに洗いましょう。

油汚れとクレンジングオイルは、濡れていない状態だと混ざりやすく、汚れも落ちやすくなるからです。

 

油がついてしまったー!と焦って水で洗ってしまった時は、手がしっかり乾くまでしばらく待ちましょう。

 

ボトル類を汚さない

汚れた手でクレンジングオイルのボトルをさわると、ボトルにも油汚れがついてしまいます。

後日、ボトルをさわった時にまた手が汚れてしまうことがあります。

 

ボトルや洗面台周辺は、汚れた手で触らないようにしましょう。

もし触って汚してしまった場合は、クレンジングオイルで綺麗にしておくと安心ですよ。

 

ハンドソープで洗い流す

クレンジングオイルで洗ったあとは、手にベタつきが残ります。

クレンジングオイルでは落とせなかった土や泥の汚れが残っている場合もあります。

 

そのため、洗い終わったら、ハンドソープでもう1度洗うようにしましょう。

これでサッパリ綺麗になります。

 

保湿する

洗ったあとは、手の油脂などが少ない状態のため、乾燥したり皮膚がつっぱることがあります。

特にクレンジング後にハンドソープで複数洗いしているため、普段よりも油分が取れてしまってカサついたりデリケートになっています。

 

手洗いのあとはハンドクリームなどをしっかり塗り込んで保湿するようにしましょう。

 

まとめ

自転車の汚れが手についた時は、クレンジングオイルで落とせます。

時間が経つと落ちにくくなるので、汚れたらすぐに洗うようにしましょう。

 

洗う時の注意点はこちら。

・手を濡らさない

・ボトル類を汚さない

・最後にハンドソープで洗う

・保湿する

 

油汚れ落としで1番大事なのは、手を濡らさないことです。

手を濡らしてしまうと、水と油で汚れが弾かれてしまい、汚れが落ちないからです。

 

乾いた手にクレンジングオイルをぬりこみ、馴染んでから水で流すようにしましょう。

そのままだと手がベタつくため、ハンドソープでもう1度洗いましょう。

保湿するのも忘れないでくださいね。