暮らし

辛いラーメンをマイルドにする方法を紹介!辛さ調節方法とおすすめトッピング



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



辛いラーメンをマイルドにするには調味料や食材を足したりトッピングで辛味を和らげることができます。

そもそも辛いものが苦手なんだけど話題になっている袋麺やカップラーメンが気になっている人はマイルドにできるなら食べてみたいですよね。

この記事では

  • 辛いラーメンをマイルドにする方法
  • 乳製品がおすすめの理由
  • 辛味を抑えるおすすめトッピング

などについてお伝えしていきます。

話題になっている辛いラーメンを食べてみたいが辛いものが苦手なのでマイルドにするアレンジがあるか知りたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

辛いラーメンをマイルドにする方法って?辛さ調整のコツと注意点とは

まず辛いラーメンを手軽にマイルドにする方法は、粉末スープや調味液を半分くらいの量に減らします。

味自体に支障が出そうなら醤油を足すなど工夫してみます。

ちゃんと作って後からマイルドにしたいのなら、食材や調味料を足したりトッピングを工夫します。

辛さを抑える方法

出来上がったラーメンに生卵を落とす方法は、最初は辛味を味わいたい人向けです。

だんだんと辛さに耐えられなくなったら黄身をつぶしてスープに溶け込ませてマイルドにしてから食べます。

また、調理中に卵を落としてかきたまラーメンにしたり半熟状態までで煮てからつぶして食べるのでもマイルドになりますよ。

牛乳

調理の段階でお湯の代わりに使います。

全量牛乳で作るか牛乳と湯を半々にするなどアレンジできます。

濃厚カルボナーラみたいな感覚でトロトロになります。

麺は汁を吸ってモチモチになるもの美味しいですよ。

チーズを加えたり海苔をトッピングしたりして楽しめます。

砂糖+ごま油

砂糖だけでは甘じょっぱく物足りないのでごま油をプラスします。

辛味成分のカプサイシンは脂溶性でごま油に包み込まれてマイルドな味わいになります。

酸味を適度に加えることで食べ始めがマイルドになります。

一周くらい回しかけてくださいね。

後から辛味がジワジワきます。

かけすぎると酸味の方がきつくなりしんどくなるので注意してくださいね。

辛いラーメンをマイルドにするおすすめトッピングは?

辛いラーメンをマイルドにするのにおすすめなのは乳製品を加えることです。

辛味成分のカプサイシンは油に溶ける性質があるので、油脂類が辛味をカバーしてマイルドにするのです。

先に牛乳で作る方法を書きましたが、チーズやバター、マヨネーズでもマイルドになります。

おすすめトッピング例

カットトマト缶+チーズ+バジル

お湯と牛乳とトマト缶を煮たてて麺と粉末スープを入れて煮込み、仕上げにシュレッドチーズを入れて余熱で溶かします。

イタリアン仕立てでマイルドな味わいいなります。

バジルを散らしてもいいですね。

バター+チーズ

沸かした湯に麺と粉末スープ、お好みのきのこ類(しめじやえのきだけなど)を入れて麺がほぐれるまで煮込みます。

熱いうちにバターとチーズをトッピングして余熱で溶かします。

濃厚な乳製品と相性抜群です。

だし+豆腐

湯をだし汁にして麺と粉末スープを入れて煮込み、表示時間の1分前に木綿豆腐を入れて煮ます。

だしのうま味と淡泊な味の豆腐が辛さを和らげてくれます。

豆乳+卵

豆乳と湯を1:1の割合で沸騰させて麺と粉末スープを入れ煮込みます。

途中で卵を落とし半熟で仕上げます。

トッピングにほうれん草などの青みをプラスするときれいですよ。

豆乳には植物性脂肪が含まれているのでカプサイシンを溶かしてくれるのでマイルドになります。

まとめ

辛いラーメンをマイルドにする方法は添付のスープを半量にする、湯と牛乳を合わせて調理する、油脂を含む食材と合わせるなどです。

特に牛乳はおすすめで、乳製品に含まれる油脂が辛味成分のカプサイシンを包みこんでマイルドな味にしてくれます。

チーズやバターのトッピングも効果的です。

また、酢やマヨネーズの酸味も適量であれば辛味を和らげてくれます。

豆乳にも油脂が含まれているので豆乳仕立てのスープもカロリー低めでおすすめです。

トマト缶、チーズ、バジルを加えてイタリアン風にするのも美味しいですよ。

これも牛乳仕立てでスープを作るとよりマイルドになります。

卵トッピングは生卵にして後から黄身をつぶしてマイルドにしたり、調理中に入れてかきたま風、半熟状にしたりと最初からマイルドにする方法もおすすめです。