暮らし

KB(キロバイト)とMB(メガバイト)ってどっちが大きい?KB とMBの違いを分かりやすく解説!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

スマートフォンや携帯のメモリ容量に関連してよく目にする「KB(キロバイト)」と「MB(メガバイト)」。

 

「アプリを消すときに、KBとMBってどちらが大きいの?」

「通信量で表示されるKBやMBの違いがよくわからない」

「似たような単位だから、どうにかして簡単に覚えられないかな」

と思っている方も多いでしょう。

 

ここでハッキリさせておきましょう。KB(キロバイト)とMB(メガバイト)を比較すると、MBの方が明らかに大きい単位です。

 

この記事では、「キロバイトとメガバイトのサイズの差」と「それらを簡単に理解する方法」について解説します。

メモリやデータ量の単位について深く知りたい方は、この情報が役立つはずです。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

KBとMBはどちらが容量として大きいのか?

結論を先にお話しすると、KB(キロバイト)とMB(メガバイト)を比べた時、MB(メガバイト)の方がはるかに大きいんです。

 

実は、このKBやMBといった単位は、データのサイズやデータ容量を示すために使われるんですよ。

KBやMBだけでなく、GB(ギガバイト)やTB(テラバイト)といった単位もあります。

これらを容量の小さい順に並べると、次のようになりますね。

 

  1. KB(キロバイト)
  2. MB(メガバイト)
  3. GB(ギガバイト)
  4. TB(テラバイト)

 

ですから、「スマホのアプリで、KBとMBのどちらを削除すべきか」で迷ったら、より大きな単位であるメガバイト(MB)のアプリを消す方が、より多くの空き容量を確保できるというわけです。

けっこう便利な情報ですよね♪

 

KBとMBのサイズ差は?変換方式についても!

KB(キロバイト)とMB(メガバイト)のサイズの違い

KBとMBの大きさの差、そしてその変換方法について知りたいですよね?

まずは、KB(キロバイト)とMB(メガバイト)のサイズの違いについて見てみましょう。

 

データ量を表す基本単位は「B(バイト/byte)」です。

そして、1Bを基準として、以下のようにデータの大きさが定義されています。

 

  • 1KB(キロバイト)は1024B(バイト)
  • 1MB(メガバイト)は1024KB(キロバイト)
  • 1GB(ギガバイト)は1024MB(メガバイト)
  • 1TB(テラバイト)は1024GB(ギガバイト)

 

こうして見ると、各単位は1024の倍数で増えていることがわかります。

 

では、なぜ「1024」という数字が使われるのでしょうか?

それは、コンピュータの世界では「0」と「1」を使った二進法が基本で、1024は2の10乗に相当し、このシステムでは非常に扱いやすい数字だからなんです。

 

KBとMBの変換方法

次に、KBとMBの変換方法についても見てみましょう。

 

先ほど、データの大きさを定義する基本的な単位を以下のように説明しましたね。

 

1KB(キロバイト)=1024B(バイト)

1MB(メガバイト)=1024KB(キロバイト)

1GB(ギガバイト)=1024MB(メガバイト)

1TB(テラバイト)=1024GB(ギガバイト)

 

これらの基本単位を基に、計算を進めていくことが可能です。

 

MBをKBに変換するには、単純に1024を掛けます。

例えば、「6MBをKBで表すには?」という問題に対しては、

1024KB × 6 = 6,144KB と計算します。

つまり、6MBは6,144KBに相当するんですね。

 

 

逆にKBをMBに変換する場合は、1024で割ります。

例えば、「6,144KBをMBで表すには?」という場合には、

6,144KB ÷ 1024KB = 6MB となります。

 

このように、KBとMBの変換は、1024を使って掛け算または割り算することで簡単に行うことができますよ。

 

MB(メガバイト)をB(バイト)に変換するには?

さまざまな単位をB(バイト)に変換する方法についてのご要望がある方もいるでしょう。

それに応えて、次のような変換式をご紹介します。

 

1KB(キロバイト)は、1,024B(バイト)

1MB(メガバイト)は、1,048,576B(バイト)

1GB(ギガバイト)は、1,073,741,824B(バイト)

1TB(テラバイト)は、1,099,511,627,776B(バイト)

 

ByteからMBに変換する場合、

たとえば「3,145,728バイトをMBにしたい」と思ったら、

3,145,728 ÷ 1,048,576 = 3

と計算すると、「3,145,728バイトは3MB」となります。

 

逆にMBからByteに変換する場合、

例えば「3MBをバイトにしたい」と思ったら、

1,048,576 × 3 = 3,145,728

と計算すると、「3MBは3,145,728バイト」となります。

 

キロバイトやメガバイトの記憶法

テラ、ギガなどの英単語が苦手。順番が混乱してしまう。

そんな皆さんにおすすめの記憶法をご紹介します。

 

TB > GB > MG > KBの頭文字、

「T」「G」「M」「K」を

「タイガーマスク」

と覚えてみてください!笑

面白い発想でしょう?これでデータ量の単位を忘れる心配もなくなりますよ!

 

まとめ

KB(キロバイト)とMB(メガバイト)の比較を行った結果、MB(メガバイト)の方が大きいことが理解できたと思います。

 

1MBが1,024KBに相当するので、スマホのストレージ容量を増やしたい場合は、MB単位のアプリや写真・画像などを削除すると効果的ですね。