暮らし

「欠る」の意味や使い方は?方言?若者言葉?読み方や例文も詳しくご紹介!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

「”欠る”、この言葉の意味は何だろう?」

「”欠る”の正しい読み方が知りたい」

「”欠る”は方言らしいけど、本当のところはどうなの?」

 

たびたび目にする「欠る」という単語。

 

日常であまり耳にしない、見かけない言葉だからこそ、「これは一体どういう意味なのだろう?」と疑問に思うことがありますよね。

 

そんなわけで、この度は「欠るとは何か」に焦点を当ててみました。

 

この言葉の起源や由来、読み方、使い方について、さまざまな角度から解説していきますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

 

「欠る」とはどんな意味?その読み方は?

「欠る」の読み方って?

まずは、「欠る」の読み方についてです。この言葉は「けつる」と発音されます。

 

日常ではあまり目にしないため、どのように発音するか迷うことがありますよね。

 

しばしば「かける」と間違えて読んでしまいがちですが、「けつる」というのは、辞書にも載っていない新しい世代のスラングですので、「けつる」という発音が正しいですね。

 

実は、これが公式の言葉かどうかは微妙なところですが、笑いながらそう呼ぶのが一般的です。

 

「欠る」の具体的な意味は?

では、「欠る(けつる)」とはどんな意味を持つのでしょうか。以下のように理解されています。

 

・不十分なものになった

・欠点が出た

 

中学生や高校生などの学生がテストで低い得点を記録した際に、「けつった(欠点が出た・不十分なものになった)」と表現することが一般的です。

 

 

「欠る」の起源と語源って?

「欠る」の起源は、その意味そのものである「成績が不足した」という言葉に由来します。

 

この「成績が不足した」という表現を若い世代が省略して「欠った」と言い、それがやがて「欠る」という言葉に発展しました。

 

例えば、子供が「数学欠ったわ」と言った場合、それは「数学で不合格の点数を取った(低い点数を取った)」という意味になります。

 

なお、「不合格の点数」とはいわゆる「赤点」のことです。

 

不合格の点数(赤点)がどの点数からになるかは、学校によって異なりますが、多くの場合は以下のような範囲でしょう。

 

・0~29点(30点以下)

・0~39点(40点以下)

・平均点を下回る点数

 

ちなみに、進学校などでは「60点以下でも赤点」という基準を設けている場合もあります。

 

ただし、一般的な小学校、中学校、高校では、1科目で不合格の点数を取ったとしても、即座に留年になることはほとんどありません。

 

多くの場合、複数の科目で不合格の点数を取った場合に補習試験が実施され、そこで合格すれば問題ありません。

 

もし「欠る」状況になったとしても、冷静になって一生懸命勉強に励むことが大切です。

 

 

「欠る」をどう使う?いくつかの例文をご紹介!

「欠る」という表現の使い方について、いくつかの例を挙げてみましょう。

 

・「あー、マジでこの回の理科、欠ると思う!」

 

・「次の数学テストで欠るとマズいんだよね。今度こそはしっかり勉強するよ!」

 

・「期末テストの範囲、広すぎない?絶対欠るって感じだよね。」

 

・「次の定期試験で欠ると思うから、部活は補習のため休むよ。」

 

・「中間試験で欠ったら、ママにおこづかい減らされるの。泣きたくなるよ…。」

 

「欠る」の同義語と反対語は?

「欠る」の同義語・別の言い方

「欠る(けつる)」と同じような意味を持つ言葉は以下の通りです。

 

・不合格になる

・落第する

・赤点を取る

・失敗する

 

これらはすべて、テストなどで低い点数を記録するという共通の意味を持っていますね。

 

できればこのような状況にならないように、日常の勉強に力を入れたいものです(笑)。

 

「欠る」の反意語って?

一方で、「欠る」の反対の意味を持つ言葉は以下のようになります。

 

・合格する

・成功する

・及第点を取る

 

「欠る」とは逆に、テストなどで良い結果を得るという意味です。

 

「欠る」は方言?

「蹴る(けつる)」という言葉が愛媛の方言として存在しますが、これは「欠る」とは全くの別物です。

 

「欠る」の起源は「欠点を取る」という表現が若者の間で流行ったことからきています。つまり、特定の地域の方言ではなく、若者言葉として理解されています。

 

↓さて、あなたは若者言葉にどれくらい詳しいですか?


 

ぜひチェックしてみてください。

難しすぎて思わず笑ってしまうかもしれませんね(笑)。

 

 

まとめ

「欠る」という言葉は、「欠点を取る」という意味を持つ現代の若者言葉です。

 

例えば、「理科で欠っちゃった!」と言うと、「理科のテストで不合格の点数を取ってしまった」という意味になりますね。

 

このような状況を避けるためにも、日々の勉強に力を入れることが大切ですね。