暮らし

降水量1mmってどれくらい?傘は必要?体感やレジャーへの影響も解説!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

気象報告で、しばしば「ミリ」の単位を使用して雨の強さを説明しています。

これはミリメートル(mm)のことで、しかしこの数字が具体的にどれだけの雨量を示しているのかイメージしづらいかもしれません。

 

そこで、1mmの降水量がどの程度のものなのかを本記事で詳細にわたってご紹介します。

 

降水量1mmってどれくらいの雨?体感ではどんな感じ?

降水量1mm = 1mmの高さで地面が濡れる

1mmの降水量とは、地面が1mmの高さで濡れることを示しています。

 

仮に、1平方メートルの面積に1時間かけて1mmの雨が降ると、その水量は1m×1m×1mm = 1000cm^3、つまり1リットルになるということです。

 

これは、大人が傘を差している際の範囲がおおよそ1平方メートルと想定した場合、1時間に1リットルの水が降るというイメージです。

これは少量ですが、霧雨と同じように感じられるでしょう。

 

降水量が3~5mmになると、水溜りが道路に形成され始め、子どもたちには長靴が必要になるでしょう。

 

降水量1mmの実感とは?

1時間に1mmの降水量の場合、「傘なしでも少しだけなら耐えられる」程度の雨です。

 

歩いている人のうち、約半数が傘をさしている、という具体的なシチュエーションを想像してみてください。

 

短時間なら傘は不要ですが、長い間外にいる場合は傘があると便利です。地面が濡れていることから、雨が降っているのがわかります。

 

降水量2mmの実感とは?

1時間に2mmの雨が降る場合、「傘がないと外に出られない」レベルの雨です。

 

街を歩く人たちの大部分が傘をさしている、そんなイメージでしょう。傘を持っていない場合、最寄りのコンビニでビニール傘を手に入れるか、早足で目的地に向かうかが一般的です。

 

降水量5mmの実感とは?

1時間に5mmの雨が降ると、「できれば外に出たくない」と感じるほどの降り方です。

 

これは、しっかりとした雨、いわゆる本降りの状態を指しています。

 

これらの具体的な例を通して、ミリメートル単位での降水量がどのような影響をもたらすのか、実感として理解していただければと思います。

 

これにより、天気予報の情報をより効果的に活用する手助けになるでしょう。

 

1mmの雨でイベントはキャンセル?野外アクティビティの判断基準

「明日、降水量1mmの雨が予想されます」との天気予報を聞いたら、予定していたスポーツイベントやアウトドアアクティビティがどうなるのか、気になりますよね。

 

それが開催されるのか、あるいは中止になるのか、以下で詳しく説明します。

 

1mmの雨で運動会やスポーツフェスティバルは決行される?

降水量1mmの際も、イベント開始前に雨が降っていなければ、雨が少しだけ降り始めた場合でも、イベントは通常通り進行されることが一般的です。

 

ただし、イベントが開始する前に降雨が始まった場合、わずか1mmの雨でもフィールドに影響を与え、イベントがキャンセルされる可能性がある。

 

結論として、​1mmの雨の場合の開催可否はケースバイケース。

 

つまり、雨の量よりも、イベント開始のタイミングでの天候が重要な要因となります。

 

1mmの降水量でもゴルフは楽しめる?

ゴルフは、1mmの雨では通常、傘を使ってプレイが続行されます。

コースがキャンセルになることは稀です。

 

もちろん、芝生が濡れてボールが滑るなど、プレイには一定の影響があります。

 

​結論として、​1mmの雨でもゴルフは楽しめる。

 

2~3mmの雨でも、まだプレイが可能な範囲です。

ただ、4mm以上の雨では、雨粒が大きくなり、プレイに大きな影響を与えるでしょう。

 

その場合、プレイ自体は不可能ではないものの、濡れてしまうストレスが溜まることは確かです。

 

1mmの降水量でディズニーランドは楽しめる?

雨具を着用すれば外での楽しみに大きな支障はありませんが、雨による気分の落ち込みや増える待ち時間でイライラが原因でトラブルに発展することも。

 

ただし、雨の日は人が少なくなるため、普段は長い待ち時間のアトラクションもすぐに楽しめるかもしれません。

 

​結論として、​降水量1mmの雨でも、待つ気力があれば楽しめる

 

1mmの降水量でも釣りは可能?

適切な雨具を持っていれば、降水量1mmの雨でも釣りは楽しむことができます。

 

低気圧により魚が活発に動くこともあるので、普段よりも効果的な釣りが期待できます。

ただし、風が強い日や台風の際は安全を考慮して避けるべきです。

 

 

毛論として、降水量1mmの雨で釣りはできるが、風が強い場合は避ける。

 

降水量1mmで草野球は実施可能?

草野球は雨が降っても実施されることが多いですが、参加者の意見を聞いてから判断するのがベストです。

 

寒い時期には体を冷やすリスクもあるため、特にアウトフィールドのプレイヤーから反対意見が出るかもしれません。

 

​結論として、降水量1mmの雨での草野球は、参加者の合意に依存する。

 

プロの試合では、グラウンドのコンディションを重視して中止判断がされ、台風の際には予め中止が決まることもあります。

 

1mmの降水量で山登りは安全?

山の天気は不安定で、降水量1mmの雨でもリスクが伴います。

山は低地よりも降水量が多く、天候の変化も激しいため、安全を第一に考えて計画を立てるべきです。

 

​結論として、​降水量1mmの雨でも、安全の観点から山登りは避けるべき。

 

降水量1mmで自転車の利用は危ない?

雨具は必須ですが、雨で濡れた地面は滑りやすく、注意が必要です。

 

私も過去に雨の日に買い物を自転車で運んでいた際、滑って転倒し、買い物が散乱した経験があります。

重い荷物を持っている場合、転倒のリスクは増えますのでより一層注意が必要ですね。

 

​結論として​降水量1mmの雨でも、自転車走行は可能だが特に滑りやすい場所には注意が必要。

 

傘をさしての自転車利用は法律で禁止されていますので、レインコートなどの雨具を必ず着用するようにしましょう。

 

1mmの降水量で花火大会は開催される?

花火大会の開催は主催者によりますが、軽い雨では中止にはならないことが多いです。

花火大会が中止になるのは大雨・落雷警報が出ている場合といわれています。

 

​結論として、​降水量1mmの雨では、多くの場合花火大会は中止にならない。

 

降水量1mmでフットサルは問題なし?

サッカーの試合が雨天でも行われるように、フットサルも1mm程度の雨では問題なくプレイできます。

 

​結論として​降水量1mmの雨でも、フットサルは楽しめる。

 

フットサルコートの予約にはキャンセル料がかかる場合が多く、1mm程度の雨では全額請求されることも。

ただし降水量が増えるとキャンセル料が免除されることもあります。

フットサルコートをご利用の際は事前に確認しておきましょう。

 

1mmの降水量でもテニスは可能?

テニスもまた、軽い雨ならば普通にプレイが可能です。

 

​結論として​降水量1mmの雨でも、テニスは楽しむことができる。

 

激しい雨や強風がない限り、試合は続行されます。

 

 

まとめ

スポーツイベントやゴルフ、テーマパークなど、アウトドアアクティビティを予定しているとき、降水量1mmの雨がその予定を続行するか中止するかの決定ポイントとなるでしょう。

 

個々の人が感じる雨の量は異なります。

それぞれが「許容できる雨の量」を持っているでしょう。

 

だから、先程触れた「降水量1mm」の例を基準に、あなた自身がその量の雨を許容できるかどうかを評価してみると良いでしょう。