暮らし

曲げわっぱをレンジでチンするとどうなる!?使えなくなる?レンジ対応の曲げわっぱについても!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

近年、そのおしゃれな見た目と食材を美味しく保つ機能で話題となっている「曲げわっぱ」弁当箱。

見た目の美しさだけでなく、ご飯を一段と美味しくするという点でも人気を集めています。

 

しかし、「曲げわっぱ」を購入しようか検討している方々の中には、一つ気になる疑問を持つ方がいるかもしれません。

 

それは…

「曲げわっぱは電子レンジで使えるのだろうか?」という疑問です。

やはり美味しいご飯は温かくして食べたいですよね。

 

しかし、残念ながら「曲げわっぱ」弁当箱は電子レンジでの加熱には向いていません。

実際、レンジで加熱すると変形や発火のリスクがあるため、非常に危険です。

 

今回は、この疑問に対して詳細にリサーチしてみました。

それでは、早速その結果を見ていきましょう!

 

曲げわっぱを電子レンジで使うとどうなる?

「曲げわっぱ」はその美しい外観と機能性で多くの人々を魅了していますが、電子レンジでの使用は非常にリスキーです。

では、なぜ曲げわっぱをレンジで使うと問題が生じるのでしょうか?

 

曲げわっぱの素材である木材は、その性質上水分を含んでいます。

電子レンジで加熱すると、木材内部の水分が急激に蒸発し、その結果、変形や破損の原因となります。

 

さらに、電子レンジで加熱し続けると、木材内部から焦げ臭い煙が発生する危険もあります。

 

実際に実験を行った方の記事によると、最悪の場合、電子レンジを買い替えなければならなくなるほどの事態にもなりかねません。

 

また、曲げわっぱの中には漆塗りのものも多く、この漆は電磁波によって熱を帯び、熱による収縮でひび割れを起こすリスクがあります。

 

以上の理由から、一般的な曲げわっぱは電子レンジでの使用を避けるのが賢明です。

ただし、これは従来の曲げわっぱに関する話です。

 

しかし最近では、電子レンジ対応の次世代曲げわっぱも登場しています。

次の章では、この革新的な曲げわっぱについて詳しく見ていきましょう!

 

電子レンジ対応曲げわっぱについてご紹介!

電子レンジで使用できる曲げわっぱは、まさに時代のニーズに応えたアイテムです。

 

「漆器かりん本舗」という専門店が提供するこの革新的な商品は、サワラやヒノキといった、水分を多く含み乾燥に強い木材を使用して製造されています。

この工夫により、電子レンジでの短時間加熱にも耐えうる強度を実現しています。


ただし、注意が必要なのは、ネットで「曲げわっぱ レンジ対応」と検索した際に表示される3000円程度の商品の多くが、実は木製ではなくプラスチック製である点です。

 

見た目が曲げわっぱ風であれば問題ないという方にとっては、これらのプラスチック製の商品が実用的な選択肢となるかもしれません。

 

しかしながら、曲げわっぱ特有の食材をおいしく保つ機能に魅力を感じ、本物の曲げわっぱを求めている方は、購入に際しては注意が必要です。

見た目だけでなく、商品の素材についてもしっかりと確認し、間違いのないよう慎重に選ぶことが大切です。

 

まとめ

「曲げわっぱ弁当箱を電子レンジで加熱しても大丈夫?」という疑問について説明してきました。

 

曲げわっぱ弁当箱には電子レンジ対応のものと非対応のものが存在することがわかりました。

木製の曲げわっぱは熱によって変形するリスクがあり、電子レンジで加熱すると黒煙を発する恐れもあることが判明しました。

 

人気商品だからといって、安易に購入するのではなく、商品が電子レンジ対応かどうか、また食洗機で洗っても大丈夫かどうかをしっかり確認してから購入することが重要です。

 

この記事は、これから曲げわっぱ弁当箱の購入を検討している方に向けて書かれていますが、すでにお持ちの方は、製品に付属する注意書きを確認することをお勧めします。

 

電子レンジや食洗機の使用に関する情報が記載されている可能性が高いです。

 

というわけで、基本的には曲げわっぱ弁当箱は電子レンジでの使用は避け、その独特の魅力を最大限に活かした冷ご飯を楽しむのが良いでしょう。

曲げわっぱならではの特別な味わいを堪能してください。