暮らし

新しいメガネが合わないときの作り直しの方法と注意点!費用や保証についても解説



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

 

新しい眼鏡を手に入れたはいいものの、なんとなく違和感を感じていませんか?

実は、その不快感、すぐに作り直しを考える前に解決できるかもしれません。

 

この記事では、新しい眼鏡がしっくりこない理由と、その対処法を紹介します。

 

度数の調整が必要かもしれませんし、フレームのフィット感に問題があるのかもしれません。

自分の眼鏡が本当に合っていないのか、それとも少しの慣れが必要なのか、見極めるためのポイントを解説します。

読み進めることで、眼鏡の不快感を解消し、快適な視生活を手に入れるためのヒントが見つかるでしょう。

 

 

この記事で分かること

  • 合わない眼鏡の一般的な症状と対処法
  • 眼鏡が合わないと感じたら最初にすべきこと
  • 眼鏡フレームのフィット感を高める方法
  • ピントが合わない新しい眼鏡の調整方法
  • 新しい眼鏡に慣れるまでの期間は
  • 新しい眼鏡に早く慣れるためのコツ
  • 新しい眼鏡くらくらする理由
  • 眼鏡使用時の一般的なトラブルとその対処法
  • 眼鏡が合わない場合眼科での相談はいつすべきか
  • 買ったばかりなのに合わないときの対処法
  • JINSなどのブランド眼鏡の交換ポリシー詳細
  • 度が合わない眼鏡の交換手順
  • 眼鏡の作り直しにかかる時間と費用
  • 度数調整後も合わない場合の対応策

 

 

眼鏡が合わない!作り直しする前にチェックしたいポイント

新しい眼鏡がなんだかしっくりこない。

そんなとき、すぐに作り直しを考える前に、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。

度数の調整が必要かもしれませんし、フレームのフィット感が問題かもしれません。

自分の眼鏡が本当に合っていないのか、それとも慣れるだけの問題なのかを見極めることが大切です。

 

合わない眼鏡の一般的な症状と対処法

新しい眼鏡をかけたとき、頭痛がしたり、目が疲れたりすることがあります。

これらは眼鏡が合っていない一般的な症状です。

眼鏡が原因でこうした症状が出るのは、度数が適切でないか、フレームが顔にフィットしていないためかもしれません。

 

例えば、度数が合っていない場合は、目がピントを合わせようとして余計な力がかかり、疲れや頭痛の原因になります。

また、フレームがきつすぎると、頭痛が起きやすくなります。

このような場合、最初に眼科での検眼を受け、度数の再確認をおすすめします。

度数に問題がない場合は、フレームのサイズ調整や、異なるデザインへの変更を検討してください。

 

さらに、新しい眼鏡に慣れるためには、少しずつ長い時間かけてかけるようにするといいでしょう。

こうすることで、徐々に快適に感じるようになります。

 

眼鏡が合わないと感じたら最初にすべきこと

眼鏡が合わないと感じたとき、最初にすべきことは、自分の症状を正確に把握することです。

症状には、目の疲れ、頭痛、視界のぼやけなどがあります。

これらの症状がある場合、眼科を訪れ、正確な度数の検査を受けることが重要です。

 

度数が原因でない場合は、フレームのフィット感が問題かもしれません。

眼鏡店でフレームの調整を依頼しましょう。

フレームの調整でも改善されない場合は、フレームの形状や材質が自分に合っていない可能性があります。

この場合、異なるタイプのフレームを試すことをおすすめします。

 

また、新しい眼鏡に慣れるには時間がかかることもありますので、焦らずに徐々にかける時間を長くしていくことが大切です。

このプロセスを通じて、最終的にはより快適に眼鏡を使用できるようになります。

 

眼鏡フレームのフィット感を高める方法

快適に眼鏡をかけ続けるには、フレームのフィット感が重要です。

フィット感が良いと、長時間かけていても疲れにくく、頭痛や耳の痛みを防ぐことができます。

 

フィット感を高めるには、まず眼鏡店でプロのスタッフによる調整を受けるのが一番です。

彼らは、鼻パッドの位置やフレームの曲がり具合を微調整して、あなたの顔の形にぴったり合うようにしてくれます。

もし眼鏡がずれやすい、あるいはきつすぎる場合は、これらの調整で大きな違いが生まれることがあります。

 

また、自分でできる調整として、フレームのテンプル部分(耳にかかる部分)を軽く曲げてフィット感を改善する方法もありますが、この際は非常に慎重に行う必要があります。

適切なフィット感は、眼鏡をかける快適さだけでなく、視力矯正の効果を最大限に発揮するためにも重要です。

 

ピントが合わない新しい眼鏡の調整方法

新しい眼鏡をかけたとき、ピントが合わないと感じることがあります。

これは、度数が自分の目に正確に合っていない、あるいはレンズの中心が正確に目と合っていないからかもしれません。

 

最初にすべきことは、眼科医や専門の眼鏡店で度数の再検査を受けることです。

眼科医は、あなたの視力に最も適した度数を提案してくれます。

 

また、眼鏡店では、レンズの位置を調整して、目とレンズの中心が正確に一致するようにしてくれます。

これは、視界のクリアさを大きく改善することができます。

 

実際に、度数の微調整やレンズの位置の調整を行った多くの人々が、視界の明瞭さと快適さの向上を報告しています。

このような調整は、眼鏡が初めての人だけでなく、度数の変更を行った人にとっても、視力矯正の質を高める重要なステップです。

 

眼鏡が合わないけど作り直しはまだ早い?新しい眼鏡に慣れるコツ

新しく作った眼鏡が合わないと感じたとき、すぐに作り直しを考えがちですが、実は慣れていないだけかもしれません。

新しい度数やフレームに体が適応するには、少し時間が必要です。

この過程を理解し、少しの間、新しい眼鏡に慣れるチャンスを与えることが大切です。

 

慣れるまでの期間は?

新しい眼鏡に慣れるまでの期間は、人によって異なりますが、一般的には数日から数週間かかることが多いです。

この慣れる過程は、新しい度数に目が適応すること、そしてフレームが顔の形にフィットするようになること、両方を含みます。

特に度数が大きく変わった場合、脳が新しい視覚情報を処理するために時間が必要です。

 

実際に、多くの人が新しい眼鏡をかけ始めてから、最初の数日間は違和感を覚えますが、徐々に快適になっていくと報告しています。

この期間、視界がクリアになり、頭痛や目の疲れが減少するなど、徐々に改善が見られるはずです。

 

早く慣れるためのコツ

新しい眼鏡に早く慣れるためのコツは、まずは継続してかけることです。

一日中かけ続けることが難しい場合は、少しずつかける時間を延ばしていく方法も効果的です。

また、読書やコンピュータ作業など、視力を集中的に使う活動を通じて、新しい度数に慣れさせることもおすすめです。

視覚的なタスクをこなすことで、脳が新しい視覚情報を処理する速度を上げる手助けになります。

 

さらに、正しい姿勢で眼鏡をかけることも大切です。

フレームが正しい位置にあることで、レンズを通した視界が最適化され、慣れる過程がスムーズになります。

 

新しい眼鏡でくらくらするのはなぜ

新しい眼鏡をかけたときにくらくらするのは、主に度数の変更に脳が適応しようとする過程で起こります。

この現象は「視覚的めまい」とも呼ばれ、特に度数が大きく変わった場合によく見られます。

 

新しい度数によって、物の見え方が変わり、脳がこの新しい情報を処理しようとする際に、一時的なバランス感覚の乱れやめまいが生じることがあります。

しかし、これは一時的なもので、ほとんどの場合、数日から数週間で改善します。

 

もし、この症状が長引く場合は、度数の再確認や眼科医への相談が必要です。

適切な調整を行うことで、視覚的不快感は大きく改善されるはずです。

 

買ったばかりなのに合わないときの対処法とは?

新しく購入した眼鏡が合わないと感じたとき、適切な対処法を知っていることが、不快感を解消し、視覚体験を改善する鍵となります。

 

まず、眼鏡が合わない原因を特定することが重要です。

原因には、度数の不正確さ、フレームの不適切なフィット感、またはレンズの種類が自分の生活スタイルに合っていないことなどがあります。

 

具体的な対処法として、最初に行うべきは、購入した眼鏡店への相談です。

多くの眼鏡店では、購入後の一定期間内であれば無料で度数の再検査やフレームの調整を行ってくれます。

例えば、度数が原因である場合、眼科医の診断に基づいてレンズを作り直すことが可能です。

また、フレームが問題であれば、よりフィットする別のフレームに交換することもできます。

これらの対処法を通じて、多くの場合、眼鏡の使用感を大きく改善することができます。

 

JINSなどのブランド眼鏡の交換ポリシー詳細

JINSをはじめとする多くのブランド眼鏡では、顧客満足を重視した交換ポリシーを設けています。

これらのポリシーは、購入後に眼鏡が自分に合わないと感じた場合に、安心して対応を求めることができるようにするためのものです。

 

例えば、JINSでは、購入後一定期間内であれば、度数の調整やフレームの交換が可能な場合が多いです。

具体的には、購入から30日以内であれば、購入した商品を交換することができます。

この期間内であれば、不適切な度数やフレームに関する問題を無償で解決できるため、顧客は購入後も安心して眼鏡を使用することができます。

 

ただし、交換ポリシーには条件があり、使用した痕跡がないこと、購入時のレシートが必要なことなど、各ブランドごとに異なる場合があるため、購入時には詳細を確認しておくことが重要です。

 

このような交換ポリシーの存在は、消費者にとって大きな安心材料となり、眼鏡選びの際の不安を軽減します。

 

度が合わない眼鏡の交換手順を詳しく知りたい

新しく購入した眼鏡の度が合わない場合、多くの眼鏡店やブランドでは顧客満足を重視し、交換手順を設けています。

交換手順の第一歩として、購入した店舗に連絡し、状況を説明することが重要です。

店舗では、通常、再検査を提案し、度数の誤りを確認します。

このプロセスには、簡単な視力検査が含まれることが多く、必要に応じて新しい度数のレンズを注文します。

 

交換の際に必要なものは、購入時のレシートや保証書など、購入を証明する書類です。

一般的に、購入後数週間以内であれば、ほとんどの眼鏡店で無償で交換や調整が可能です。

例えば、大手眼鏡チェーンでは、購入後30日以内に限り、無償で度数の調整や交換を行っています。

このように、顧客が安心して購入できるように、適切な対応策が整えられています。

 

眼鏡の作り直しにかかる時間と費用の概算

眼鏡の作り直しにかかる時間と費用は、度数の調整やフレームの変更など、作り直しの範囲によって大きく異なります。

一般的に、度数の調整のみの場合、新しいレンズの製作と取り付けで数日から1週間程度が目安です。

費用については、レンズの種類(単焦点、多焦点、非球面など)や加工(撥水コート、反射防止コートなど)によって変わり、おおよそ数千円から数万円の範囲内です。

 

例えば、ある眼鏡店では、単焦点レンズの作り直しで約5,000円から、より高度な加工を施したレンズでは20,000円以上かかることがあります。

フレームの交換が必要な場合は、フレームの価格も加わります。

この費用には、再度の視力検査費用が含まれることがあり、事前に店舗で確認することが大切です。

 

度数調整後も合わない場合の対応策

度数を調整したにもかかわらず、眼鏡がまだ合わないと感じる場合、いくつかの対応策があります。

まず、眼鏡が合わない原因を再評価することが重要です。

 

度数の問題だけでなく、レンズの種類やフレームのフィット感が原因である可能性もあります。

例えば、プログレッシブレンズや遠近両用レンズを使用している人は、特に慣れるまで時間がかかることがあります。

 

このような場合、眼科医や眼鏡店の専門家と相談し、レンズの種類を変更するか、フレームのフィットを再調整することが対策として考えられます。

 

さらに、目の健康状態が変化している可能性もあります。

長時間のコンピュータ使用や加齢によって、目の状態が以前の検眼時から変わっていることがあります。

この場合、定期的な眼科訪問が推奨され、時には眼鏡の度数を頻繁に更新する必要があります。

 

具体的な対応策として、以下のステップを踏むことをおすすめします。

 

  1. 専門家との相談:眼科医や眼鏡店のスタッフと相談し、症状を詳細に説明します。
  2. レンズの再検討:使用しているレンズの種類が自分のライフスタイルや視力に最適かどうかを見直します。
  3. フレームの調整:フレームが顔に合っていない場合は、フィット感を高めるための調整が必要です。
  4. 健康状態のチェック:目の健康状態が変化していないか、定期的に眼科で検査を受けます。

 

これらの対応策を通じて、眼鏡の使用感を改善し、快適な視生活を送ることができます。

 

眼鏡が合わないときの作り直しに関するQ&A

Q1: 新しい眼鏡をかけたら頭痛がするのはなぜですか?

A1: 新しい眼鏡で頭痛が起きる主な原因は、度数が適切でないか、フレームが顔にフィットしていないためです。度数が正確でない場合、目がピントを合わせようと余計な力を使い、頭痛の原因となります。

 

Q2: 新しい眼鏡に慣れるためにはどれくらい時間がかかりますか?

A2: 新しい眼鏡に慣れる期間は人によって異なりますが、一般的には数日から数週間です。度数の変更が大きい場合やフレームの形状が大きく異なる場合、慣れるのにもう少し時間がかかることがあります。

 

Q3: 度数調整後も眼鏡が合わない場合、どうすればいいですか?

A3: 度数調整後も眼鏡が合わない場合は、眼科での再検査や眼鏡店でのフィッティング調整が必要です。レンズの種類やフレームのフィット感に問題がある場合、それらを変更することで解決することが多いです。

 

眼鏡が合わないときの作り直し:まとめ

新しい眼鏡がしっくりこないときは、直ちに作り直しを考えるのではなく、いくつかのポイントをチェックすることが重要です。

新しい眼鏡に慣れるまでには、一般的に数日から数週間かかります。

慣れる過程で、度数の調整が必要な場合や、フレームのフィット感に問題がある場合があります。

 

眼鏡が合わないと感じたら、まずは眼科での検眼や眼鏡店でのフィッティング調整を検討しましょう。

また、フレームのフィット感を高める方法や、ピントが合わない問題の調整方法にも注意を払う必要があります。

 

重要ポイント:

  • 新しい眼鏡に慣れるには時間が必要です。
  • 度数の調整やフレームのフィット感が重要なチェックポイントです。
  • 眼科での検眼や眼鏡店でのフィッティング調整を最初に検討してください。
  • フレームのテンプル部分を調整することで、フィット感を改善できます。

 

メガネの買い替え時期はいつ?見逃せないサインと長持ちさせるコツを徹底解説 メガネを新調する最適なタイミングはいつでしょうか? 多くの人がその判断に迷いますよね。 レンズの傷み...
眼鏡のzoffとjinsはどちらが良いの?それぞれの特徴やおすすめの人を徹底解説! JINSとZoffは、スタイリッシュで手頃な価格のメガネ店として、特に若者から注目を集めています。 同じよ...