暮らし

もやしを冷凍したらまずい・臭い…これって食べられる?まずくなる原因から救済レシピまでご紹介



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

もやしは価格が手頃で、料理にも使いやすいので、つい多めに買ってしまいがちですよね。ただし、もやしは意外にも傷みやすいのが難点です。

 

冷凍保存を試みると、思わぬ問題に直面することも。

冷凍したもやしに酸っぱいような独特の臭いがすることがありますね。

この経験をした人は、「冷凍していても傷むの?」や「このまま食べても安全なの?」と心配になることでしょう。

 

この記事では、冷凍したもやしがまずくなったり嫌な臭いがする場合の対応策についてご紹介します。

 

冷凍もやしの味がまずい・くさい…悪くなる原因って?

冷凍したもやしの味が劣化する主な理由は以下の通りです。

 

食感が悪く変化

新鮮なもやしはそのシャキシャキとした食感が特徴ですが、冷凍によりこの食感が損なわれます。

冷凍すると、もやし内部の水分が凍結し、それによって食物繊維が破壊されてしまいます。

 

水分が多いもやしは冷凍による食感の変化が特に顕著で、ふにゃっとした柔らかい食感になることが多く、これが不味いと感じる方もいます。

 

冷凍で食材の水分が凍ることを防ぐことは難しいですが、冷凍することで味が染みやすくなる利点もあります。

 

解凍後の水っぽさ

冷凍したもやしを解凍すると、水っぽくなることが多いです。

これは冷凍によってもやし内部の水分が氷になり、解凍時に水分として出てくるためです。

 

この現象により、もやしの風味や味が損なわれるだけでなく、料理全体の味が薄くなるリスクもあります。

 

臭いの発生

冷凍したもやしに発生する臭いは、実は冷凍そのものが原因ではなく、もともとのもやしの状態に関連しています。

もやしは傷みやすく、消費期限が短いため、保存状態が悪いと蒸れて傷みやすくなります。

 

傷んだもやしは雑菌の増殖により酸っぱい臭いが発生しやすく、冷凍しても臭いを抑えることはできません。

また、冷凍庫内の他の食材の臭いが移ることもあります。

これはもやしに限らず、他の食材にも起こり得る現象で、冷凍時の臭いは食材の風味を損なう原因となります。

 

スポンサーリンク


 

冷凍もやしの安全性と腐敗の見分け方

冷凍もやしには臭いがすることがあり、それが食べられるかどうかを不安にさせますね。

冷凍もやしの腐敗を見分ける方法をご紹介します!

 

まず、もやしが茶色く変色していたり、柔らかくなって弾力がない場合は、腐敗の兆候ですので食べないでください。

 

次に、食べられないもやしを取り除いたら、残ったもやしを水を入れた大きなボウルで洗いましょう。

水洗いは霜を取り除き、臭いを減らすのに効果的です。

 

その後、水をきって、匂いを確かめてみてください。

 

もし洗った後のもやしの匂いが強くなければ、腐っていないので調理しても大丈夫です。

しかし、匂いが強い場合は食べるのを避けましょう。

 

見た目や匂いが問題なくても、微生物が増殖している可能性もあります。

食べてみて味に違和感があれば、廃棄することをお勧めします。

 

もやしを冷凍する際に美味しく保つコツ

もやしの冷凍保存は、食材の鮮度を長く保つために有効ですが、食感や風味を保つのは難しいものです。

特に、もやしは他の野菜と比べて消費期限が短いため、まとめ買いしたり余ったりした場合には冷凍がおすすめです。

 

それでも冷凍での味の劣化を最小限に抑えたいですよね。

ここでは、美味しさを保つ冷凍方法をご紹介します。

 

冷凍するなら新鮮なうちに

もやしを冷凍する際は鮮度が非常に重要です。

もやしは傷みやすく、「あれ、余っていたもやしを使おう」と思い出した時にはすでに品質が落ちていることが多いです。

 

この状態で冷凍しても味の劣化は避けられません。

もやしを冷凍する場合は、購入直後、または傷み始める前に冷凍しましょう。

 

もやしを冷凍する前には、洗ってから

もやしを冷凍するには、そのまま袋に入れるのではなく、まず洗うことが大切です。

 

袋から出して大きなボウルでしっかり洗い、水切りをした後、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

そうすることで、解凍時の臭いを減らすことができます。

 

また、もやしの根元の部分は臭いの原因になるので、時間があれば取り除くのがおすすめです。

 

ブランチングで食感を保つ

生のまま冷凍するのも一つの方法ですが、食感を保持するためにはブランチング(茹でたり蒸したりすること)が効果的です。

これにより、変色を防いだり、食材の酵素を不活性化させることで食感の劣化を抑えられます。

ただし、ビタミンCなど水溶性の栄養素が流出するデメリットもあるので、茹で時間は短めにしましょう。

 

水分をしっかり拭き取る

もやしを洗った後やブランチング後には、余分な水分をしっかりと拭き取ることが重要です。

水分が残っていると解凍時に水っぽくなり、味や食感が損なわれる原因となります。

 

空気を抜いて密閉する

冷凍する際は、もやしを冷凍用ポリ袋に入れ、しっかり空気を抜いて密閉します。

空気に触れることで鮮度が落ちるのを防ぐためです。

 

金属トレイで急速冷凍

急速冷凍することで旨味を閉じ込めることができます。

金属トレイにのせて冷凍すると、温度の伝達が早く、急速冷凍と同様の効果が得られます。

 

1ヶ月以内に食べきる

冷凍保存でも、1ヶ月を目安に食べきるようにしましょう。

長期保存は味や食感の劣化を招きます。冷凍していても、なるべく早めに使い切ることが大切です。

 

冷凍もやしの美味しい使い道・救済レシピをご紹介

冷凍もやしを美味しく楽しむ方法を紹介します。

 

冷凍するともやしのシャキシャキ感が失われるため、サラダなどの生食には向いていません。

代わりにスープやナムルなど、調味料や香味野菜で味を引き立てる料理に活用しましょう。

 

以下に、冷凍もやしを使った救済レシピを紹介します。

 

1. もやしとピーマンと豚肉のオイスターソース炒め

材料:

– 冷凍もやし 2袋

– ピーマン 2個

– 鶏ガラスープの素 大さじ1と1/2

– オイスターソース 小さじ1

– ごま油 大さじ1

– 塩コショウ 少々

– 豚肉(こま切れ)200g

 

作り方:

  1. 冷凍もやしを水で洗って水を切ります。
  2. ピーマンを細切りにします。
  3. フライパンでごま油を熱し、豚肉を炒めます。
  4. 豚肉に火が通ったら、冷凍もやしとピーマンを加えます。
  5. 全体的に火が通ったら、鶏ガラスープの素、オイスターソース、塩コショウを加えて軽く炒めて完成です。

 

2. もやしとキャベツのワンタンスープ

材料:

– 市販のワンタン 6個

– 冷凍もやし 1/2袋

– キャベツ 60g

– 固形コンソメスープ 2個

– 水 600ml

– 塩コショウ 少々

 

作り方:

  1. 冷凍もやしを水で洗って水を切ります。
  2. キャベツを食べやすい大きさに切ります。
  3. 鍋に水を入れ、冷凍もやしとキャベツを茹でます。
  4. 火が通ったら、コンソメスープの素を加え、塩コショウで味を調えます。
  5. 最後にワンタンを加え、柔らかくなったら完成です。

 

3. もやしを使った豚キムチ

材料:

– 豚肉(こま切れ)150g

– 市販の白菜キムチ 1/2袋

– ピーマン 2個

– 人参 1/2本

– 冷凍もやし 1袋

 

作り方:

  1. 冷凍もやしを水で洗って水を切ります。
  2. ピーマンを角切り、人参を細切りにします。
  3. フライパンに油を熱し、豚肉を炒めます。
  4. 豚肉に火が通ったら、ピーマンと人参を加えます。
  5. ピーマンと人参に火が通ったら、冷凍もやしを加えて炒め、最後に白菜キムチを加えて完成です。

 

これらのレシピは冷凍もやしを美味しく活用できるものばかりです。

新鮮なもやしでも楽しめますので、ぜひ試してみてください!

 

まとめ

もやしを冷凍していたのに酸っぱい匂いがする場合は、腐っている可能性があるので注意が必要です。

 

もやしが茶色く変色していたり、水っぽくなっている場合は、すでに腐敗が進んでいるので、捨てることをおすすめします。

 

もやしを水で洗ったりすると、臭いが軽減される場合がありますので、試してみる価値があります。

 

冷凍すると、もやしのシャキシャキとした食感が損なわれるため、濃い味付けや炒め物、スープなどの料理に使うことをおすすめします。

 

冷凍もやしの臭いや消費方法に悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね♪