暮らし

冷蔵庫で生チョコを冷やす時間は3時間!チョコが固まる時間やおうちで上手に作るコツを教えます



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

滑らかな生チョコレートを作るためには、適切な冷却時間と固定時間が非常に重要です。

 

この記事では、生チョコレートを美味しく仕上げるために必要な情報をご提供します。

 

  • 生チョコの冷却時間と固まる時間の理想的な長さ
  • 美味しい生チョコを作るための材料選びのポイント
  • 生チョコが固まらない場合の原因と対処法

などに焦点を当てています。

 

生チョコレート作りに挑戦している方や、これから作ってみようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください!

 

生チョコのを冷やす時間・固まる時間は何時間?

生チョコを作る際には、固まる時間が重要なポイントです。

この時間をどれくらいに設定するかで、生チョコの食感が大きく変わります。

 

生チョコを固める標準的な時間は、冷蔵庫で1.5時間から3時間程度が目安です。

 

基本的な生チョコレートは、チョコレートと生クリームの2つの材料で作られ、このシンプルなレシピであれば、上記の時間で美味しく固まります。

 

しかし、1時間から3時間という時間の範囲には幅があるので、これについて少し詳しく説明します。

 

冷蔵庫での冷やす時間によって、生チョコの硬さを調整することができるのです。

 

例えば、1.5時間で取り出せば、より柔らかい生チョコができます。

一方、2~3時間冷やすと、より固めの生チョコを作ることが可能です。

 

冷蔵庫の温度によっても固まる時間は変わることがありますが、基本的にはこの時間帯で大丈夫です。

 

「普通の生チョコを作りたい」と考えている場合は、上記の時間を目安にしてみてください。

柔らかめの生チョコが好みなら、1.5時間で取り出し、固めの食感を望む場合や包丁で切りやすくしたい場合は、2~3時間放置するのが理想的です。

 

生チョコを冷凍庫で冷やすのはあり?

時間の制約がある場合を除き、生チョコを冷凍庫で固めることは推奨されません。

冷凍庫で急速に冷やすことによるいくつかの問題点が考えられます。

 

以下のような問題が発生する可能性があります:

 

  • 表面がなめらかに仕上がらないことがある。
  • 外側は固まるが、中心部分が理想的な硬さにならないことがある。
  • 外気にさらした際にすぐに溶け出すことがある(急激な温度変化に弱いため)。
  • カットする際に割れやすい。

 

冷凍庫で固めることが必ずしもNGではありませんが、冷蔵庫で時間をかけてゆっくりと冷やす方が、成功率が高くなります。

 

冷凍庫を使用する場合は、1時間以内に取り出すことが大切です。

それにより、生チョコが過度に固まり過ぎるのを防ぎ、上記の問題を軽減できます。

 

家で作る生チョコの固まり具合をチェックするコツ

自宅の冷蔵庫で生チョコを作る際、途中で味見をして固まり具合を確認するのが一番です。

 

特に、生チョコ作りが初めての方には、「好みの固さ」がどの程度か分かりづらいですよね。

そんな時は、冷蔵庫から取り出して、端の部分を少しすくってみて、自分の望む固さになったかどうか確認するのがおすすめです。

 

この方法を取れば、自分が理想とする固さになった時点で取り出せるため、「切ってみたらまだ柔らかすぎた」「固まりすぎてしまった」といった失敗を避けることができます。

 

具体的には、1時間半程度経ったら、15分から30分ごとに生チョコの端を小さなスプーンなどで少しすくって味見し、固まり具合をチェックしてみてください。

 

私自身は柔らかめの生チョコが好きで、待ちきれない性格なので、大体1時間半後には冷蔵庫から取り出して楽しんでいます(笑)

 

生チョコ作りの初心者はレシピ選びと分量が大事!

生チョコ作りには慣れが必要で、最初はひとつのレシピに従うことが重要です。

生チョコのレシピは星の数ほどあり、それぞれのレシピによって固まる時間も異なります。

 

例えば、「一晩寝かせる」レシピがあれば、「冷蔵庫で1時間」のものもあり、更に「冷凍庫でしっかり」とか「冷蔵庫で6時間」といったレシピも存在します。

生チョコの固まる時間がこれほどまでに異なる理由は、レシピによって使われる材料が違うからです。

 

例えば

・ホワイトチョコを使用したレシピ(油分が多く固まりにくい)

・はちみつや水あめを加えるレシピ(水分量が増えて冷やす時間が長くなる)

・無塩バターを使うレシピ

こうした材料の違いが、固まる時間に大きく影響します。

 

ホワイトチョコは通常のチョコレートより油分が多く、バターや水あめの添加により水分が増えるため、冷やす時間が長くなります。

 

レシピによって固まる時間が大きく異なるので、信頼できる1つのレシピ(シンプルで基本的な初心者向けのもの)を選んで、その指示に従って作ることをお勧めします。

お菓子作りは非常に繊細で、材料の量や調理時間が最終的な出来上がりに大きく影響します。

 

ただし、シンプルな生チョコであれば、通常は1~3時間程度で固まります。

 

どのレシピを選んでも、一晩あれば固まることがほとんどです。

もし、それ以上の時間が経過しても固まらない場合は、何らかの問題がある可能性があります。

 

失敗してしまったと感じた場合は、この記事で後述するポイントを参考にしてみてください。

 

プロ級の生チョコを家で作るための生クリーム選び

自宅でプロ級の生チョコを作るためには、特定の生クリームの選択が重要です。

今回は、そのための美味しい生チョコ作りのコツをご紹介します。

 

プロのような生チョコを作る秘訣は、脂肪分が40%から47%以上の高脂肪生クリームの使用です。

脂肪分が多いほど、価格とカロリーは高くなりますが、その代わりに濃厚でコク深い味わいの生チョコが完成します。

 

乳脂肪分が高いほど、ミルクの風味豊かな生チョコになり、チョコレートの味も際立ちます。

高脂肪の生クリームは、作りやすく、切りやすいという利点もあります。

 

ただし、好みは人それぞれなので、もし濃厚な味よりも軽やかな味わいを好む場合は、脂肪分35%程度の生クリームを使ってみるのも良いでしょう。

 

生チョコ作りに最適な生クリーム選びについてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

生チョコ作りの生クリームってどれを選べばいい?動物性・植物性の違いや生クリームで失敗しないコツも解説 「生チョコ」は手作りスイーツの中でも特に人気のある選択肢ですね。 トリュフやガトーショコラと比べて作るのが...

 

生チョコがうまく固まらない原因と対処法

生チョコの作り方で困るのが、期待通りに固まらないことですね。この記事では、生チョコが固まらない主な原因とその対処法をご紹介します。

 

原因1:生クリームの量が過多

生チョコがうまく固まらない最も一般的な原因は、使用する生クリームの量が多すぎることです。

通常、生チョコの材料比率は「チョコ:生クリーム=2:1」です。例えば、50gの板チョコレート4枚(合計200g)を使用する場合、生クリームは100mlが適量です。

この比率を超えると、生チョコはなかなか固まりません。したがって、使用する生クリームの量を再確認することが重要です。

 

原因2:植物性生クリームの使用

また、生チョコが固まらない別の一般的な原因は、植物性の生クリームを使ってしまっていることです。

 

生チョコ作りには動物性の生クリームが必須で、植物性のものでは望む結果を得られません。

植物性クリームは、コーン油や大豆油などから作られ、生クリームとは異なる成分で構成されています。

生チョコの材料として適していないため、使用するクリームの種類を確認しましょう。

 

原因3:湯煎中の水分混入

生チョコが固まらないもう一つの原因として、湯煎中に水分が混入することがあります。

チョコレートは水分に非常に敏感で、少量の水が混ざるだけで成分が分離し、固まりにくくなります。

湯煎の際に水が混入しないよう注意し、ボウルに水滴が付いていないかを確認しましょう。

 

これらの原因を把握し、適切な対処を行うことで、美味しい生チョコを作ることができます。

生クリームの量を適切に保ち、正しい生クリームを使用し、湯煎中の水分管理に注意してください。

 

生チョコが固まらない場合の原因と対処法&リメイクレシピはこちらの記事で詳しく解説しています。併せてご確認ください!

生チョコが固まらない…その原因と解決策は?どうしても固まらないときのリメイク方法も 自家製生チョコ、なぜか固まらないことってありますよね? その理由がイマイチ掴めないという方も多いのではない...

 

固まらない生チョコは冷凍庫で冷やしても固まらない?

「固まらない生チョコを冷凍庫で冷やせば固まるのか」という疑問についてお答えします。

実際、冷凍庫を利用すると生チョコは一時的には固まりますが、時間が経過するとまた溶けてしまうことがあります。

 

通常、生チョコ作りにおいては冷凍庫を時短の手段として使用することがあります。

しかし、既に固まらなくなった生チョコを冷凍庫で冷やしても、本来の生チョコとは異なる結果になります。

 

長時間冷凍すると、確かに硬く固まるものの、これは生チョコというよりは生チョコアイスに近く、常温に戻すと再び元の状態に戻ります。

 

もちろん、この状態でも美味しいため、家族や友人などに「すぐに食べて」と渡すことは可能ですが、プレゼントとしての生チョコとしてはおすすめできません。

 

固まらなくなった生チョコは、アレンジして楽しむのが良いでしょう。

たとえば、温めてチョコフォンデュとして楽しんだり、トーストに塗って食べるのも美味しい方法です。失敗した生チョコも工夫次第で様々な楽しみ方があります。

 

まとめ

この記事で、生チョコが固まるまでの時間、美味しく作るための秘訣、固まらないときの対策を詳しくご紹介しました。

 

一般的な生チョコレシピでは、冷蔵庫で1~3時間の冷却時間が適切です。手軽に作れるので、初心者の方も気軽に挑戦してみてください。

 

ただし、レシピによっては冷やす時間が異なることがありますので、指定されたレシピに従うことが大切です。また、冷凍庫を使用して生チョコを作ることも可能ですが、より丁寧に作りたい場合は冷蔵庫の使用をお勧めします。

 

作り方での失敗の多くは、生クリームの量が多すぎたり、間違って植物性のものを使用したりすることによるものです。

一度失敗すると修正が困難になることもあるので、これらのポイントには特に注意してください。