暮らし

生チョコ作りの生クリームってどれを選べばいい?動物性・植物性の違いや生クリームで失敗しないコツも解説



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

「生チョコ」は手作りスイーツの中でも特に人気のある選択肢ですね。

トリュフやガトーショコラと比べて作るのが容易でありながら、高級な味わいを楽しむことができるのが魅力です♪

 

実は私も、中学時代に初めてバレンタインデーに挑んだ手作りスイーツが生チョコだったんです。

その際、最も迷った点はどの生クリームを選ぶかということでした。

 

スーパーマーケットに行くと、さまざまな種類の生クリームが並んでいますよね。

どれを選ぶべきか、店頭で立ち止まって悩んだことがある人も多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、乳脂肪分が35〜40%程度で、成分に動物性油脂を含む生クリームを選ぶと良いでしょう。

これにより、手作りの生チョコを美味しく、かつ失敗少なく仕上げることが可能になります。

 

この記事では、生クリームとホイップクリームの違いについて、また、生クリームの脂肪分が生チョコの完成度にどう影響するかについて、詳細に説明していきます。

 

これから生チョコを作る予定の方は、是非この情報を活用してみてください!

 

生チョコ作りに最適な生クリームはどれ?

スイーツや料理の必需品である生クリームには、いくつかの種類が存在しています。

どのタイプを選ぶべきか、迷うこともしばしばですよね。

 

生クリームには大まかに分けて、動物性と植物性の二つのカテゴリーがありますが、生チョコを作る際に最も適しているのは動物性の生クリームです!

 

生クリームとは基本的に、生乳または牛乳を基に作られ、乳脂肪分が18%以上のものを指します。

植物性油脂を含む製品は、一般にホイップクリームと称され、生クリームとは性質が異なります。

 

確かにホイップクリームを用いても生チョコは製作可能ですが、仕上がりが固まりにくく、口当たりも軽めになる傾向があります。

 

動物性生クリームが生チョコ作りに推奨される理由は、そのコク深く濃厚な味わいにあります。

市販されているような、濃厚な味わいの生チョコを自宅で作りたいなら、動物性油脂が含まれた生クリームの使用がおすすめです。

 

生チョコ作りにぴったりな生クリームの乳脂肪率は?

スーパーマーケットの生クリームの棚には、乳脂肪分が35%、40%、47%など、さまざまな種類が並んでいます。

生チョコを手作りする際には、乳脂肪分が35〜40%の生クリームを選ぶことをお勧めします。

 

乳脂肪分が高めの生クリームを使用すると、豊かな風味と深いコクが特徴の味わいになります。

ただし、油脂の分離が起こりやすく、製作過程で失敗するリスクも伴います。

 

反対に、脂肪分が低いと生チョコが適切に固まらないため、これもまた作り手を困らせる原因となります。

 

どの乳脂肪率を選んでもおいしく作ることは可能ですが、乳脂肪率によって好みの食感や風味に変化を付けることができます。

 

乳脂肪率30%台

この乳脂肪率の生クリームを使うと、生チョコは滑らかで柔らかい食感に仕上がります。

コクがあり、初心者にも扱いやすくおすすめです。

 

乳脂肪率40%台

乳脂肪率が高いと、分離しやすい性質があるため、製作時は注意が必要です。

30%台の生クリームよりも濃厚でミルキーな味わいが特徴です。

 

乳脂肪率が高いほど生チョコはしっかりと固まります。

そのため、歯応えのある生チョコを好む方には高乳脂肪率の生クリームが適しています。

 

結論として、レシピにバターを加える場合は乳脂肪分35%の生クリームを、加えない場合は少し高めの40%を目安にすると良いでしょう。

 

生チョコ作りの基本!チョコレートと生クリームの理想の比率は?

生チョコの作成において、生クリームの選択が済んだら、次に注目すべきはチョコレートと生クリームの比率です。

 

美味しい生チョコを作るための理想的な比率は、チョコレートと生クリームの割合が2:1です。

 

生チョコが固まらないという失敗の多くは、生クリームを多く入れすぎることが原因です。

この比率を基本として作れば、失敗する可能性は格段に減ります。

 

さらに、食感の好みに合わせて少し調整することも可能です。

固めの食感が好みの場合は、生クリームの量を少し減らしてみてください。逆に、柔らかい食感を好む方は、生クリームの量を増やしてみると良いでしょう。

 

調整は極端にせず、微細な変更で大きな違いが出ます。

初心者の方は、まずはこの基本比率で試してみることをお勧めします。

 

生クリーム200ml使用時のチョコレート量は?

一般的にスーパーで購入できる生クリームは200mlがスタンダードですね。

一方で、定番の板チョコは1枚あたり50gほどです。

 

200mlの生クリームを使用する場合、必要な板チョコは約8枚になります。

 

これにより、約600gの生チョコを作ることができ、多くの人に配るのに十分な量です。

ただ、チョコレートを湯煎するために刻む作業は少し手間がかかります。

 

なお、スーパーには100mlの使い切りタイプの生クリームもあります。

100mlを使う場合は、板チョコ約4枚が適量で、無駄なく使い切ることができますね。

 

 

植物性生クリーム(ホイップクリーム)で生チョコは作れる?

生チョコの作成において、植物性生クリーム(ホイップクリーム)の使用は十分可能です!

これまでは主に動物性生クリームを使った生チョコの製作に焦点を当ててきましたが、植物性生クリームでも十分に生チョコは作れます。

 

植物性生クリームを使った生チョコは、動物性に比べて軽やかな口溶けとあっさりとした風味が特徴です。味や食感には差があるものの、植物性であるが故に美味しくないわけではありません。

 

では、動物性と植物性の生クリームにはどのような違いがあるのでしょうか。

それを詳しく見ていきましょう。

 

味の違い

動物性:より濃厚でミルクのコクが強い味わい。

植物性:軽やかでさっぱりとした口当たり。

濃厚な味わいを求めるなら動物性の方が適していますが、軽めを好むなら植物性が良いでしょう。

 

色の違い

生クリームは純白色。

ホイップクリームはやや黄色がかった白色。

デコレーションケーキなどでは生クリームの色が重要になりますが、生チョコではどちらの色も問題ないでしょう。

 

消費期限の違い

動物性:未開封で約1週間、開封後は1〜2日。

植物性:未開封で約1ヶ月、開封後は3〜5日。

植物性は保存性が高く、動物性はより新鮮さが求められる性質を持っています。

 

価格の違い

動物性:200mlで約400円。

植物性:同量で100円〜200円程度安価。

植物油脂や添加物が含まれているため、植物性の方が価格は抑えられています。

 

使い分けのポイント

日常的に手軽に生チョコを楽しむ場合は、植物性のホイップクリームが便利です。

一方、特別なギフトとして作る場合は、動物性生クリームのリッチな味わいが好まれるでしょう。

 

使い分けることで、さまざまなシチュエーションに合わせた生チョコを楽しむことができます。

 

植物性生クリーム(ホイップクリーム)を使った生チョコの作り方

生チョコ作りにおいて、生クリームとチョコレートの比率は非常に重要です。

先に紹介した通り、通常の生クリーム使用時はチョコレート:生クリーム=2:1の比率が理想です。

しかし、植物性生クリーム(ホイップクリーム)の場合、少し違うアプローチが必要です。

 

植物性生クリームの場合、

チョコレート:ホイップクリーム=2.5:1

の比率を目安にしましょう。

 

植物性生クリームは動物性に比べて固まりにくい性質があるため、チョコレートの量を増やすことが推奨されます。代用する際は、この割合に注意してください。

 

ホイップクリーム使用時の生チョコ作りのコツ

植物性生クリームを使って生チョコを作る際には、いくつかのコツがあります。

これらを押さえれば、失敗するリスクを減らすことができます。

 

チョコとホイップクリームの割合

既に触れた通り、この比率を守ることで生チョコは固まりやすくなります。

固まらない場合は、チョコレートの量を調節してください。

 

十分な冷やし時間の確保

生クリームを使う場合に比べて、ホイップクリームはもっと長い時間冷やす必要があります。

通常の1.5〜3時間より長く、約5時間冷やしてみましょう。

それでも固まらない場合は、短時間(1時間以内)で冷凍庫に入れるのも一つの手です。

 

適切な加熱

生チョコを作る際には、生クリームを沸騰直前まで温めることが一般的です。

しかし、植物性のホイップクリームは過度の加熱により分離しやすいため、加熱時間には注意が必要です。

温め過ぎないよう、常に様子を見ながら加熱しましょう。

 

 

ホイップクリームで生チョコを作るのは初めは難しそうに思えますが、これらのポイントを押さえれば簡単です。

価格面でも手軽で、思い立ったときにすぐに作れるのが魅力です。ぜひ試してみてくださいね!

 

まとめ

この記事では、生チョコ作りにおいて重要な生クリームの選び方や適切な割合について、動物性と植物性の違い、そして植物性生クリーム(ホイップクリーム)の代用方法などを詳しくご紹介しました。

 

生チョコを作る際、特におすすめなのは動物性の生クリームです。

乳脂肪分が30%台の場合、柔らかい食感で作りやすく、40%台だとより濃厚で歯ごたえがある生チョコが作れます。

美味しい生チョコを作るための理想の比率は「チョコレート:生クリーム=2:1」。

この比率に基づいて、例えば200mlの生クリームに対しては約8枚の板チョコレートが必要になります。

 

また、動物性と植物性生クリームの特性についても触れています。

そして、もし植物性生クリーム(ホイップクリーム)を使用する場合、それに適した比率は「チョコレート:ホイップクリーム=2.5:1」となります。

この場合、植物性の特性を考慮して、分量の調整や冷やす時間、加熱のし過ぎに注意することで、失敗を防ぐことが可能です。

 

生チョコは、動物性生クリームも植物性生クリームも使って、それぞれの特徴を活かしながら楽しむことができます。

お菓子作り初心者の方にも手軽に挑戦できるスイーツです。

材料も手に入りやすいので、ぜひ一度自宅で作ってみてはいかがでしょうか。