暮らし

芯が残ったご飯をふっくら美味しく炊き直しする方法!簡単リメイクレシピも紹介



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

通常どおりにご飯を炊こうとしたら、何故か思い通りに炊けずに、中心部に硬い芯が残ってしまうことがたまにありますね。

 

そんな時、食べてみて「これは残念だけど、捨てるしかないかも…」と感じることもあるでしょう。しかし、ちょっと待ってください、そんなに急いで判断する必要はありませんよ!

 

実は、お酒を少々加えて再び炊き直すというちょっとしたコツを使えば、ご飯を復活させることが可能なんです。これはちょっとした裏技です♪

 

ただし、この方法で完璧にいつも通りのご飯に戻るかというと、正直なところ完全ではないかもしれません。

このアドバイスに従ってご飯を再び炊き直してみて、それでもうまくいかない場合は、そのご飯を使った別の料理へのアレンジを考えてみてくださいね!

 

芯が残ったご飯を見事に再生させる炊き直しのコツを伝授!

さっそくですが、硬い芯が残ってしまったご飯を再度美味しくするための方法を一緒に見ていきましょう!

この方法はただお酒をかけて保温するだけのシンプルなステップですので、手軽に試せますよ。

 

 

① ご飯に穴を開ける

お酒がご飯全体にしっかり行き渡るように、お箸で5~6箇所に穴をあけてください。

 

② お酒をかける

お酒はさっと振りかけるだけで大丈夫です。ご飯をかき混ぜて混ぜ込む必要はないので安心してください!

 

ただし、お酒の種類には少し気をつけましょう。安価な料理酒よりも、品質の良い日本酒を使うと、よりご飯が柔らかくなる効果が期待できます。

 

料理酒には塩分が含まれていることがあるので、ご飯に変な味がついてしまうことも。

なるべく塩分のない料理酒や、通常の日本酒を使用することをお勧めします。

 

かける量の目安は、

  • 2合用 … 小さじ1
  • 3合用 … 大さじ1

ですが、芯の残り具合に応じて調整してみてくださいね。

 

③ 保温する

お酒をかけた後は、炊飯器のフタを閉めて、保温状態で15分ほど放置します。

この間、うっかり炊飯ボタンを押さないように注意してください。

 

④ 確認する

設定した時間が経過したら、フタを開けてご飯の状態をチェックしてみましょう。

うまくいっていれば、硬い芯はなくなり、見事にご飯が復活しているはずです。

 

 

 

というわけで、このようにとても簡単ですよ♪

それでもまだ芯が残っている場合は、ご飯を皿に移し、少量の水をかけてラップをしてから、電子レンジで3分程度加熱してみてください。

 

おそらくこの方法でご飯が水分を吸収し、芯が消えていることでしょう。

 

「最初から水をかければ良いのでは?」と思うかもしれませんが、お酒にはご飯の保湿力を高め、柔らかくする効果があります。

ですから、この点では水よりもお酒の方が効果的です。

 

ただし、お酒を過剰に使用すると味に影響が出たり、ご飯がベチャベチャになることもあります。

芯を取り除くためにお酒を入れすぎてしまうのは避けましょう。

 

ご飯が酒臭くなるだけでなく、食感が損なわれる可能性もありますから。

まさに本末転倒な結果にならないよう、お酒の量には十分注意してください!

 

それでもうまくいかないならリゾットに!簡単リメイク法を伝授

芯が強く残ってしまったご飯がある場合、先に述べた方法を使ってもまだ硬さが気になるかもしれません。

そんな時は、復活させる努力をやめて、代わりに水分をたっぷり含む料理に大胆に変身させてしまいましょう。

 

水分豊富なご飯料理といえば、雑炊やリゾットがピッタリ。

和風か洋風かの違いはあれど、どちらも基本的には似たような料理です。

 

リゾットは通常、生米から作りますが、芯が残ってしまったご飯を使っても全然大丈夫。

水分の量や加熱時間を調整することで、なかなかおいしいリゾットに仕上がりますよ!

 

ここでは、特に美味しいと評判のチーズリゾットを作る手順をご案内しますね。

 

 

① 野菜を細かく切って炒める

まずは、玉ねぎやにんじんを細かく切り、しめじや他のキノコ類を加えてみてもいいですね。

 

② ご飯を加えて混ぜる

野菜がしっかりと火が通ったら、芯が残ってしまったご飯を入れてよく混ぜ合わせます。

今回はお茶碗2杯分を使います。

 

③ 牛乳とコンソメを投入

お茶碗2杯分のご飯に対して、牛乳は200cc、コンソメは小さじ2が目安です。

 

芯の残り具合に合わせて牛乳の量を調節してみてください。

牛乳を多くする場合は、それに応じてコンソメも増やして味のバランスを取ってくださいね。

 

④ 生クリームと粉チーズを追加して煮込む

沸騰し始めたら、生クリーム大さじ3と粉チーズ(お好みで量を調整)を加え、さらに数分間加熱します。

 

⑤ パセリでデコレーション

味見をして、芯が感じられなければ完成です。

パセリを散らして、見た目にも華やかさを加えましょう。

 

 

 

ちなみに、生クリームは質の良いものを使ってください。

その方が味がぐっと引き立ちます。個人的なおすすめはタカナシの純正生クリームです!

 

手間はかかるかもしれませんが、この方法なら芯が残ったご飯でも、濃厚で本格的なリゾットが楽しめます。

 

トマトリゾットやカレーリゾットなど、味のバリエーションを変えて楽しむのもおすすめです。

もし芯がどうしても気になるようなら、ぜひこのリゾットレシピに挑戦してみてくださいね

 

まとめ

ここまで、芯が残ってしまったご飯を再生するための手順をご紹介してきました。

 

ご飯に芯ができてしまったら、まずはお箸で数か所穴を開け、そこにお酒をまんべんなく振りかけてみてください。

そして、炊飯器のフタをしっかり閉めて、保温モードで約15分蒸らすだけで、驚くほど改善されることがあります。

 

それでも芯がなかなか消えない場合は、別のアプローチを試してみましょう。

ご飯をお皿に移し、上から軽く水を振りかけた後、ラップをして電子レンジで加熱するのです。

 

これらの方法を試してもご飯が元通りにならない場合は、雑炊やリゾットのような、水分を多く含む料理へのアレンジを考えてみてはいかがでしょうか。

 

芯が残ったご飯でも、ちょっとした工夫で美味しく変身させることができます。

せっかくのご飯、無駄にせず、これらの方法を試してみてくださいね。

 

ご飯が見事に復活することを心から願っています!