季節・トレンド

神社のどんど焼きにお守りを投げ入れても大丈夫?他にも燃やすことができるものは何?



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

新年の時期によく行われる神社のどんど焼きですが、実際に何を燃やして良いのか、分からない方も多いですよね。

 

「お正月にもらったお守りやお札をどうして良いかわからず、持ち帰ってしまった」という方も少なくないはず。そう、私もその一人です(笑)。

 

そこで、「神社のどんど焼きで燃やせる物は一体何か」という疑問を解決するために調査してみました!

 

神社のどんど焼きではお守りを燃やすことができる?

どんど焼きは神々を見送る神聖な行事で、原則として「神社に奉納可能な物」ならば、焼くことが可能です。

 

具体的には次のような物です。

  • 破魔矢
  • おみくじ
  • お札
  • 神具
  • お守り

 

これらは、神社のどんど焼きで燃やすことができます。

 

ただし、地域によっては「お守りはNG!正月飾りのみ可!」というルールを設けているところもあるようです。

 

そのため、最も確実な方法は、近隣の神社に直接確認を取ることです。地域によって異なる場合があるので、一概には言えませんね。

 

なお、「年賀状」や「お年玉袋」など、神社とは関連のない物はどんど焼きで燃やすことはできませんのでご注意ください。

 

 

「どんど焼き」とはどんな行事?

「どんど焼き」というのは、一体何なのでしょうか?

実は、これは神社の境内で行われる、神様に捧げられた門松やしめ縄などを燃やす行事です。

 

この行事は、神様に向けて「新年の訪れに感謝し、今度は天に戻っていただくためのお見送り」として行われます。

通常、この行事は1月15日前後に多く行われています。

 

また、書初めも一緒に燃やすことがあり、高く舞い上がる書初めは「筆跡が上達し、知恵が増す」とされています。

そんな風習があれば、たくさんの書初めを燃やしたくなりますね(笑)。

 

地域によって異なるどんど焼きの風習

地域によっては、どんど焼きに関連するさまざまな風習があります。

 

  • 焼いた鏡餅や団子を食べて、健康や無病息災を祈る
  • 焼いた後の灰を持ち帰り、自宅周辺に撒いて健康を願う

 

私の家では、鏡餅を焼いて、それをお雑煮にして食べる習慣がありました。

焼き目がついた鏡餅の微妙な味が、とても美味しかったことを今でも覚えていますよ。

 

お守りの正しい扱い方について

お守りには正式な扱い方があることをご存知でしたか?

実は、お守りはその神社やお寺に返納するのが適切なマナーとされています。自分で焼いたり、ごみとして処分するのは避けましょう。お守りを返納する際には、大体1年が目安です。

 

お守りを返すときには

「これまで守っていただきありがとうございました」

という感謝の気持ちを込めて行います。

 

旅行先で購入したお守りについては、「近くの神社で返納しても大丈夫」というのが一般的な見解です。

これを知って安心しました。

 

私は旅先でよくお守りを購入するので、購入した場所に限定されていたら困ってしまいます(笑)。

 

なお、お守りを返す時期は、年末年始に限らず、1年間の間であればいつでも大丈夫とのことです。

 

まとめ

  • どんど焼きは天に戻る神様をお見送りするための神聖な行事
  • お守りは元々の神社やお寺に返納するのが礼儀
  • どんど焼きでは神社に納められるものなら燃やせるが、地域によっては禁止されている場合もあるので確認が必要

 

どんど焼きって、実は神様が天に戻るのをお見送りするためのすごく大事な行事なんですよ。

お守りは、どんど焼きの時に、神社に納めるものなら焼いてもいいけれど、場所によってはダメってこともあるため、ちゃんと確認してみるのが大切ですね。

 

このことを知って、お守りや他の神聖なものをどう扱うかについて、もっと心を込めて考えるようになりました。

大切にすることで、自分たちの心が豊かになるし、神様への感謝の気持ちを表せるんだと思います。

 

次にお守りを返す時は、今までのありがとうをしっかりと伝えるいい機会にしたいなと思っています。

それに、地域によって違う風習があるのも、日本の文化の奥深さを感じさせてくれますよね。