季節・トレンド

読書感想文のあらすじの書き方って?どのくらい書いてもいい?わかりやすい例文もご紹介



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

夏休みの宿題で特に頭を悩ませるのが、読書感想文ではないでしょうか。

本を一生懸命読んだ後、感想文を書こうとしたら、気づけば原稿用紙があらすじだらけ。

こんな経験、ありませんか?

 

「原稿用紙にあらすじをどれだけ書けばいいの?」

「あらすじはどの程度まで詳しく書くべき?」

これらは多くの人が抱える疑問です。

 

そこで、今回は「読書感想文でのあらすじの書き方」についてお話しします。

 

さらに、小学生から高校生まで役立つ、見本となる例文もご紹介します。

これから読書感想文を書く方は、ぜひこれらのポイントを参考にしてみてください。

きっと、書き始める前の不安が少しは解消されるはずです。

 

読書感想文におけるあらすじの書き方

あらすじはどこまで詳しく書くべき?

読書感想文を書く際、まず考えるべきは、あらすじをどの程度まで書くかです。

多くの人が、「読書感想文の最初にあらすじを書くけれど、これって本当に必要?」と疑問を持つことでしょう。

 

実は、読書感想文の目的は、読んだ本に対する個人的な感想を述べること。

それを踏まえると、あらすじを詳しく書く必要はないのです。

 

あらすじの書き方と適切な長さ

「あらすじを書くのが面倒だ」「あらすじで文字数を稼ぎたくない」と感じる場合は、あらすじを書かなくても大丈夫です。

重要なのは、本の感想を主体に書くことです。

 

しかし、「あらすじが半分以上を占めてしまった」という場合は注意が必要です。

特に文章作成が苦手な場合、あらすじを長くしてしまう傾向がありますが、過度なあらすじは避けた方が良いでしょう。

教師から「これは本の内容の紹介でしかない」と指摘されることもあります。

 

適切なあらすじの長さは、全体の1割から3割程度が目安です。以下は、原稿用紙の枚数に応じたあらすじの適切な文字数です。

 

  • 原稿用紙2枚:約80~240文字(約4~12行)
  • 原稿用紙3枚:約120~360文字(約6~18行)
  • 原稿用紙4枚:約160~480文字(約8~24行)
  • 原稿用紙5枚:約200~600文字(約10~30行)

 

原稿用紙の枚数について

学校によって、読書感想文の原稿用紙の枚数は異なることが多いです。

一般的には以下のような枚数が目安です。

 

  • 小学1~2年生:約2枚
  • 小学3~6年生:約4枚
  • 中学生・高校生:5枚以上

 

この枚数を参考に、あらすじの量を調整すると良いでしょう。無理にあらすじを長くする必要はありません。感想文は、感想がメインであることを忘れずに。

 

あらすじで文字数を増やす方法とその考え方

読書感想文では、あらすじを短くするのが一般的ですが、中には「本の感想を書くのが難しい」と感じる人もいるかもしれません。

そんな方々は、あらすじを多くしてしまうこともあるでしょう。

 

「先生からの評価は気にしない、とりあえず書けばいい」と考える人もいるかもしれませんね。

そういった場合、あらすじを多めにするのも一つの方法です。

もちろん、その場合は評価が低くなる可能性があるので、それは自己責任となります。

 

ただし、読書感想文がすべてを決めるわけではありません。

もし他に集中したい活動があれば、読書感想文は手短に終わらせ、得意な分野に時間を割くのも一つの選択です。

私個人的には、それで十分だと思いますし、私の子供にも同じことを伝えています。

 

ただし、あらすじが全体の9割を占めるような読書感想文は避けた方が良いでしょう。

読書感想文が苦手な方のために、以下のページで簡単な書き方を紹介しています。

特に中学生までの範囲であれば、これらの方法を使えば問題なく対応できるでしょう。

https://uriblo.com/trend/syogakko-kansoubun-kakikata/

 

読書感想文のあらすじの簡単な書き方とコツ

あらすじの配置:どこに書く?

読書感想文を書く際、多くの人が「あらすじはどこに書くべきか」と疑問に思うことでしょう。

特に、あらすじの配置に厳密なルールはありませんので、好きなタイミングで書くのがベストです。

 

一般的には、文章の始めの部分にあらすじを配置することが多いですが、これはあくまで一つの例に過ぎません。読書感想文の典型的な構成は以下の通りです。

 

  • タイトル
  • 書き出し(本を選んだ理由)
  • 本文1(あらすじ)
  • 本文2(感想や自分の体験談)
  • まとめ(本から学んだこと)

 

 

小学生向けの構成ですが、基本的にはこの流れで書くと分かりやすいです。

 

あらすじの書き方:5W1Hを活用

国語の授業で学んだ「5W1H」を活用すると、あらすじを書きやすくなります。

 

  • Who(誰が)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どうやって)

 

ただし、これらを全て使う必要はありません。

 

主要な内容を伝えるために「誰が何をした」という基本情報だけでも十分です。

複雑にしすぎると理解が難しくなるため、シンプルな表現が望ましいです。

 

物語の流れに沿ってあらすじを書く

あらすじは物語の流れに沿って書くのが良いでしょう。

例えば「桃太郎」の場合、以下のようにシンプルにまとめることができます。

 

  1. おばあさんが川で拾った桃から、桃太郎が生まれた
  2. 大きくなった桃太郎は、悪さをする鬼を退治に出かけた
  3. 途中で犬、サル、キジを仲間にし、鬼ヶ島で鬼を退治
  4. 村に平和が戻った

 

このように、物語の重要な部分を簡潔にまとめることがポイントです。

あらすじを短くまとめれば、感想の部分により多くのスペースを確保できます。

 

例として、以下のように桃太郎の話をまとめることができます。

 

桃太郎は桃から生まれ、おじいさんとおばあさんに育てられて成長しました。彼は村で悪さをする鬼を討つために冒険に出発し、仲間の犬、サル、キジと共に鬼ヶ島に到着しました。桃太郎と仲間たちは力を合わせて鬼を撃退し、村を平和に戻しました。

 

さらに簡潔にまとめると、以下の通りです。

 

 

桃太郎は桃から生まれ、きびだんごで仲間を得て鬼退治をする話です。

 

このように、一行でシンプルにまとめる方法もあります。

感想部分に重点を置きたい場合は、このくらいの簡潔さが適切です。

 

また、もし詳細なあらすじを書きたい場合は、長めに書いても良いですが、その場合は評価が低くなる可能性を理解しておく必要があります。

 

読書感想文のためのあらすじ例文紹介

読書感想文を書く際に役立つあらすじの書き方をいくつか紹介します。

これらの例を参考に、「こう書けばいいのか」というヒントを得てみてください。

 

『ぼくだけの山の家』(小学校高学年~中学生向け)


ニューヨークの自宅を後にし、キャッキル山脈の奥深い森での一人暮らしを始めるサム。彼はハヤブサの「フライトフル」と共に、自らの力で生き抜くことを決意。火を起こし、山や川から食料を調達し、多くの困難に立ち向かっていきます。

 

 

『ぼくだけの山の家』は、都会の喧騒を離れ、自然の中での生活を選んだ少年サムの物語です。サムは自分の知恵と勇気で様々な困難に立ち向かっていきます。

この家出と冒険の物語は、読者に夢と興奮を与える素晴らしい作品で、小学生高学年から中学生に特におすすめです。

 

 

『まほうのじどうはんばいき』(小学校低学年~中学年向け)


学校からの帰り道、こうへいは「あなたのみかた」と記された神秘的な虹色の自動販売機を発見します。彼がボタンを押すと、思い描いた物が現れます。こうへいはこの自動販売機に夢中になりますが、突然その自動販売機は姿を消してしまいます。

 

 

この物語は、子供たちの想像力と現実の境界を探る魅力的な作品です。こ子供の目線だけでなく、大人の目線からも楽しめます。

小学校低学年から中学年までの子どもにおすすめします。

 

「もしこの自動販売機が実在すれば、私はどのような選択をするだろう?」という視点に立つと読書感想文を書くのも簡単になりますよ。

 

『AIロボット、ひと月貸します!』(小学校中学年~高学年向け)


未来科学研究所での家族旅行中、英太はAIロボットを一月間借りることになります。驚くほど簡単に、彼自身に似たロボットを作り出します。このロボットは、彼がやりたくない作業を代わりに行ってくれますが、やがて英太はロボットに対して不安を感じ始めます。

 

 

この話は、科学技術の進歩とその影響を、子供の目線から描いた興味深い物語です。

現代科学の進歩を背景に、ロボットの便利さと危険性、友情の意味を探求するこの物語は、読書感想文にもぴったりです。

小学校中学年から高学年の子どもに特におすすめです。

 

『5000キロ逃げてきたアーメット』(小学校高学年~中学生向け)


シリアからの難民であるアーメットが、アレクサの学校に新しく転入してきます。しかし、アーメットの両親はまだ見つかっておらず、家族はバラバラの状態です。イギリス政府が難民受け入れを停止しようとする中、アレクサはアーメットを助けるため、思いがけない行動に出ます。

 

 

この物語は、難民問題を子供たちの視点から描き、友情と勇気の大切さを伝えます。

難民問題を子供の視点から描いており、日本ではあまり馴染みのないテーマを取り上げています。

小学生高学年から中学生に向けておすすめし、読書感想文にとっても新鮮な視点を提供するでしょう。

 

 

時間がないときの読書感想文のコツ

もし「読書感想文を書くための本を読む時間が足りない」という状況にある場合でも、安心してください。

 

大抵の本はインターネットで「タイトルとあらすじ」を検索することで、基本的な内容を把握することが可能です。

これにより、本を読んだかのような感想文を書くこともできますが、もちろん、これはあくまで緊急時の対策として考えましょう。

 

タイトル:『家族の一員タマ』

読書感想文には『美桜のペットさがしノート 大切な家族がいなくなった!?』を選びました。理由は、私自身が家で猫のタマを飼っており、この本がもしペットが行方不明になった場合に参考になるかもしれないと思ったからです。

 

この物語は、美桜が行方不明になったペットを探す冒険を描いています。美桜の猫だけでなく、様々なペットが失踪し、ペット探偵の相原さんが斬新な方法で探していきます。

 

美桜がペットの猫と再会するシーンは非常に感動的でした。もし私のタマが行方不明になったら、美桜と同じように大きな不安に襲われると思います。実は、以前タマが一度行方不明になり、一晩中探し回った経験があります。家族全員で探しましたが見つからず、不安で眠れない夜を過ごしました。しかし翌日、無事に戻ってきた時の安堵感は言葉では表せません。だから、美桜がペットと再会した時の喜びが自分事のように感じました。

 

この本を読んで、ペットが家族の大切な一員であることを再確認しました。タマは私に安心感を与え、一緒に遊ぶ時の楽しさは何物にも代えがたいです。もしタマがいなくなったら、心は悲しみでいっぱいになるでしょう。動物であろうと、一緒に生活していれば家族です。今後も家族の一員であるタマとの時間を大切に過ごしたいと思います。

 

そして、もしもの時には、この本に紹介されているペット探し方を参考にして、タマを一刻も早く見つけ出したいと思います。

 

 

この感想文は、本のあらすじ部分をネットで調べて約30分で書きました(実際に本は読んでいませんが、この感想文でも十分です)。


自分の体験を交えることで、本を読まずにも読書感想文を書くことが可能です。

 

この方法は簡単で、他の人と重ならないユニークな内容を生み出すので、「読書時間がない」ときに試してみてはいかがでしょうか。

 

このように、インターネットで得た情報をもとに、感想文に独自の解釈や感想を加えることで、読んだかのような深い内容を表現することができます。

ただし、できるだけ本を読むことをお勧めします。実際に読むことで、より深い理解と感動が得られるはずです。

 

 

まとめ

読書感想文におけるあらすじの書き方に関して、いくつかのポイントをお伝えしました。

 

あらすじを書く際の重要なコツは、内容を短く、かつ要点を押さえた形で簡潔にまとめることです。

さらに、読書が苦手な方や本を読む時間がない場合でも、インターネット上で手に入る本の要約を参考にして感想文を書くこともできます。これは時間が限られている時に特に便利な方法です。

 

あらすじの書き方は、感想文全体の印象を大きく左右する重要な部分です。

要約の仕方によって、その後の感想の深さや質も変わってきます。

 

ですので、この記事で紹介したポイントを活かし、効果的で印象的な読書感想文を作成してみてください。

読書が苦手な方も、この方法を使えば感想文作成がよりスムーズに、かつ楽しくなるかもしれませんね。

この記事が、読書感想文を書く際の一助となることを願っています。