季節・トレンド

読書感想文の文字数ってどのくらい書けばOK?文字数が足りないときの増やし方も知りたい!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

読書感想文を書く際に、どれくらいの文字数が適切かというのは、よくある悩みですね。

 

指定された原稿用紙を全て埋めるのは大変だけど、あまりにも短いと先生に叱られるかもしれません。

そんな時、どの程度の文字数が妥当かを知るのが役立ちます。

 

そこで、今回は「読書感想文の文字数」についてのアドバイスをします。

小学生から高校生まで、読書感想文の課題に直面しているみなさん、これを参考にしてみてください。

また、文字数が足りない時にどうやって文章量を増やすかについても、いくつかの方法を紹介します。

 

感想文を書く際には、単に文字数を増やすだけでなく、本から得た教訓や感じたことを丁寧に展開することが大切です。これによって、読書感想文はより深みのある内容になるでしょう。

 

読書感想文の適切な文字数について

読書感想文に適した文字数のガイドライン

読書感想文を書く際、特に学校の指定がない場合、文字数をどのように決めるべきかが疑問になりますね。

 

多くの学校では、読書感想文に必要な原稿用紙の枚数が指定されることが一般的ですが、それがない場合の目安としては、青少年読書感想文全国コンクールの文字数基準が参考になります。

 

ここでは、様々な学年に対する推奨文字数が以下のように定められています。

 

小学校低学年(1、2年生):800字以内(約2枚の原稿用紙/40行)

小学校中学年(3、4年生):1,200字以内(約3枚の原稿用紙/60行)

小学校高学年(5、6年生):1,200字以内(約3枚の原稿用紙/60行)

中学生:2,000字以内(約5枚の原稿用紙/100行)

高校生:2,000字以内(約5枚の原稿用紙/100行)

 

文字数の計算方法

コンクールに応募する場合は文字数の計算方法に注意が必要です。

 

こちらが基本的なルールです。

 

  • 題名、学校名、名前は文字数に含まれません。
  • 句読点は1字としてカウントされます。
  • 空白も文字数として計算されます。

 

コンクール向けの読書感想文では、これらのルールに従って本文の文字数を計算します。

 

たとえば小学校低学年の場合、800文字(40行)が基準です。ここでは、タイトルと名前を書く行(通常2行程度)は除外されます。

この基準に従うと、合計で800文字を目安にした場合、原稿用紙は3枚(最後の1枚は2行まで使用)になることが一般的です。

 

読書感想文の適切な文字数ってどれくらい書けば十分?

低評価でも構わない場合

読書感想文を書くとき、適切な文字数を把握するのは難しいですよね。

特に「評価が低くても構わない、とにかく提出したい」と考えている場合、どの程度まで書けば良いのか悩むことが多いです。

 

私の経験では、指定された文字数の約75%を書くと、基本的な要件は満たせると思います(これは個人の感覚ですが)。

 

原稿用紙枚数に対するおおよその75%の目安は以下の通りです。

 

  • 小学校低学年(800字/2枚):約600字(30行以上)
  • 小学校中学年(1,200字/3枚):約900字(45行以上)
  • 小学校高学年(1,200字/3枚):約900字(45行以上)
  • 中学生(2,000字/5枚):約1,500字(75行以上)
  • 高校生(2,000字/5枚):約1,500字(75行以上)

 

このくらいなら、基本的には問題ないと思いますが、これはあくまで一般的な感覚です。

担当の先生によっては「もっと多く書くべき」と考える場合もありますので、不安な方は先生に確認してみると良いでしょう。

 

高評価を目指す場合

もし学校から高評価を得たいと思うなら、75%の文字数では少し少なめかもしれません。

 

文字数が多いからといって必ずしも良い感想文とは限りませんが、一般的には少ない文字数より多い方が好印象を与えることが多いです。

 

高評価を目指す場合は、指定文字数の90%以上を目指すのが良いでしょう。具体的な目安は以下のようになります。

 

  • 小学校低学年(800字/2枚):約720字(36行以上)
  • 小学校中学年(1,200字/3枚):約1,080字(54行以上)
  • 小学校高学年(1,200字/3枚):約1,080字(54行以上)
  • 中学生(2,000字/5枚):約1,800字(90行以上)
  • 高校生(2,000字/5枚):約1,800字(90行以上)

 

この目安を参考にしつつ、内容の充実も心がけると良い感想文が書けるでしょう。

 

コンクールでの受賞を狙う場合

「読書感想文コンクールで賞を獲得したい」と考えている方は、文字数を少し増やすことを考慮に入れましょう。

 

実際、コンクールで受賞する作品の多くは、指定文字数の約95%程度を記述しています。ここでは、各学年におけるその目安を示します。

 

  • 小学校低学年(800字/原稿用紙2枚):約760文字(38行)
  • 小学校中学年(1,200字/原稿用紙3枚):約1,140文字(57行)
  • 小学校高学年(1,200字/原稿用紙3枚):約1,140文字(57行)
  • 中学生(2,000字/原稿用紙5枚):約1,900文字(95行)
  • 高校生(2,000字/原稿用紙5枚):約1,900文字(95行)

 

ただし、文字数が多いからと言って必ずしも受賞が約束されるわけではありません。

内容の質も同様に重要です。良質な内容を多くの文字で表現することが、受賞の鍵となります。

 

具体的にどのような読書感想文が受賞しやすいかを知るためには、過去の受賞作品を確認するのがおすすめです。

これにより、どのようなテーマやスタイルが評価される傾向にあるかを把握することができます。

 

興味のある方は、関連するサイトやリソースをチェックして、参考にしてみてくださいね↓

青少年読書感想文全国コンクール入賞者リスト

 

 

読書感想文の文字数が足りない時の対処法

「原稿用紙がほとんど空白のままで、どうしていいか分からない」という状況はよくあります。

読書感想文を書いていて、文字数が足りないことは珍しくありません。

 

そんな時は、以下のようにして文字数を増やすことができます。

 

本のあらすじを詳しく書く

「感想文の評価は気にしない。とにかく文字数を増やしたい」という場合、本のあらすじの部分を詳細に書き加えるのが一つの方法です。

登場人物のセリフを引用するなどして、より多くの文字数を確保できます。

 

ただし、あらすじの部分を過度に長くすると、原稿用紙が黒く埋まる一方で、評価に影響が出る可能性もあるので、その点は注意が必要です。

 

感想文では、あらすじを適度に取り入れつつ、自分の感想や学んだことにも焦点を当てると良いでしょう。

このバランスを取ることが、良い感想文を書くための鍵となります。

 

読書感想文のあらすじの書き方って?どのくらい書いてもいい?わかりやすい例文もご紹介 夏休みの宿題で特に頭を悩ませるのが、読書感想文ではないでしょうか。 本を一生懸命読んだ後、感想文を書こうと...

 

 

心に響いたシーンの感想を追加する

読書感想文で文字数が100文字以上足りない場合、影響力のあるシーンについての感想を追加するのが効果的です。

 

例えば、次のように書くことができます。

「この本で私が最も印象に残ったのは~~~の場面です。

その時、〇〇は✕✕して△△しました(ここで文字数を増やすために、シーンの詳細を長めに書く)。

この部分を読んで、私は~~~と感じました。」

 

もし、文脈上少し前後のつながりが不自然になっても、大きな問題ではありません。

 

高い評価を得たい場合は、さらに次のような内容を追記すると良いでしょう。

  • 似た経験をした時のエピソード
  • そのシーンから学んだこと
  • 自分がその場にいたらどうするか

 

例:

「実は私も主人公と同じような経験をしたことがあります。その時、私は~~~で、~~~と感じました。だから主人公の感情がとても理解できます。」

 

「このシーンから、〇〇の重要性を学びました。なぜなら~~~だからです。」

 

「もし私がその状況にいたら、おそらく~~~したでしょう。その理由は~~~です。」

 

 

このようなアプローチで感想文を書くと、文字数は自然と増えていきます。

それでも文字数が足りない場合は、さらに心に残ったシーンを2~3個追加すると効果的です。

 

簡潔な表現を詳細に言い換える方法

文字数をわずかに増やしたい時、短いフレーズを少し長めの言葉に言い換えたり、追加の一言を加えるのが効果的です。

特に読書感想文で頻繁に使用される「感動しました」「驚きました」「面白かったです」といった表現は、以下のようにアレンジすることで文字数を増やせます。

 

「感動しました」の言い換え例:

「涙が出るほど感動しました」

「私の心を深く打ちのめした感動でした」

「その勇気ある行動に、ただただ感動しました」

 

 

「驚きました」の言い換え例:

「本当にそんなことが起こるのかと、驚愕してしまいました」

「驚きのあまり、手元のページから目が離せなくなりました」

「予想外の展開に、私は目を疑いました」

 

 

面白かったです」の言い換え例:

「こんなに興味深いことがあるなんて、と感心しきりでした」

「〇〇の場面では、その面白さに夢中になりました」

「思わず声を出して笑ってしまうほど面白かったです」

 

 

これらのように、一般的な表現を少し詳細に言い換えるだけで、感想文の文字数を効果的に増やすことができます。

これらの表現を使い分けることで、感想文はより表現豊かになり、文字数も自然と増えていきます。

 

文字数がほんの少し足りない時の対処法

読書感想文を書いていて、「あと少しで文字数が足りない」という状況はよくあります。

そんな時、以下の簡単な方法で文字数を増やすことができます。

 

改行を活用する

文章の途中で適切に改行を入れることで、必要な行数を増やすことができます。

特に、「この部分は改行しても自然かな」と思う箇所があれば、そこで改行してみましょう。

 

文を分割する

長い文章を持っている場合は、それを2つに分けることで効果的に文字数を増やすことができます。

例えば、以下のように変更することが可能です。

 

変更前:

「主人公が〇〇した時、私は本当にビックリして、こんなことができるなんてスゴイと思いました。」

 

変更後:

「主人公が〇〇した時、私は本当にビックリしました。こんなことができるなんて、スゴイと感じました。」

 

このように文を分けるだけで、わずかながらも文字数が増えます。

 

読点「、」の使用

文章中に読点を適切に挿入することで、文字数を増やすことが可能です。

ただし、読点の使用は文の流れを妨げないように注意しましょう。

 

 

これらの方法は、感想文の文字数がわずかに足りない場合に特に有効です。

しかし、内容の質を保ちつつ、自然な文章構成を心がけることも重要です。

 

文字数を減らすための対処法

あまり発生しないとは思いますが「指定された文字数よりも多く書いてしまった」という場合、文字数を減らす必要があります。

以下に、文字数を減らすためのいくつかの対策をご紹介します。

 

  • 常体語(だ・である調)を使用する

丁寧語や敬語ではなく、常体語を使うことで、文字数を減らすことができます。

たとえば、「~~だと思う」などの表現が効果的です。

 

  • 不必要な読点「、」を削除する

文中の読点が多すぎると文字数が増えるので、必要のない読点は削除しましょう。

 

  • 複数の段落を統合する

2つ以上の段落を1つにまとめることで、全体の文字数を減らすことが可能です。

 

  • 2つの文を1つにする

関連する2つの文を1つにまとめることで、シンプルかつ簡潔な文章にすることができます。

 

長い文章を簡潔に言い換える

長い文章や複雑な表現を、よりシンプルな言葉で表現し直すことで文字数を減らせます。

 

 

特に、丁寧語から常体語への変更は、大幅な文字数削減に効果的です。

 

また、かなり文字数がオーバーしている場合は、あるエピソードを完全に省略することも考えてみてください。

しかし、重要な内容や感想を削除することなく、無駄な部分だけを省くように心掛けましょう。

 

読書感想文の執筆ポイント

リラックスした心構えで書く

読書感想文を書く時、特に真面目な子どもたちが「完璧に仕上げなければ」と圧迫感を感じることがあります。

このような場合、「完全なものを書く必要はない、30%の出来栄えで十分」というリラックスした心構えで書き始めるのがおすすめです。

一度文章が形になれば、後から改善や修正を加えることができます。

 

最初は自由に書き出す

最初は箇条書きで、心に浮かんだことを自由に書き出してみましょう。

文章にする必要はありません。例えば、こんな感じです。

 

  • 〇〇の場面が印象的だった。〇〇が素敵だったから、自分は~~~と感じた。
  • もし自分が主人公だったら、〇〇のように行動したい。それはきっと格好良い。
  • 登場人物の〇〇な部分が魅力的だ。自分は〇〇が苦手なので、そこが羨ましい。
  • この本の重要なメッセージは〇〇だと思う。それを感じる理由は…。

 

思いついたことを書き出し、後で良い順序に並べ替えるだけです。

読書感想文の簡単な構成は以下の通りです。

 

  1. タイトル
  2. 本を選んだ理由
  3. 本の概要
  4. 本文(印象に残った場面やエピソード1~3つ)
  5. 結論

 

 

PC・スマホなどデジタル機器を利用する利点

パソコンやスマートフォンが使用可能な場合、それらで下書きをするのが便利です。

 

デジタル機器では、文章の編集や文字数の調整が簡単に行えます。

ノートや原稿用紙では手間のかかる作業も、パソコンなら容易に対応できます。

 

また、文字数カウント機能がついているのも、書き手にとっては大きな利点です。

 

まとめ

読書感想文の場合、最低限の出来で良ければ、全体の約75%の文字数で十分です。

しかし、高評価を目指す場合は、全体の90%以上の文字数を目標にするのが望ましいでしょう。

 

文字数が足りないと感じたら、以下の方法で簡単に文字数を増やせます。

 

  • 言葉の言い換え: 同じ意味の言葉を少し長い表現に変えることで、文字数を増やせます。
  • 改行の追加: 文章の適切な箇所で改行を加えることで、行数を増やすことが可能です。
  • 感動した場面の追加: 本の中で特に心に残ったシーンとその感想を詳述することも、文字数を増やすのに効果的です。

 

このような方法で、文字数に悩む読書感想文の作成が少しでも楽になれば嬉しいです。

 

感想文は、自分の思いや感じたことを表現する機会ですから、文字数にとらわれずに、自分の言葉で感じたことを伝えることも大切です。

このサイトがあなたの読書感想文作成の手助けになれば、それが何よりの喜びです。