季節・トレンド

読書感想文の題名・タイトルの付け方!簡単にインパクトのある題名をつけるコツをご紹介



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

 

夏休みの読書感想文、タイトルの悩み!

本の読了と感想文の草稿ができたところで(あるいはその前に)、思い立つのが「読書感想文のタイトルってどうしたらいいの?」という疑問。

 

「○○を読んで」というシンプルなタイトルも悪くはないのですが、他の人と同じであまり目立ちませんよね。

 

できれば、「目を引くユニークなタイトル」を考えて、クラスメイトや先生に「この子、なかなかやるな」と感じさせたいものです。

 

そこで今回は「読書感想文のタイトルの考え方・創り方」について、例文を交えてご紹介します。

 

面白くてユニークなタイトルのつけ方から、少し変わったアプローチまで幅広くまとめていますので、読書感想文のタイトルに頭を悩ませている小学生、中学生、高校生、大学生の皆さんは、ぜひ参考にしてみてください。

 

また、原稿用紙でのタイトルの書き方や配置についても併せて説明しますね。

 

読書感想文のタイトル作成法と例文紹介!

読書感想文の題名の付け方1:シンプルスタイル

まず、どのような本にも適用可能な「簡易タイトルの付け方」からご紹介します。

基本的には「読んだ本のタイトルを使う方法」となります。

 

「タイトルを考えるのは面倒」

「何でも良いから簡単に決められる題名が欲しい」

 

そんな方には、次のタイトル例が参考になるでしょう。

 

【タイトル例】

  • 一瞬の風になれを読んでみて
  • ホームレス中学生との特別な出会い
  • 赤毛のアンとの共感
  • 蜘蛛の糸が伝える教訓
  • 羅生門から学んだ私の考え

 

これらの題名で使われている本のタイトルを、あなたが読んだ本のタイトルに変えてみてください。

このようなタイトルなら、大きく考えることなく、手軽に付けられます。

 

どんなジャンルの本にも適用できるのが便利な点です。

 

ただし、最後の「○○から学んだ私の考え」は、中学生や高校生に適しているかもしれませんね。

小学生の場合は、少し使いにくい表現かもしれません。

 

 

読書感想文の題名の付け方2:テーマ性を活かしたタイトル付け

読んだ本にはそれぞれ独自の「テーマ」が存在します。感想文の題名を考える際、本のテーマを直接タイトルにする方法もあります。

 

この方法だと、本のタイトルが長すぎても問題なく、題名を簡潔にすることが可能です。

 

以下に、テーマ別のタイトル例をいくつか示しますので、自分の読書感想文に合うものがあれば是非参考にしてください。

 

また、各テーマに合わせた読書感想文の書き方のコツも併せて紹介します。

 

【友情がテーマの場合】

  • 友情の価値
  • いじめをなくすために私たちができること
  • 友達と共に達成したこと
  • 友達とのケンカと和解
  • 私の大切な友人〇〇

 

友情をテーマにした本の場合、実際の友情に関するエピソードを取り入れると具体的でリアルな内容になります。友人の名前をタイトルに入れても良いですね。

 

【感謝や出会いをテーマにした場合】

  • 感謝の気持ちを伝えたい人へ
  • 「ありがとう」という魔法の言葉
  • 私の人生を変えた出会い
  • あの人と出会わなければ
  • 母への感謝

 

特に小学生の場合、感謝をテーマにした感想文では、家族への感謝を表現すると良いでしょう。特に母親に対する感謝の気持ちを表すと、書きやすいですね。

 

【夢や挫けない心、部活がテーマの場合】

  • 夢を諦めない心
  • インターハイへの道
  • サッカー選手になる私の夢
  • 私の探求する夢
  • 自分らしく生きること

 

部活やクラブ活動に参加している場合は、「自分が目指している目標」を素直に書けば良いでしょう。

 

部活関連の感想文では、目標達成だけでなく、部活動中の苦労や挫折のエピソードも書くとより深みのある内容になります。

 

【戦争や平和がテーマの場合】

  • 8月6日を二度と繰り返さないために
  • 忘れてはならない黒い雨
  • 世界平和の実現可能性
  • 戦争の悲しみと平和の大切さ
  • 私にできる平和への貢献

 

戦争関連のテーマで感想文を書く場合、命の尊厳や平和の重要性に焦点を当てることが多く、深い思索を促されるテーマです。

 

 

読書感想文の題名の付け方3:感想をタイトルに

読んだ本から受けた感情や印象をそのままタイトルにする手法です。

ポイントは「自分の感じたことを直感的でシンプルな表現でタイトルにする」ことです。

 

感想をタイトルにする際、否定的な感情を表現しても問題ありません。

 

その場合は、感想文の中で「どうしてそのように感じたか」「自分ならどうするか」などを詳しく書くと良いでしょう。

 

  • ハッピーバースデイが私に希望を与えた
  • ビリギャルは私の人生の教科書
  • 時をかける少女は好きじゃない

 

このようなタイトルを使うと、感想文の冒頭にタイトルと同じ文を記述し、「なぜそう思うのか」や「その理由は」で続けることができます。

 

  • 「ハッピーバースデイが私に希望を与えた。その理由は~~~」
  • 「ビリギャルは私の人生の教科書だ。なぜなら~~~」
  • 「時をかける少女は好きじゃない。その理由は3つある。まず第一に~~~」

 

まだ感想文の本文を書いていない方は、これらのアイデアを参考にしてみてください。

 

読書感想文の題名の付け方4:主人公の名前を活用

読んだ本で主人公が特徴的だったり、主人公の名前が本のタイトルに使われている場合、読書感想文の題名に主人公の名前を取り入れる方法も効果的です。

 

自伝や伝記に特におすすめのタイトル法です。

 

主人公の特徴をタイトルに盛り込むと、さらに書きやすくなります。

 

  • 坂本竜馬と友達になりたい理由
  • メロスは本当に愚か者だったのか
  • もしも桐島が私だったら
  • ルフィの強さの秘密
  • 私の憧れの戦国武将、織田信長

 

偉人に関する感想文は、その人物の行動や名言に焦点を当てることで、比較的簡単に文章を作成することができます。

 

読書感想文の題名の付け方5:著者名を使用

もし読んだ本の著者が特に有名な場合、本のタイトルではなく「著者名」を題名にするのも一つの方法です。

 

その際、感想文の中で具体的にどの作品を読んだかを明記しましょう。

 

  • 乙武洋匡さんの世界を想像して
  • サリンジャーとの出会いが変えた私の視点
  • 太宰治の「人間失格」をどう見るか

 

読書感想文の題名の付け方6:疑問形を取り入れる

疑問形のタイトルは、一風変わった印象を与えるのに効果的です。

 

  • 〇〇がこの世から消えたらどうなる?
  • 気まぐれをどう治す?
  • もし父がいなかったら?
  • 読書感想文の必要性って何だろう?
  • 人を傷つけてはいけない理由とは?

 

ここでのポイントは「感想文で強調したいメッセージ」を疑問形にして表現することです。

 

例えば「友情の大切さ」がテーマなら、「友情はなぜ必要なのか?」「友達との争いは避けるべき?」などと疑問形で表現します。

 

この方法なら、結論を最初に決めておくことで、本文の構成もスムーズに進められそうです。

 

読書感想文の題名の付け方7:否定的な表現を使う

このアプローチでは、タイトルに否定的な言葉を使ってインパクトを出します。

 

否定的な表現は読者の興味を引きますが、続きが読まれやすくなります。

 

  • 人の膵臓を食べたいなんて理解不能
  • 世界で一番無意味なものは宿題?
  • 友達なんか不要?
  • 先生が嫌いな理由
  • 掃除は無駄な行為?

 

ただし、タイトル通りのネガティブな内容だけでは、望ましい評価は得られない可能性があります。

 

例えば「友達は必要ない。というのも~~~だから。だが~~~も考えられる。結局、友達はやはり必要だ」というように、否定的なタイトルから肯定的な結論へと導く形を取るのがおすすめです。

 

 

読書感想文のタイトル記載位置について

原稿用紙で読書感想文の題名を記載する場所は、「最初の行の上部を2~3マス空けて」記入するのが適切です。

 

名前の記載では、姓と名の間に1マス、名の最後にも1マスの空白を設けると見栄えが良いですね。

 

また、文章を「ですます調」または「である調」で書くかについて悩むこともあるかもしれませんが、どちらのスタイルでも問題ありません。

ただし、個人的には中学生以上では「である調」を使った方が印象が良いと感じます。

 

読書感想文のタイトル作成と例文まとめ

ここまで読書感想文のタイトルについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

「○○を読んで」というシンプルなタイトルも悪くはないですが、少しの工夫で「自分だけのユニークなタイトル」を付けることができます。

 

ぜひ少し創意を凝らして、同級生とは一線を画す読書感想文を作成してみてください。