季節・トレンド

高校生向け卒業文集の簡単な書き方!簡単すぐ書けるテンプレートや例文もご紹介!



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

「高校生のための卒業文集の書き方と例文集が知りたい!」

「卒業文集に書く内容に困っているんだけど、どんなことを書けばいいの?」

「高校卒業文集をもっと簡単に作りたい!」

 

高校生活の終わりに待っているのは、多くの場合「卒業文集」の作成ですね。

クラスメイト全員のエッセイを集めたこの文集は、後になって読むと、当時の学校生活を思い起こさせる貴重な記録になります。

 

でも、高校生の時は「卒業文集に何を書くべきか、書くネタが見つからない」と悩むことが多いですよね。

 

そんな悩みを解決するために、今回は「高校生向けの卒業文集の書き方と例文」をご紹介します。

 

「簡単に書ける便利なテンプレート」や「文集の書き出しのアイデア」などもまとめました。

もし「卒業文集を早く仕上げたい」や「どんな内容を書けばいいのか分からない」と思っている方は、この記事をぜひ参考にしてください。

 

高校卒業文集のテーマの選び方:何を書くべき?

一般的なテーマのアイデア

「高校の卒業文集にはどんな内容を書けばいいのかな?」と思うことがあるかもしれませんね。

大枠のテーマは、小学校や中学校で書いた卒業文集と同じで大丈夫です。

 

もちろん、「書く内容」を小・中学生の時と全く同じにするのは避けましょうが、テーマは似たようなもので問題ありません。

 

以下に具体的なテーマの例を挙げます。

  • 高校3年間を振り返っての思い出
  • 高校生活での学びや努力したこと
  • 部活動やクラブでのエピソード
  • 自分の将来の夢について
  • 就職、大学、専門学校への進学後の目標
  • 友人やクラスメートとの貴重な記憶

 

これらのテーマで書くと、良い卒業文集になるでしょう。

 

高校によっては、教師から特定のテーマで書くよう指示されることもあれば、自由に選んで良い場合もあります。この点は、学校の指示に従うのがベストです。

 

簡単で書きやすい卒業文集のテーマの選び方

手軽に書けるテーマを探しているなら、「高校の思い出」がおすすめです。

このテーマは、実際に最も書きやすいと言えるでしょう。

 

高校3年間で最も心に残った出来事を選んでみましょう。以下のようなイベントが適しています。

 

  • 運動会、体育祭、球技大会などのスポーツイベント
  • 文化祭、音楽祭、合唱コンクールなどの文化活動
  • 修学旅行の思い出
  • 部活動やクラブ活動での大会や試合
  • 委員会や生徒会活動
  • 遠足や社会科見学、ボランティア活動

 

特に、「成功だけの思い出」を書く必要はありません。失敗したエピソードや挑戦の経験も大切です。

たとえば、「失敗から何を学んだか」や「努力の過程で得た教訓」を書くと、卒業文集に深みが出ます。

 

以下のような内容も良いでしょう。

 

  • 最後のインターハイで予選敗退したが、そこに至るまでの努力は無駄ではなかった。困難に立ち向かう精神と耐え抜く力を得た。

 

  • 体育祭で準優勝したが、チームとして一致団結して挑んだ経験は貴重だった。リーダーシップを発揮する機会があり、今後に生きる経験となった。

 

このように書けば、目立たないエピソードでも価値のある卒業文集になります。

 

卒業文集をテンプレートに沿って書く方法

簡単なテンプレート1

「卒業文集を手軽に書きたい」という方のための、非常にシンプルなテンプレートを紹介します。

 

タイトル「高校の記憶」

 

私の高校時代には多くの思い出がありますが、その中でも特に心に残っているのは以下の3つです。

 

最初の印象深い思い出は…です。

 

次に記憶に残っていることは…です。

 

そして、最後の思い出は…です。

 

高校の3年間は、さまざまな出来事がありましたが、それぞれが貴重な経験です。

これらの経験を胸に、卒業後も前向きに進んでいきたいと思います。

 

 

このように書けば、高校時代の思い出を数点挙げるだけで、簡単に卒業文集が完成します。

 

エピソードに焦点を当てたテンプレート2

もう一つのテンプレートは、複数のエピソードではなく、一つの出来事に焦点を当てて書く方法です。

何か特定の出来事について詳細に書きたい場合は、このテンプレートを使ってみてください。

 

 

私が高校で最も力を注いだことは〇〇です。(←主題となるテーマを提示)

 

特にその中でも〇〇に力を入れました。(←テーマに関連する具体的なエピソードを説明)

 

この経験から、私は〇〇を学びました。(←エピソードから得た教訓や成長)

 

この学びを〇〇に生かしていきたいと思います。(←将来に向けての応用や目標を述べる)

 

 

このように構成すると、整理された卒業文集が作成できます。

 

ただし、これだけでは少し書きづらいかもしれません。

このページの下部には、実際の卒業文集の例文も載せていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

 

卒業文集の開始部分:効果的な書き出しの例

高校の卒業文集を作成する際、書き出し部分が決まると、残りの部分もスムーズに進めることができます。

 

いくつかの効果的な書き出しの例をここに挙げますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 私の高校時代で特に印象深い出来事は「〇〇」です。
  • 高校生活で私が一番力を注いだことは「〇〇」です。その理由は……。
  • 将来、私は「〇〇」になりたいと考えています。なぜなら……。
  • 高校を卒業してからの目標は「〇〇」です。理由は以下の通りです……。
  • 大学に進学したら、私は「〇〇」に挑戦したいと思っています。
  • 専門学校に進むことが決まっており、その理由は……。
  • 卒業後の就職に向けて、私は「〇〇」で〇〇したいと思っています。
  • 高校3年間を通じて、私が学んだことは……。
  • 私が高校生活で最も成長したと感じることは「〇〇」です。
  • 尊敬する人物は「〇〇」です。その理由は主に2つあります。
  • 将来的に「〇〇」のような人間になりたいと思います。その理由は……。
  • 高校生活で私が見つけた最も価値あるものは「〇〇」です。
  • 部活動で共に頑張った仲間が、私にとっての最大の宝物です。
  • 高校3年間を振り返って、今最も感謝していることは「〇〇」です。
  • 卒業に際して、私が感謝の意を伝えたいのは「〇〇」です。

 

これらの中から選ぶと、書き出しがスムーズに進むでしょう。

 

複数の書き出しを準備しておき、もし最初の選択がうまくいかない場合は、別の書き出しに切り替えるのも一つの方法です。

 

柔軟に複数の選択肢を持っておくことが、卒業文集の作成を早く終わらせる秘訣ですよ。

 

高校生活の思い出を振り返る卒業文集のサンプル文例

さて、卒業文集の書き方の例をいくつかお示しします。

是非参考にしてみてくださいね。

 

卒業文集サンプル1:高校時代の印象深い思い出

タイトル「高校の思い出」

 

私の高校時代には、特に忘れられない思い出が3つあります。

 

最初の思い出は、2年生の時の修学旅行です。目的地は奈良と京都で、総じて2泊3日の旅でした。特に印象的だったのは、京都での午後の自由行動でした。私たちのグループは、京都の歴史的なお寺を巡り、有名な和菓子店にも立ち寄りました。初めて訪れた場所で、自分たちでリサーチし、計画し、実行するのは非常に楽しく、自分たちで決定することの重要性や自主性を学ぶことができました。

 

二番目の思い出は、寒い季節のマラソン大会です。私たちの学校では恒例のこの大会は、42.195kmの距離を朝から夕方にかけて走ります。運動が苦手な私には毎年このイベントは憂鬱でしたが、いつも最後まで完走することができました。この経験は、困難にも屈しない心と忍耐力を育ててくれました。

 

最後の思い出は、絵画クラブでの活動です。絵を描くことが大好きで、特に油絵に情熱を注ぎました。模写や風景画などを描いていましたが、夏のコンクールで賞を受賞したことは特に誇りに思っています。継続は力なりを実感し、小さな努力が大きな成果につながることを学びました。

 

このように、高校生活で学んだ多くのことを、今後の人生に活かしていきたいと考えています。

 

卒業文集のサンプル文集2 挑戦と成長

タイトル「学級委員長としての日々」

 

私が高校生活で経験し、成長を実感したのは「学級委員長」としての役割を果たしたことでした。

 

高校3年生の時、私はクラスメイトの推薦により学級委員長に選ばれました。最初は消極的で、「最低限のことだけやって終わらせよう」と考えていました。しかし、ある日の先生の一言が私の考えを変えました。「このやり方でクラスは本当にうまくいくのか?自分はそれで満足か?」という言葉でした。

 

それから、私は自分の行動を見直し始めました。普段より堂々とした態度で話し、自らの意見を積極的に表明するように心がけました。また、意見を出してくれるクラスメイトには感謝の気持ちを示し、オープンな議論の場を作るよう努力しました。その結果、クラスの雰囲気は徐々に変化し、皆が積極的に参加するようになりました。先生からも「やる気を見せればできる」という評価を得ることができました。

 

この経験から、「与えられた役割に真剣に取り組むことの重要性」を学びました。私が真剣に取り組むことで、他の人も本気で取り組んでくれるようになりました。

 

卒業後、私は就職することになっています。新しい職場で新たな役割を担うことになるでしょう。そこでも、自分の役割に真摯に取り組み、周囲の環境をより良くするために努めたいと思います。これが私が学んだことで、成功への道を切り開く鍵だと信じています。

 

卒業文集サンプル文集3 目指す夢への道

タイトル「私の目指す道」

 

私が描く将来の夢は、保育士になることです。子供たちが大好きで、子供と関わる仕事に携わりたいとずっと思っていました。以前は漠然とした夢でしたが、高校3年生での職業体験をきっかけに、この夢を実現させたいと強く思うようになりました。

 

職業体験では即座に保育士を選び、地域の保育園で3日間過ごしました。そこで出会った子供たちの活気や素直さに触れ、彼らとの交流を深めました。しかし、明るく元気な子ばかりではなく、内向的な子もいました。特にAちゃんという子が気になり、積極的に関わってみました。最初は控えめだったAちゃんですが、徐々に心を開き、最終日には「先生、ありがとう」とはっきりと感謝の言葉を伝えてくれました。その変化に気づいた先生やAちゃんのママからも感謝の言葉をもらい、子供たちの成長に寄与できた喜びを感じました。

 

保育士の体験は非常に大変でした。子供たちの安全を守り、元気溢れる彼らに対応するのは体力的にも精神的にも要求される仕事でした。さらに、家に持ち帰って制作する活動も多く、疲れることもありました。しかし、子供たちの成長に貢献できること、彼らの可能性を広げることができることが、この職業の魅力だと実感しました。

 

高校卒業後は、保育に特化した大学に進学し、保育士としての資格を取得する予定です。目指すは、一人一人の子供と深く関わり、彼らの笑顔と可能性を引き出すことができる保育士になることです。

 

まとめ

高校となると、小学校や中学校の時とは異なり、自分の将来の夢がより明確になり、書きたいことも具体的になることが多いですよね。

 

しかし、中には「何を書いたらいいか分からない」と感じる方もいるでしょう。そんな時は、焦る必要はありません。

 

「高校での思い出」を題材にして、まずは気軽に卒業文集を書き始めてみましょう。完璧でなくても大丈夫です。

心を込めて書けば、後で読み返した際に「あの頃はこんなことを考えていたんだ」と、感慨深い思い出に変わります。

 

前向きな気持ちでチャレンジしてみてください。