季節・トレンド

小学校低学年向け読書感想文の書き方!簡単に作成できるコツや例文をご紹介



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

夏休みの宿題の中でも、特に残りがちなのが「読書感想文」です。

特に小学校1年生や2年生の場合、本の読み方もまだ難しく、長い感想文を書くことは一層大変です。

学校での具体的な指導が少ないため、親御さんがどのように指導すれば良いか頭を悩ませることも多いでしょう。

 

今回は、小学校低学年のお子様でも簡単に読書感想文を書けるような方法をご紹介します。

読書感想文の書き方のコツや、実際の例文、見本をまとめていますので、読書感想文や作文にお悩みの親御さんは、ぜひ参考にしてみてください。

 

小学校低学年向けの読書感想文の簡単な書き方

読書感想文のアプローチ:低学年の子供たちと親の役割

小学校1年生や2年生の子供たちは、まだ本を読んだり感想を書いたりするのが難しい年齢です。

子供が本をあまり好まない場合もあり、「読書感想文、さっさと書いてしまおう」と促しても、自分一人ではなかなか書けないものです。

 

ここで、親御さんがどれだけ読書感想文の作成を手伝うべきか悩むこともありますよね。

以下のように対応すると良いでしょう。

 

  • 小学校1年生:一緒に本を読み、感想文の書き方を誘導する
  • 小学校2年生:本は子供に読ませ、書き方で困ったら手伝う

 

低学年の子供たちには、まず簡単な本を選び、その本の内容を理解することから始めましょう。

そして、その本に関する基本的な質問をして、子供の言葉で答えさせることが大切です。

このプロセスを通じて、子供たちは自然と感想文の内容を考えることができます。

 

読書感想文は、本の内容を正確に理解することが第一歩です。

その上で、子供自身の感じたことや考えたことを簡単な言葉で表現することを目指しましょう。

親御さんは、子供の考えを尊重し、一緒に感想をまとめていくサポートをすることが大切です。

 

ただし、子供によって得意不得意があり、また親御さんの状況(例えば共働きで忙しいなど)も様々です。

家庭ごとに教育方針も違うので、一概に「絶対に手伝わなければならない」や「手伝ってはいけない」ということはありません。

状況に応じて柔軟に対応しましょう。

 

低学年の読書感想文の書き方

低学年の子供たちの場合、読書感想文に「正しい書き方」はありません。ですので、自由に書いてしまって大丈夫です。複雑に考えずに、中学年や高学年の時の練習として気軽に感想文に取り組みましょう。

 

以下のポイントを意識すると良いでしょう。

 

  • タイトル(題名)
  • 本を選んだ理由(なくてもOK)
  • 本のあらすじ(なくてもOK)
  • 気になった場面とその理由
  • 本を読んでどのように生活に活かしていくか

 

子供が自分で本の感想を話せる場合は、これらのポイントを基に「自分の生活」と結びつけて書くことがコツです。しかし、完璧な感想文を求める必要はありません。子供らしい、自由な表現を尊重しましょう。

 

*具体的な書き方の例は記事の後半で紹介しています。

 

小学校低学年のための読書感想文の書き方と構成

小学校1年生や2年生のお子様が読書感想文を書く際の構成と書き方についてご説明します。

以下の構成が基本で、これに沿って書くと分かりやすいです。

 

  1. タイトル(題名)
  2. 書き出し部分(本を選んだ理由/なくてもOK)
  3. 本のあらすじ(なくてもOK)
  4. 本文:特に気になった場面とその理由
  5. 本を読んでの考察(これからどう生活に活かすか)

 

 

では、それぞれの部分についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

タイトルの考え方

読書感想文のタイトルは、感想文のテーマに合ったユニークなものが印象的です。

例えば以下のように考えると良いでしょう。

 

友情がテーマ:「僕の親友〇〇君」

ペットがテーマ:「ポチが私の家にやってきた日」

感謝や家族がテーマ:「ありがとうを伝えたい人」

夢や部活がテーマ:「僕の将来の夢はプロ野球選手」

環境問題がテーマ:「地球のために私ができること」

戦争がテーマ:「8月6日を忘れるな」

 

タイトルを決めるのが難しい場合は、「〇〇と私」や「〇〇が私に教えてくれたこと」など、シンプルな形式も効果的です。

 

書き出しの作成

書き出し部分では、「なぜその本を選んだのか」を述べると良いです。

例えば、次のように考えてみましょう。

 

  • 「きみのなまえ」を選んだのは、犬のストーリーが魅力的だったからです。私は動物が大好きで、自宅には可愛い犬がいます。だから、この本には興味津々で手を伸ばしました。しかし、実際に読んでみると…

 

  • 「空をけっとばせ」を手に取った理由は、お父さんからのおすすめでした。表紙には鉄棒で逆上がりをする男の子の姿が描かれており、偶然にも私も逆上がりの練習をしている最中でした。この本を読めば、逆上がりのコツを掴むかもしれないという期待から選びました。

 

  • 「先生、しゅくだいわすれました」をチョイスしたのは、タイトルが非常に興味深かったからです。宿題を忘れることは問題ですが、この本のタイトルでは堂々と「宿題を忘れました」と宣言されています。この謎めいたタイトルに惹かれ、中身がどんなものなのか気になり、本を手に取りました。

 

このように、なぜその本を選んだのかを述べることで、感想文の冒頭部分を充実させることができます。

 

本のあらすじの記述

あらすじの記述は、本の内容を簡潔にまとめるものです。

これは必須ではありませんが、読書感想文の量を増やすために役立ちます。

 

もし「読書感想文が苦手」と感じる場合、あらすじ部分を詳しく書くことで、感想文全体のボリュームを増やすことができます。

 

本文の記述のポイント

読書感想文での本文作成においては、本の中で特に印象に残った部分とその理由を記述するのが効果的です。

以下のような形で表現すると良いでしょう。

 

「この本で特に印象に残ったのは、~~~なシーンです。その理由は、~~~だからです。」

 

例えば、「忠犬ハチ公」を読んだ場合、以下のように自分の体験を絡めることができます。

 

「『忠犬ハチ公』で私が感動したのは、ハチが主人の帰りをずっと待ち続けるシーンです。私自身、昨年大切なおばあちゃんを亡くしました。彼女にもう会えないことを悲しんで、たくさん泣きました。おばあちゃんが天国に行ったことを理解していたので、帰りを待ち続けることはありませんでしたが、もしハチ公のように理解できなかったら、私もずっと待ち続けていたかもしれません。」

 

このように個人的な体験を絡めることで、感想文に深みを与えることができます。

 

もし個人的な体験が思い浮かばない場合や、より簡潔に書きたい場合は、以下のような方法もあります。

 

「この本を読んで感動した部分は3つあります。

1つ目は~~で、これによって~~と感じました。

2つ目は~~で、これは~~な点が印象的でした。

3つ目は~~で、特に~~が素晴らしいと思いました。」

 

このように、本を読んで心に残った場面をいくつかピックアップし、その時の思いを簡潔に記述すると、手軽に読書感想文を作成できます。

 

読書感想文のまとめの書き方

読書感想文の最後の部分では、「本を読んで学んだこと」や「その学びを今後どのように活かすか」を書くと良いでしょう。以下のような形式で書くことができます。

 

「〇〇」という本を読んで、自分に自信がなかったけれど、命の大切さや平等さを学びました。これにより、自分自身の命の価値を再認識し、もっと積極的に生きようという気持ちになりました。こうした学びを、日々の生活に積極的に取り入れていこうと思います。

 

もし詳細なまとめを書くのが難しい場合は、以下のような簡単なまとめ方も効果的です。

 

「『〇〇』を読んで、友情の価値を深く理解しました。今後は友達をより大切にし、長く良い関係を維持していきたいと思います。」

 

このように、学んだことを簡潔にまとめることで、感想文に適切な結びをもたらすことができます。

気軽にこのアプローチを試してみてください。

 

 

小学校低学年向けの読書感想文例文の紹介

次に、小学校低学年向けの具体的な読書感想文の例文をご紹介します。

この年齢のお子さんなら、以下のようなスタイルで感想文を書くと良いでしょう。

 

ただし、全文をそのままコピーするのではなく、これを参考にして独自の感想文を作成してくださいね。」

 

※今回はこの本を例に作成してみました↓

『おじいちゃんがおばけになったわけ』のあらすじ

この物語は、亡くなった愛するおじいちゃんが夜な夜な孫のエリックの部屋におばけとして現れる話です。

おじいちゃんは「この世に忘れ物があるから」という理由で、天国にも行かず、土にもならずにおばけとなります。

そこから、おじいちゃんとエリックの「忘れ物探し」の冒険が始まります。

2人はおじいちゃんの家や街を訪れ、多くの思い出を共有します。

物語の終盤で、おじいちゃんが忘れた物が何だったのかが明らかになります。

 

この物語は、おじいちゃんがおばけとして登場するというファンタジックなストーリーで、低学年の子供たちにも魅力的です。

子供たちはこのような話に夢中になり、集中して読むことができます。

ただし、物語の終わりには感動的なシーンがあるので、読み聞かせる保護者の方は感動して涙するかもしれません。その点には注意が必要です。

 

読書感想文例:『おじいちゃんがおばけになったわけ』

感想文のタイトル:「私とジイジの物語」

私はジイジが大好きです。ジイジがいなくなるのは考えたくもありません。ジイジがいなくなったら、一緒に過ごす時間がなくなって、とても寂しくなるからです。

 

しかし、『おじいちゃんがおばけになったわけ』の物語では、亡くなったジイジがお化けとしてエリックの部屋に現れます。普段、お化けは怖いと思っていますが、この話のお化けは怖くありませんでした。愛するジイジがお化けだったから、怖くなかったのだと思います。

 

物語では、ジイジのお化けが忘れ物を思い出してしまい、最終的にはお別れになります。私はジイジと離れるのが嫌ですが、エリックは大丈夫そうでした。おそらく、ジイジとのたくさんの思い出があったから、強くいられたのでしょう。

 

私にもジイジとの多くの思い出がありますが、これからもっと一緒に過ごして、さらに多くの思い出を作りたいと思います。

 

小学校1年生や2年生には、このような自由な感想文が適しています。

また、「とにかく早く読書感想文を終わらせたい」という場合は、前半にあらすじを書き、最後に短い感想を添えるだけでも十分です。

 

これにより高い評価は得られないかもしれませんが、時間をかけずに感想文を完成させることが可能です。

必要に応じて「最後の手段」として利用してみてください。

 

まとめ

小学校低学年の子供たちにとって、一人で読書感想文を書くのはまだ難しいことです。

読み書きはこれから少しずつ覚えていくものであり、完璧な感想文を書く必要はありません。

 

親御さんには大変かもしれませんが、子供と一緒に読書を楽しむ時間を作ることをお勧めします。

完璧な感想文を目指すよりも、「この本、面白かったね」や「この話、どう思った?」といった軽い話題で本の内容について一緒に話してみると、子供も楽しく本に親しむことができます。

 

本を一緒に読んだ後は、子供にストーリーについて感じたことを聞いてみてください。

子供がどんなことを感じたのか、少し話してみることで、感想文のヒントが見つかるかもしれません。

 

子供の感じたことを基に、親子で協力して感想文を作るのも良いでしょう。

ぜひ読書感想文作成を頑張ってくださいね!