季節・トレンド

バレンタイン当日に渡せない人向けのアイデア!当日会えなくても想いが伝わる特別な方法



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

バレンタインデーが間近に迫っているので、特別な人に感謝の気持ちを伝えたくなる季節ですね。

彼氏やご主人がいる方、または気になるあの人に思いを伝えたい方にとって、この日は格別な意味を持つことでしょう。

 

「印象深いサプライズをしたい!」そう思う女性にとって、バレンタインは重要な日です。

しかし、忙しい仕事や学業のスケジュールが邪魔をして、バレンタイン当日に直接プレゼントを手渡すのが難しいこともありますよね。

 

そこで、大切な人にバレンタインの日に会えなくても、何らかの形でプレゼントを渡したいと考えている方へ、役立つアイディアをいくつかお伝えします。

 

バレンタインデーに直接渡せないからこそ、プレゼントの渡し方やタイミングにひと工夫加えてみてはいかがでしょうか?

 

バレンタイン当日に渡せない…早めに渡すのあり?

結論からお伝えすると、バレンタインデーの贈り物を早く渡すのは全然アリです!

 

通常、誕生日や結婚式、出産などの祝い事においては、日にちを前倒しして祝うのは不吉とされていてタブーですよね。

しかし、バレンタインデーに関しては、これらの慶事とは異なるので、早めにプレゼントを渡してもマナー違反にはなりません。

 

ただし、バレンタインデーからあまりにも遠い日に贈ってしまうと、その特別感が失われ、何のためのギフトか分かりにくくなってしまうかもしれません。

そのため、早すぎる贈り物は避けた方が良いでしょう。

 

早めに贈るなら、バレンタインデーの1週間前くらいが適切です。

1月中旬など、2週間以上早い時期は避けるべきですが、そのような場合には、バレンタインデーの後に贈るのもひとつの選択肢です。

 

早めにバレンタインを渡す「メリット」とは?

バレンタインギフトを早く渡すことの利点は以下の通りです。

 

  • 最初のサプライズを演出できる
  • 強烈な印象を与えることができる
  • 当日会えなくても直接手渡し可能
  • 早めの準備で情熱が伝わる

 

バレンタインデー前に贈る一番の利点は、他の誰よりも先に特別なギフトを渡せることです。

 

モテる相手の場合、バレンタイン当日に渡すと、他のギフトと埋もれがちですが、早めに渡すことで、より記憶に残るギフトとなる可能性が高まります。

 

また、早めに準備していたことが相手に伝わり、より感謝されるかもしれません。

 

早めにバレンタインを渡す「デメリット」とは?

早めにバレンタインギフトを渡す際のデメリットは以下の通りです。

 

  • バレンタインの特別感が薄れる
  • 相手によっては「重たい」と感じられる可能性がある

 

バレンタインを早めに渡すデメリットの一つは、イベントの特別感が薄れてしまうことです。

特にバレンタインデーの数週間前に渡すと、その独特の雰囲気が失われる恐れがあります。

 

さらに、親密な関係でない場合に早めにギフトを渡すと、相手に計算された行動と受け取られるリスクや、重く感じられる恐れもあります。

 

バレンタインが過ぎてから渡すのはどうか?

ここまで早めに渡すことの可否を検討してきましたが、バレンタインデーを過ぎた後に渡すのはどうでしょうか。

 

バレンタインデーが終わった後にギフトを渡すと、「今更感」を持たれるリスクがあります。

また、気になる人に「忘れていたのでは?」と思われると、印象が悪くなる恐れもあります。

 

しかし、数日遅れる程度ならば大きな問題はないでしょう。

ただし、ホワイトデーにお返しをする習慣があるため、遅くなりすぎると相手にホワイトデーの準備の時間を与えられない可能性もあります。

 

バレンタインデーの後にギフトを渡す際は、できるだけ早めに渡すよう心がけると良いでしょう。

 

 

バレンタインチョコを直接手渡する時のアイデア【当日会えない場合】

まず、バレンタインデー当日に手渡しは難しいけれど、別の日に直接渡せる場合を考えましょう。

 

バレンタインデーに直接会えなくても、大切なのは「いつ渡すか」です。タイミングを選ぶことで、バレンタインデーでなくても特別な気持ちを伝えることが可能になります。

 

彼とのスケジュールを把握して、彼に強い印象を残せるような渡し方を目指しましょう!

 

バレンタインの後よりも前に渡す

バレンタインデー以外の日に渡す場合、後日よりも前日に渡す方が効果的です。

「バレンタインの日には会えないけど、最初にプレゼントを渡したかった」と一言添えると、彼に特別感を伝えられます。

 

バレンタイン前日が理想的ですが、それが難しければ、2~3日前には渡せるようにしましょう。

早すぎるとバレンタインの雰囲気が薄れる可能性があるため、適切なタイミングを見計らうことが大切です。

 

2人きりのチャンスを活用

2人だけの時間が作れるなら、その時に渡すのも良い方法です。2人きりなら、他人の目を気にせず、彼の目を見て真剣にプレゼントを渡せます。

 

恥ずかしさを感じるかもしれませんが、それがかえって愛らしさを感じさせることも。しっかりとした目線で気持ちを伝えることが重要です。

 

プレゼントと共に自分の気持ちを伝えたい場合は、2人きりになれるチャンスを狙いましょう。そうすることで、特別な瞬間が生まれ、彼との距離が縮まるかもしれません。

 

会った日の遅いタイミングで渡す

バレンタイン前にプレゼントを渡せることは嬉しいですが、出会ってすぐ渡すのは少し待ちましょう。

 

プレゼントは少し待たせてから渡すのが効果的です。彼がバレンタインデーにプレゼントがないと思っていたら、予想外のプレゼントで驚かせることができます。

 

彼が帰るタイミングや、会話の後の別れ際などに渡すのが良いでしょう。

そうすることで、プレゼントをくれたあなたの印象がより強く残り、帰り道や家に帰ってからも、あなたのことを思い出しやすくなります。

 

一日の終わりに起きた出来事は人の記憶に残りやすいので、その日に会える最後のタイミングでプレゼントを渡せると最適です。

 

彼のスケジュールを把握しているなら、適切なタイミングを事前に見つけ出すことができますね。

もしスケジュールの確認が難しい場合は、プレゼントを渡したい日の朝に、さりげなくその日の予定を尋ねると良いかもしれません。

 

バレンタインチョコを間接的に渡す時のアイデア【当日会えない場合】

彼とは近い距離にいても、何らかの理由でバレンタインチョコを直接渡すのが難しい場合、他の方法を考えてみましょう。

 

直接渡す方法とは違うインパクトがありますが、何もしないよりはずっと記憶に残るはず。

年に一度のこの機会を活用する方法をご提案します。

 

直接渡せない場合は、こんな工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

彼のバッグにひそかに忍ばせる

直接会えないけれど、彼のバッグにサプライズでプレゼントを忍ばせるのも一つの方法です。

 

ただし、あまり親しくない相手にはこの方法は避けた方が無難です。

親密でないと、バッグに突然現れたプレゼントに戸惑いを感じることがあるかもしれません。

 

仲が良い相手に限って実行しましょう。

ロッカーや引き出しに彼のバッグがある場合は、控えた方が良いでしょう。

彼の引き出しやロッカーを開けるくらいの勇気があるのなら、思い切って直接渡してみるのも一つの選択ですよ。

 

プレゼントは小さめにして、バッグに入れやすいようにしましょう。

 

学校や職場の机やデスクに置く

間接的な渡し方の定番として、彼専用の場所である学校の机や職場のデスクに置いてみてはどうでしょうか。

 

重要なのは、目立つけれど邪魔にならない場所に置くことです。

 

職場のデスクであれば、他の物や書類に紛れないよう、目立つラッピングを選んだり、物の近くには置かないようにしましょう。

 

学校の机であれば、机の中や引き出しに入れると人目につきにくく、彼にだけプレゼントに気づいてもらえるでしょう。ただし、プレゼントの大きさにも注意が必要です。

 

郵送で届ける

遠距離でなかなか会えない場合は、郵送で彼にプレゼントを届けるのも良い方法です。

 

バレンタインデー当日に届くよう事前に手配することで、直接会えなくても特別な気持ちを伝えることができます。

可能であれば、荷物が届く時間帯を確認しておくと良いでしょう。

 

デパートの地下や専門店などでは、商品を直接配送するサービスを提供している場所もあります。

これなら自分で梱包する必要もなく、チョコレートが溶ける心配もありません。

 

 

このように、バレンタインチョコを間接的に渡す方法は、直接手渡しできない時でも、特別な気持ちを伝える素敵な方法です。

彼の日常にちょっとしたサプライズを加えて、今年のバレンタインを思い出深いものにしましょう。

 

 

バレンタインプレゼントの渡し方のコツ!どうやって心に残る?

バレンタインプレゼントを渡す際、一番大切なのはその方法です。

タイミングを見計らうことで、彼に深い印象を残すことが可能です!

 

直接手渡しであれ、間接的に渡す場合であれ、ただ単に「これ、どうぞ」と渡してしまうと、せっかくのプレゼントが単なる義理チョコのように思われがちです。

 

プレゼント選びはもちろん重要ですが、渡し方やちょっとしたアイデアを加えることで、彼に強い印象を残し、他の人との差をつけるバレンタインにしましょう!

 

プレゼントに短いメッセージを添える

贈るプレゼントには、短いメッセージを添えることをお勧めします。

長い手紙は必要ありませんが、手書きの短いメッセージを添えると良いでしょう。

 

メッセージカードの選び方も重要です。ラッピングや彼の好みを考慮したカラーやデザインを選ぶと、より心に残ります。

 

たとえ100円ショップで購入したカードであっても、自分で選んだものに自分の言葉を込めて伝えることで、感謝の気持ちが伝わります。

 

配送サービスを利用する場合でも、メッセージカードが付けられるオプションがあれば、ぜひ活用しましょう。

 

メッセージがあるかないかで、プレゼントの印象は大きく変わります!

 

バレンタインに添えるメッセージ!職場で片思いをしている彼に想いが伝わる例文を紹介します! バレンタインデーに本命チョコを渡す際、添えるメッセージは大きな悩みのタネです。 特に、職場のあの人への想い...

 

「好きだと思って選んだよ」という一言で渡す

自分のためだけに選んだプレゼントを受け取ると、特別な喜びを感じるものですよね?

 

バレンタインのプレゼントも、彼の好みを考慮して選ぶことが大切です。

彼が喜びそうなもの、欲しがっていたものを選ぶと、彼からの印象も向上します!

 

例えば

  • お酒が好きな彼なら:チョコレートボンボン
  • 甘いものが苦手な彼なら:ビターチョコレートや甘すぎないお菓子
  • 特別な彼なら:高級スイーツや素敵な文房具

 

彼の好みがよく分からない場合でも、「あなたのために選んだんだ」という気持ちを直接伝えるか、メッセージカードに書いて渡すと、彼はきっと喜ぶでしょう。

 

彼を待って直接渡す

バレンタインのプレゼントは、できれば直接渡すのがベストです。

 

人目がある中で渡すのが恥ずかしい、または忙しくてなかなかタイミングが取れない場合、彼が帰るタイミングを狙ってみましょう。

 

バレンタインデーは、義理チョコのように気軽に男性にプレゼントを渡せる雰囲気があります。

特に、普段あまり話す機会がない彼にも、直接渡すことで自分を印象付けるチャンスです。

 

サプライズで渡す

前ぶれなくプレゼントをもらえる喜びは、期待しているときよりも大きいものです。

 

バレンタインデー当日は男性も期待しているため、渡せない場合でもサプライズで渡すのがおすすめです。

例えば、仕事や学校の話をしている途中で、突然プレゼントを渡すといった方法です。

 

バレンタインデーを意識させずにプレゼントを渡すと、彼の喜びはより大きくなるかもしれません。

 

まとめ

バレンタインデー当日に会えなくても、少しの工夫で彼の印象に大きく影響を与えることが可能です!

 

私自身の体験に基づいて言うと、バレンタインの後よりも前日までにプレゼントを渡した方が、彼の反応がより明るく喜びに溢れていることが多いです。

 

印象深いチョコレートの渡し方のポイントを再確認してみましょう。

 

  • 当日渡せない場合は、前日がベスト
  • 会う日の夜に渡す
  • 直接渡せる相手なら勇気を出して直接渡す
  • 配慮を忘れずに不審に思われないようにする

 

そして、何よりも大事なのは、自分の手で書いたメッセージを添えることです。

これにより、誰からのプレゼントかが明確になり、彼にとって選んだ意味が伝わります。

 

多くのプレゼントを受け取る彼でも、あなたの贈り物をしっかり記憶に留めることができるでしょう。

 

彼との関係を深めたい方、バレンタインデーに特別な印象を残したい方も、心に残るプレゼントの渡し方で、がんばってみてください!