季節・トレンド

バレンタインの渡し方…片思いの彼に渡すタイミングは?注意点や渡し方のポイントを伝授



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

義理チョコ、友チョコ、大切な人へのチョコ、様々なチョコが溢れるバレンタインデーの季節がやってきましたが、 片思いの相手に気持ちを伝えるなら、最適な渡し方は何でしょうか。

 

本命でも彼氏と片思いの相手では、チョコの渡し方やタイミングなど、注意すべきポイントが異なることもありますね。

 

そこで今回は、 片思いの相手へのバレンタインデーのチョコの渡し方について、タイミングや場所などの注意点を含めてご紹介していきたいと思います。

 

バレンタインデーに片思いの相手にチョコを渡す際のポイントは?

二人の現在の関係を考慮して方法を選ぼう!

片思いの相手にバレンタインデーにチョコを贈る場合、既に親しい関係なのか、顔見知り程度なのか、二人の現在の距離によって渡し方も異なってくるのは確かですね。

 

ただただ憧れているだけの片思いである場合、突然の告白は相手にとっても驚きであり、予想外の展開になるかもしれません。

 

逆に言えば、友達以上でありながら恋人未満の関係であれば、チョコを贈ることで二人の関係がより進展するきっかけとなるかもしれません。

 

ですので、まずはバレンタインデーの後に、片思いの相手とどのような関係になりたいのか、また何をアピールしたいのかを考えて、チョコの渡し方を工夫することが大切ですね。

 

バレンタインデーには結果を急がないようにする!

片思いの相手にバレンタインチョコを贈る場合、贈り方を工夫しても相手の気持ちや状況は変えることはできませんよね。

 

また、既に仲の良い相手であっても、バレンタインにチョコを渡してギクシャクしてしまうことを心配する気持ちもあるでしょう。

 

でも、片思いの相手にチョコを贈ることは、ゴールではなく最初のきっかけにもなるイベントなのです。

 

もし相手が勉強や仕事で大変な状況にあったり、自分に気持ちが向いていない場合でも、好意を伝えることで何かが変わるかもしれません。

 

ですので、片思いの相手にとってバレンタインのチョコは重要ですが、結果を急ぐことはせず、渡し方にも考慮したいポイントでもありますね。

 

バレンタインデーで片思いの相手にチョコレートを渡す際の注意点は?

バレンタインにチョコレートを贈ることは必ずしも告白ではない

バレンタインデーにチョコレートを渡すことが告白と直結すると考えられがちですが、必ずしもそうではありません。

 

例えば、親しい職場の同僚やクラスメイトの場合、あいまいな方法で渡すと、本命の意味を伝えられない可能性もあります。

 

そのため、バレンタインデーをきっかけに関係を深めたいと思う場合は、相手にきちんと気持ちが伝わる方法で渡すことが大切です。

 

逆に、すぐに付き合うことは難しそうでも、好意を伝えるためにチョコレートを渡すことはもちろんありです。

 

過度に重たくならないよう注意すること!

あまりにも重い態度を取ると相手が引いてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

片思いの相手にチョコレートを渡す方法は、自分の気持ちを伝えたいあまりに焦ってしまうと、相手に重く感じられる可能性があるので注意が必要です。

 

例えば、彼氏にチョコレートを渡す場合は、チョコレートにギフトや手作りの特別なチョコレートなども喜ばれるプレゼントですよね。

 

しかし、片思いの相手に贈る場合は、過激すぎることも避けるべきです。

高価なチョコレートや贈り物は、相手にとって負担になる可能性もあります。

 

また、あまりにも親しくない相手からの手作りチョコレートも、相手によっては遠ざけられる可能性があるので注意が必要ですね。

 

片思いの彼にバレンタインチョコを渡すタイミングはいつ

チョコの贈り方の基本は二人だけの時間を見計らうこと

片思いの相手にチョコを渡す際は、タイミングが重要ですが、他の邪魔が入らない、二人だけの時間をできるだけ作ることが基本です。

 

学生同士であれば、放課後や休み時間など、二人きりの時間を作り、手渡しするのが最も確実です。

 

また、職場で片思いの相手がいる場合は、彼が休憩中などで一人になるタイミングを見計らって渡すのが良いでしょう。

 

それでも普通にしていて二人きりになれない状況であれば、彼を呼び出すことももちろんありですが、なるべく自然に行うことがポイントですよ。

 

難しい時はみんなと一緒でも差別化を図る!

バレンタインデーは二人だけの瞬間に手渡すことが理想的ですが、片思いの場合、相手の協力がないので難しいこともありますよね。

 

そんな時は、他の人にも義理チョコを一緒に渡して、メッセージや中身で本命と分かるように差別化する方法もおすすめです。

 

また、予期せぬ状況で二人きりになれなくて、あいまいなやり方になった場合は、後で連絡して気持ちを伝えるなど、柔軟に対応することが大切ですよ。

 

片思いの人にチョコを渡す場所としておすすめのスポットは?

人気の薄いキャンパスやオフィス内の穴場スポットを見つけよう!

バレンタインデーには、二人きりの状況が最適なので、キャンパス内やオフィス内で人気の薄い場所や時間帯をチェックしておくことをおすすめします。

 

もし相手と同じルートで通勤や通学している場合は、そのタイミングを見計らってプレゼントを渡すチャンスを作ることもできますが、そうでない場合はやはりキャンパス内やオフィス内でのプレゼントが良いですよね。

 

しかし、せっかく色々な工夫をしても、肝心なタイミングに邪魔が入ってしまっては台無しです。

 

そこで、人の出入りが多い学校や会社でも、意外と人気が薄い時間帯に穴場スポットが存在しているので、事前にチェックしておくと良いですよ。

 

通勤や通学のルート周辺・公園やお店・駅など

片思いの相手が通勤や通学をするルートやタイミングを把握している場合、バレンタインに会社や学校の行き帰りを狙ってチョコレートを渡すのは良い方法です。

 

もちろん、絶対にダメというわけではありませんが、相手も急いでいる朝よりも時間に余裕のある帰り道の方がベターでしょう。

 

また、一緒に帰るタイミングを合わせて呼び止めるのも良いですが、難しそうなら公園やカフェなどのお店に呼び出すのもアリですね。

 

他にも駅で待ち伏せするなどの方法もありますが、注意が必要です。一歩間違えると相手に警戒心を抱かせてしまう可能性もあるので、軽やかなアプローチが重要ですよ。

 

タイミングも場所も柔軟性が重要!

二人だけの時間、仕事や学校の行き帰り、人気のないオフィスや学校内など、いろいろな計画を立てても、バレンタインデーには予期せぬ事態が起こる可能性ももちろんあります。

 

ですので、計画した通りに進まず、バレンタインデーに片思いの相手にチョコレートを渡せないことも100%ないとは言えません。

 

せっかく決心して渡し方をいろいろ考えたのにうまくいかないと、縁がないのかな…と後ろ向きになってしまうかもしれませんね。

 

ですが、バレンタインデーは結局のところ、ただのきっかけに過ぎませんので、14日が15日になっても何の問題もありません。

 

例えば、当日チョコレートを渡せず、一日遅れのバレンタインデーになっても、伝えたい自分の気持ちを大切にすることが日付よりも重要ですよね。

 

ですので、万一予定通りの渡し方ができなくても、最後まであきらめずに頑張れば、恋の神様はきっと微笑んでくれるものですよ。

バレンタインデーに片思いの相手に添えるメッセージ

あまり親しい関係ではない場合

片思いの相手にバレンタインチョコを贈る場合、チョコ自体に匹敵するほど、メッセージは重要な要素となります。

 

もしも、あまり親しくない相手に片思いしているのであれば、バレンタインを二人の距離を縮めるきっかけにしたいと思いますよね。

 

そのため、回りくどい表現は避けて、以下のようなシンプルなメッセージを添えることも良いでしょう。

 

「ハッピーバレンタイン♡義理チョコじゃないです!」

 

また、直接口で伝えることが難しい場合は、以下のようなメッセージもおすすめです。

 

「ずっと○○さんのことが気になっていました。ハッピーバレンタイン!」

 

なお、相手へしっかりと気持ちを伝えたい場合は、相手の好きな点などを加えることも良いですね。

 

好きな人と既に親しい関係の場合

好きな人と既に親しい関係であれば、あいまいな方法では友チョコや義理チョコと勘違いされる可能性もありますよね。

 

ですから、仲の良さ故に、よりダイレクトなメッセージで気持ちを伝えることが重要です。

 

しかし、バレンタインでは、「好きだよ、付き合ってください」と言う言葉を使わなくても、便利な表現がありますよね。

 

「本命ですよ!」

 

そう、この短いフレーズがメッセージのどこかに添えられれば、きっと気持ちは好きな人に伝わるはずです。

 

まとめ

気になる人へのバレンタインのチョコの贈り方について、タイミングや場所などのポイントもご紹介いたしました。

 

バレンタインデーは、気になる人に自分の気持ちを伝える絶好の機会なので、ぜひ上手に贈る方法を考えて、お互いの関係を進展させるきっかけにしてくださいね。