仕事・マナー

入学祝いは誰に渡す?親と子供どっち?贈る時期や渡すときのマナーも解説



※本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります



 

 

入学祝い、誰にどう渡したらいいのか悩むことありますよね。

親の方がいいのかな、それとも子ども本人に直接?

 

もし品物なら、子どもに直接渡すのも自然ですが、お金の場合はちょっと考えものです。

 

ずばり!入学祝いは、子供の保護者に渡すようにするのがベスト。

これは、入学祝いが「子供のこれからの学びの場での生活を支援するための資金」として提供されるものであるためです。

 

この記事では、

・子供の入学祝いは本人と親のどちらに渡すべきか

・子供の入学祝は子供と親のどっちのものと考えるか

・入学祝を贈るときのマナーとエチケット

について詳しく解説します。

是非参考にしてみてくださいね!

 

入学祝いは誰に渡す?子供と親どっちが正解?

入学祝いを本人であるお子さんか、親御さんどちらに渡すべきか…悩みますよね。

入学祝いは、基本的にはお子様のご両親にお渡しするのがふさわしいです。

 

入学祝いの本来の目的は、「これから始まる学校生活を応援したい」という気持ちからです。

ランドセルや服、自転車など具体的なアイテムをプレゼントする場合は、直接お子様にお渡ししても大丈夫です。

しかし、お金を贈る際は、どのように使うかをしっかり管理できるご両親にお渡しする方がいいでしょう。

 

お子様に直接お金を渡してしまうと、お年玉と同じように考えてしまい、予期せぬ小遣いとして使われてしまうことがありますからね。

 

たとえ高校生や大学生であっても、まだ学生生活を送っている以上は、保護者の方のサポートが必要です。

そのため、入学祝いはご両親を通じて贈るのが一番です。

自立してからは、就職祝いなど、直接本人に贈るのが適切かと思います。

 

プレゼントをお渡しする時は、お子様がその場にいるときにご両親へ手渡すのがおすすめです。

これは、プレゼントをもらったことをお子様にも知ってもらうためです。

 

お子様に対して何かを期待するわけではなく、将来お子様が大人になった時、入学祝いを受け取った記憶を振り返り、プレゼントの意味を深く理解し、次の世代への贈り物として心を込められるようになってほしいからです。

 

入学祝いは子供と親…誰のものなの?

入学祝いについてじっくり考えてみると、根底にはお子さんの幸せを願う気持ちがありますよね。

お子さんが新しい学びの舞台に無事に足を踏み入れることを心から祝福する、そんな温かい想いで私たちは祝福の気持ちを送るんです。

 

ですが、入学祝いをどう使うかという点になると、ただ単に遊びや楽しみに使うためではないんですね。

表面的にはお子さんに向けたもののように見えても、実は「お子さんの成長や学習をサポートするために、親御さんが使うべき資金」と考えるべきです。

 

つまり、「お子さんの楽しみのため」というよりは、「お子さんの未来のために必要な経費を、親御さんが管理・運用する」というのが本質的な意味です。

これには、学校生活で必要になる教材や制服、入学に伴う様々な費用が含まれるわけです。

 

そんなわけで、入学祝いは「お子さんのために、賢く使っていただきたいもの」と考えるのが自然です。

もちろん、「何か好きなものを買ってね」と言いながら贈ることもあるでしょうが、実際には「お子さんの将来のために必要なものを選んでほしい」という深い願いが込められています。

 

このように考えると、入学祝いを贈る行為は、お子さんの成長をしっかりとサポートするための一助となる親御さんへの援助としての役割を担っているんですね。

 

入学祝いの金額の目安と贈る際のマナー

入学祝いを贈る際の金額には、贈る相手との関係性や親しさに応じて変動があります。

特に、甥・姪や孫に贈るケースが多いので、これらの状況を基にした一般的な金額の目安を紹介します。

 

入学祝いの金額の目安

小学校への入学祝い

  • 甥・姪へは10,000円から20,000円
  • 孫へは10,000円から30,000円

 

中学校への入学祝い

  • 甥・姪へは10,000円から30,000円
  • 孫へは10,000円から50,000円

 

高校への入学祝い

  • 甥・姪へは10,000円から30,000円
  • 孫へは30,000円から50,000円

 

大学への入学祝い

  • 甥・姪へは10,000円から50,000円
  • 孫へは30,000円から100,000円

 

これらの金額は、あくまでも一般的な目安に過ぎません。

 

入学祝いについては、多くの方があらかじめ一律で1万円や3万円といった金額を設定しています。

特に、孫や甥・姪がたくさんいる場合、事前に金額を決めておくと、その都度悩む必要がなくなり便利ですよね。

 

一方で、思いがけず高額な祝い金を送る祖父母もいらっしゃいます。

こうした場合は、その家庭なりの事情や考えがあるのでしょう。

ですから、入学祝いの相場に囚われすぎず、ご自身の判断で適切な額を選ぶことが大事です。

 

具体的な物品を贈る場合、ランドセルや図書カード、文房具、腕時計などが挙げられますが、贈る前には相手のご家族とよく相談して決めると良いでしょう。

 

また、過去にお子様から入学祝いを受け取ったことがある方には、その時と同じ金額を贈るのが無難です。これは相手に対する配慮としても大切なポイントになりますよ。

 

いつ贈る?入学祝いのベストなタイミング

入学祝いを選ぶにあたって、渡す最適な時期はだいたい3月の早い頃から中旬にかけてが一般的です。

 

この時期なら、入学に向けて準備が本格化する前に渡せるので、受け取る家族も計画的に準備が進められるでしょう。

特に、入学前はいろいろと出費が重なるもの。

贈られたお金で具体的なものを購入しやすくなりますし、お礼を伝えやすいですよね。

 

もし郵送で贈る場合には、3月中旬までに届くように、現金書留で送るのが良いでしょう。

また、物を贈る場合には、急ぎ過ぎず、相手とよく相談してから決めましょう。

 

入学祝いを渡すときのエチケット

入学祝いを渡す際には、たくさん包むことで相手を喜ばせようと考えがちですが、他の人とのバランスも大切にしましょう。

あまりに多額だと、他の人を気まずくさせてしまったり、逆に少なすぎると自分たちが恥ずかしい思いをするかもしれません。

他の人との相談が難しい場合は、相場の範囲内で考えると良いですね。

 

友達のお子さんへの入学祝いも、贈る側の良い意味での気持ちが、受け取る側にとって負担にならないように注意が必要です。

入学祝いは基本的にお返し不要とされていますが、それは家族間での話。

友人間では、お返しの慣習が伴うことが多いです。

後々の関係が悪くならないよう、贈る前にしっかりと話し合い、お互いに納得のいく形を見つけることが大切です。

 

入学祝いの贈り方のコツ

入学祝いを現金で贈る場合、適切なのし袋を使用することが重要です。

ここでは、のし袋の選び方や記入方法について、簡単に解説します。

 

水引の選び方

一般的には紅白の蝶結び(花結び)が用いられます。地域によって金銀や白黄などのバリエーションがありますが、迷った際には紅白を選べば安心です。

 

表書きの書き方

上段には「御入学祝」「祝御入学」など、下段には贈る人の名前を記載します。

 

中袋について

金額と贈る人の住所、氏名を記入しましょう。

 

のし袋の選び方や書き方、金額の入れ方など、細かなルールがあります。

マナー違反にならないよう、注意深く選ぶ必要があります。

もっと詳細を知りたい方は、関連情報をチェックしてみてください↓

入学祝い用のし袋の書き方!かわいいデザインの書き方も解説 新学期が始まり、学校に入学する子どもへの入学祝いを贈ることがありますね。 親しい間柄であっても、やはり祝い事ですの...

 

まとめ

甥や姪、孫の成長はとても嬉しいものです。

入学祝いは、彼らの成長を祝う大切な機会であり、家族としての絆を深めるチャンスでもあります。

 

直接子供に渡すのも魅力的ですが、親への感謝の気持ちを込めて贈ることも大切です。

子供のための祝いであると同時に、親への労いの意味も持たせたいものですね。