美容・ファッション

自転車通勤はおしゃれできない!?少しでもおしゃれを楽しむために!

自転車通勤服選びのポイントは、「動きやすい服装」「オフィスに浮かない服装」などです。

 

自転車通勤をする女性の悩みのひとつは、「服装でおしゃれがしにくいこと」ですよね。

 

自転車通勤を始めたいけれど、何を着ればいいのか分からない…と悩む方もいると思いますが、自転車通勤でも工夫次第でおしゃれは楽しめますよ!

 

今回の記事では、

・自転車通勤の服装、おすすめコーデ

・自転車通勤で注意すべきこと

などについてご紹介いたしますので、これから自転車通勤の予定がある方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

自転車通勤の服装って?女性におすすめコーデは?

自転車通勤の服装は、会社に着いた後に着替えるのか・着替えないのか、によって少し変わってきます。

 

着替えられない場合は、カジュアルすぎる服装は避け、ストレッチ性のあるスーツを選ぶのがベターです。

 

ここでは、自転車通勤の「服装選びのポイント」や「おすすめコーデ」などについてまとめてみました。

 

通勤服選びのポイント

きれいめで動きやすい服

まず、タイトスカートは自転車を漕ぎにくいだけでなく、安全面でもリスクがあるので、自転車通勤に適していません。

 

オフィスでの服装に厳しい規定がない場合は、パンツスタイルをベースに、ラクに走れるソフトな素材のものを選びましょう。

 

インナー・アウター

自転車通勤をするなら、インナーやアウター選びも工夫しましょう。

 

たとえば、春・夏は汗を発散させる吸湿速乾性に優れたインナーを、秋・冬は、吸湿速乾性に加えて保温や防風の機能もあるインナーを選ぶと快適ですよ。

 

また、普段の服装にジャケットやカーディガンなどを重ね着すると、おしゃれで手軽に暑さや寒さの対策ができます。

 

自転車通勤中もおしゃれを楽しみたい人には、フラットパンプスがおすすめです。

シンプルなものを選べば、オフィスカジュアルなどの服装にも馴染みますよ。

 

おすすめコーデ

おすすめのコーディネートは、季節によっても異なります。

 

たとえば、さらっとした肌触りの薄手のシャツを着ると、暑い季節でも快適です。

シャツは汗ジミが目立たないような色や素材を選ぶと安心ですね。

 

また、スプリングコートやカラーパンツを取り入れると、上司や同僚にさわやかな印象を与えられますよ。

 

なお、冬には防寒対策が必須ですが、自転車に巻き込まれてしまわないよう、長すぎない丈の服を選びましょう。

 

自転車通勤で女性が注意すべきこととは?

女性が自転車通勤をする際は、以下の3点については必ず気をつけましょう。

・日焼け・紫外線対策

・危険のない服装選び

・雨の日の対策

 

これから、自転車通勤で「注意すべきポイント」をみていきましょう。

 

日焼け・紫外線対策

自転車通勤では、必ず日焼け止めを使って徹底的に紫外線対策をしましょう。

 

夏以外の季節でも日焼け止めは必須です。

毎日15分くらいだし…という油断は大敵です。

 

自転車の場合、日傘もさせませんし、地面の照り返しももろに顔周りに食らいます。

たとえ短時間の自転車通勤であったとしても、紫外線対策は徹底しましょう。

 

夏場は汗をかくと日焼け止めが落ちやすいですが、スプレータイプのものなら、さっと塗りなおせるのでおすすめです。

 

危険のない服装選び

自転車通勤では、季節問わずスカートははかないようにしましょう。

 

短いスカートならめくれてしまいますし、長いスカートなら自転車に巻き込んでしまい、事故につながる可能性があります。

 

また、事故防止のため、ヒールの靴ははかないようにしましょう。

 

さらに、自転車に巻き込んでしまう可能性があるので、冬場は長めのコートやマフラーの着用には気を付けましょう。

 

雨の日の対策

自転車通勤の最大のデメリットは天候に左右されるということ。

 

雨の日であれば、雨に濡れにくく、体を動かしやすいレインスーツを着用しましょう。

 

簡単に装着できるシューズカバーを活用すれば、スニーカーやフラットパンプスでも足元が濡れにくいですよ。

 

まとめ

「いざ自転車通勤を始めよう!」と思っても、何を着ればいいのか迷ってしまうのが「服装」ですよね。

 

自転車通勤の服装は、「会社に着いた後に着替えるのか」「着替えないのか」によりますが、基本的に、カジュアルすぎる服装は避け、ストレッチ性のあるスーツを選ぶのが無難です。

 

注意すべきポイントを押さえて、オフィスカジュアルとしても違和感を持たれない、動きやすい服装を選び、おしゃれを楽しみましょう!