美容・ファッション

夜ご飯を食べないデメリットをご紹介!1日2食は本当におすすめ?

夜ごはんを食べないデメリットは、

「脂肪を溜め込みやすい体になってしまう」

「リバウンドしやすい」

「健康を損なう可能性が高い」

などがあります。

 

夜ご飯を食べないと、必然的に1日の総摂取カロリーが減るので短期的な体重減少は見込めます。

しかし、継続的な体重減少は難しく体への負担などデメリットも大きいため、1日2食ダイエットはあまりおすすめできません。

 

この記事では、

・夜ご飯を食べないデメリット

・正しい食事法

・夜ご飯を抜き続けるとどうなるか

について解説しています。

 

夕食抜きダイエットについて気になっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

夜ご飯を食べない方が太るって本当?正しい食事法をご紹介!

夜ご飯を食べないと、太りやすくなるというのは本当です。

 

必要な栄養が不足がちとなり、空腹時間も長い生活が続くと脳は飢餓状態と判断します。

結果、脂肪燃焼を抑え、食事からいつも以上にエネルギーを吸収しようとし、生命維持のために脂肪を蓄えようとするのです。

こうなると、少し食事量が増えただけですぐ太ってしまったり、運動しても痩せづらい体が作られてしまいます。

 

これを避けるためには、夜ご飯を抜くのではなく食べる時間や食事内容に気を付ければ大丈夫です。

夜ご飯を抜く代わりに気を付けたいポイント3つをご紹介しますね。

夜ご飯は就寝の3時間前までに食べ終える(できれば19時まで)

食べたものの消化にかかる時間はおよそ2~3時間です。

その前に睡眠状態に入ると、消化がはかどらず脂肪として蓄積してしまいます。

また、消化のために脳や内臓が活動中だと、睡眠の質も悪くなってしまうのです。

脂質控えめ、食物繊維多めの食事にする

夜は内臓の働きが昼間ほど活発ではありません。

そのため、夜に脂質を取り過ぎると分解しきれず脂肪になりやすいです。

夜は脂質を控えめにし、脂質の排出に役立つ食物繊維を多く含む食事が適しています。

野菜中心の献立で、鶏胸肉・ささみ・青魚・きのこ類・海藻類などの食材を使うのがおすすめです。

温かいスープや野菜から食べる

スープや野菜に含まれる食物繊維を先に摂取し、脂肪の蓄積を防ぎましょう。

さらに、温かいスープを先に食べると消化器官があたたまり消化が良くなります。

水分の多いスープや野菜から食べることで、満腹感が得られ食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

 

夜ご飯を食べないとどうなる?続けた場合の体調の変化は?

夜ご飯を食べない生活を続けていると、栄養不足やストレスなどが原因となり体調に良くない変化を起こすことがあります。

 

・栄養不足による肌荒れや生理不順、疲れやすくなる 

・スッキリ起きられなくなる

・動脈硬化の原因にも

 

夜ご飯を抜く生活では、空腹時間が長いため、朝・昼の食事後は血糖値が急上昇してしまいます。

血糖値が急上昇すると脂肪を溜め込みやすくなるだけでなく、最悪の場合は動脈硬化を引き起こす可能性もあります。

 

長い期間栄養不足の状態が続くことで体調不良を引き起こす可能性もあるので、無理なダイエットや食事制限には気を付けてくださいね。

体重が一日で2キロも増えた!?考えられる原因や対処法をご紹介!体重が一日で2キロも増えた場合、原因は『むくみ』である場合がほとんどです。 いくら食べすぎたとしても、一日に2キロも脂肪が増えて太...

まとめ

夜ご飯を食べない1日2食の食事法は、ある程度の体重減少効果が期待できます。

 

しかし、栄養不足やストレスにより、肌荒れや集中力不足・生理不順など、体に様々な不調を及ぼす可能性が高い方法です。

 

さらに長期に渡って1日2食の生活を続けると、空腹時間が長いせいで脳が飢餓状態と認識したり、朝食・昼食後の血糖値も急上昇しやすくなるので、「脂肪燃焼しづらく、脂肪を蓄えようとする」太りやすい体質になってしまいます。

そのため、夜ご飯を食べない生活を続けることはあまりおすすめできません。

 

夜ご飯を抜くのではなく、夜ご飯を食べる「時間帯・食事内容・食べる順番」に気を付けながら、バランス良い食事を心がけることが大切です。

 

一生のうちに摂れる食事回数には限りがあります。

それを3分の1も減らしてしまうのは、ちょっと寂しいな…、と私は思ってしまいます。

ぜひ、無理なく健康的な方法で、食事を楽しみながらダイエットを成功させましょう!