暮らし

ジーンズ洗濯機で洗うときは何コース?まちがえたら大変!?

ジーンズを洗濯機で洗うときは、「手洗いコース」や「おしゃれ着用コース」、「ドライコース」などで優しく、短時間で洗いましょう。

 

また、何度か洗濯しているデニムの場合は、他の衣類と一緒に洗濯機で洗っても問題ありませんが、白や淡い色の衣類と一緒に洗濯するのは避けてください。

 

ジーンズを洗う際は、洗い方を間違えないよう注意しましょう。

 

今回の記事では、

・ジーンズを洗濯するときの注意点

・ジーパンと一緒に洗濯するときのポイント

などについてご紹介いたしますので、「ジーンズを洗濯するときのポイントや注意点」を知りたい方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

ジーンズって普通に洗う?コースは何?洗濯するときの注意点!

ジーンズを洗濯機で洗うときは、「手洗いコース」や「おしゃれ着用コース」、「ドライコース」などで優しく洗いましょう。

 

また、長時間の洗濯を避けるため、「洗い」や「すすぎ」を短くし、脱水を1分にするなど調節してください。

 

ここでは、ジーンズを洗濯するときの「コース」や「ポイント」を解説していきます。

 

洗濯コース・手順

ボタンやファスナーが開いた状態のまま洗濯をすると型くずれの原因になるので、あらかじめ閉じておきましょう。

 

また、色落ちを防ぐため、洗剤はおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使いましょう。

また、洗剤の量が多過ぎるとすすぎが十分にできず、生地を傷めてしまうことがあるので、適量を守ってくださいね。

 

1・ジーンズを裏返し、洗濯ネットに入れる

ジーンズが色落ちをしないよう裏返し、洗濯ネットに入れましょう。

 

2・短時間のコースで洗う

「おしゃれ着用コース」や「ドライコース」など、ジーンズへのダメージが少ないコースを選んでください。

「お急ぎコース」など、洗濯時間をなるべく短くすると、さらによいでしょう。

 

3・ジーンズを直射日光を避けて干す

ジーンズの色あせの原因になるため、直射日光が当たらない、日陰で風通しのよいところで干しましょう。

 

シーンズ洗濯のポイント

洗濯する際にジーンズのボタンなどは留めておくと、型崩れ防止になります。

色落ちを押さえるためには、ジーンズを裏返して、洗濯ネットに入れることをおすすめします。

 

また、ジーンズは乾燥機を使うと縮みやすいです。

ジーンズを洗う際は乾燥機の使用は避け、日陰で干しましょう。

 

ジーパンと一緒に洗濯しても大丈夫?後悔しないためのチェックポイント!

何度か洗濯しているジーパンの場合は、洗濯のポイントを押さえれば、他の衣類と一緒に洗濯機で洗っても問題ありません。

また、白や淡い色の衣類と一緒に洗濯するのは、できれば避けましょう。

 

ここでは、ジーパンと洗濯するときの「チェックポイント」を解説していきます。

 

ジーパンと色の薄いものを一緒に洗わない

何度も洗っているジーパンであれば、他の衣類と一緒に洗濯機で洗っても色落ちしにくいです。

 

しかし、基本的にジーンズは色落ち、色移りしやすい染料を使って染められているので、他の衣類に色移りしてしまう可能性が高いです、

 

ジーンズを洗濯する時は、 他の衣類と一緒に洗濯はせず、ジーンズだけで洗濯をすると後悔せずに済むでしょう。

 

ジーパン同士で洗う

同じ色のジーンズをまとめて洗うと、色移りを防ぐことができますよ。

 

ただし、色の系統が異なるものであれば、まとめて洗うことは避けた方がよいでしょう。

色移りだけでなく、生地が擦れてしまう原因になりかねません。

 

まとめ

「ジーンズは洗わない方がいい」なんていう方もいるかもしれませんが、デニムに染み付いた汗や汚れを放置して履き続けると、生地を傷めることになってしまいます。

 

ジーンズは、「手洗いコース」や「おしゃれ着用コース」、「ドライコース」などで短時間で洗濯するのが好ましいです。

 

また、白い衣類と一緒に洗うと着色やくすみの原因になるので注意しましょう。

 

ジーンズは適度に洗濯し、清潔を保ってくださいね。