暮らし

そうめんの保存方法!ダニの繁殖を防ぐおすすめの方法をご紹介

そうめんは、風通しが良く乾燥した場所に保存しましょう。

 

開封したそうめんには、小麦を好むダニやチャタテムシなどがつきやすいです。

開封後は、密閉してから常温、もしくは冷蔵保存しましょう。

 

この記事では

・そうめんの開封後にダニが繁殖する理由

・そうめんの虫予防におすすめの保存方法

などについて詳しく紹介しますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

そうめんの開封後にダニが繁殖する理由…やってはいけない保存法は?

そうめんの主原料は小麦です。

そうめんを開封した後は、小麦を好むダニなどの虫が付着、繁殖してしまいます。

 

開封した後は、ゴムなどで軽く縛る程度では虫がきてしまいます。

ジッパー付きの袋に入れたり、密閉容器に入れるなど、しっかり密閉する必要があります。

 

そうめんは、小麦と塩水をこねて作られています。

保存料などは使われていないため、虫がつきやすく、周辺環境に影響を受けやすい食品でもあります。

 

そうめんにつく虫はこちら。

・ダニ

・チャタテムシ

・コウゾウムシ

・ジバンムシ

 

どれも小麦を好む虫です。

ダニ以外の虫は体長1~3mmほどのため、肉眼で確認することができます。

 

ダニは体長1㎜以下のため、肉眼で確認することができません。

 

大きな虫がついていたら食べるのをやめられますが、ダニは気づけません。

気づかずに食べてしまった…なんてこともありえますよね。

ダニの付着に気付かず、そのまま放置して大繁殖してしまうこともあります。

 

ダニを食べてしまうと、たとえ死骸であってもアレルギー反応が出てしまうことがあります。

全身のかゆみや蕁麻疹、酷い時はアナフィラキシーショックが起こることもあります。

 

ダニや他の虫がつかないようにするには、密閉することが大事です。

そうめんの袋を輪ゴムやクリップで止めただけでは不十分です。

僅かな隙間から、虫が入ってしまうからです。

 

そうめんを開封したら、ジッパー付きのビニール袋に入れましょう。

長細い密閉容器があれば、そちらに入れてもOKです。

 

湿気や熱の近くに置いておくと、そうめんがカビたり湿気てしまうことがあります。

床下収納やシンク下に入れておくのはNGです。

 

常温なら、風通しが良く、乾燥している場所に保存するようにしましょう。

冷蔵保存でもOKです。

 

そうめんは臭い移りしやすいため、近くに臭いの強い食品や調味料を置かないようにしてくださいね。

 

そうめんは未開封でも虫がつく?虫予防におすすめの保存方法は?

そうめんは、未開封なら虫がつくことは滅多にありません。

 

ごくまれに袋の中に幼虫の卵が入りこみ、袋の中で羽化することもあるようです。

このような場合は、食品会社に連絡して、新しいものに交換してもらいましょう。

 

それでもやっぱり虫の侵入が気になる!という人は、未開封の状態でもジッパー付きビニール袋に入れましょう。

お菓子などに入っているシリカゲルを一緒に入れておくと、湿気防止になるのでおすすめです。

 

高級そうめんなら、木箱に入っていますよね。

木箱は風通しがよく、そうめんの保存に適しています。

 

しかし、木箱だとちゃんと密封されているの?と少し心配ではありますよね。

そんな時は、そうめんをそっと取り出して、ジッパー付きビニール袋か密閉容器に入れ替えましょう。

 

ダニは小さくてわかりませんが、チャタテムシなど他の見える虫は、取り除けば食べられるそうです。

そうめんを直射日光で干し、虫がいなくなったら茹でて食べても問題ないそうですよ。

 

でも、やっぱり気持ち悪いですし、虫がつかないにこしたことはないですよね。

しっかり密閉保存して、虫対策をしてくださいね。

 

まとめ

そうめんは、開封したら小麦を好むダニなどの虫がつく可能性があります。

開封後はジッパー付きビニール袋などで密閉してから保存しましょう。

 

未開封で虫がつくことは少ないですが、風通しが良く、乾燥した場所で常温保存しましょう。