季節・トレンド

汗拭きシートが乾いたら復活させる方法はある?開封後の使用期限も!

汗拭きシートが乾いたら、シーブリーズなどの冷たい水に浸して復活させられます。

開封後の使用期限は、1年ほどです。

 

ウェットシートのフタを付けたり、ジッパー付きのビニール袋に入れると乾きにくくなりますよ。

 

この記事では

・汗拭きシートが乾いたときに復活させる方法

・汗拭きシートに使用期限はあるのか

などについて詳しく紹介しますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

汗拭きシートが乾いたときに復活させる方法はあるの?

汗拭きシートが乾いたときは、シーブリーズなどの水に浸すと復活します。

 

ちゃんと密閉していたつもりでも、案外すぐに乾いてしまう汗拭きシート。

お得だからと大容量パックを買ったのに、半分以上使わずに乾いてしまった!なんてこともあると思います。

 

乾いてしまった汗拭きシートは、1枚ずつ水に浸しましょう。

ただの水ではなく、シーブリーズなどの冷たくデオドランド効果のあるものを使いましょう。

 

おすすめなのはこちら↓

 

・シーブリーズ

 

 

・ネオクール

 

 

・熱中対策 肌キンキンウォーター

 

 

注意したいのが、乾いた汗拭きシートにも、香りが残っているということです。

 

例えば汗拭きシートがシャボン玉の香りで、浸す水がミント香り…だと、香りが混ざり合って変な臭いになってしまいます。

香り選びには気を付けてくださいね。

 

汗拭きシートに水を振りかけてもいいですし、もっとしっとりさせたい時は、ビニール袋に入れてから浸しましょう。

ジッパー付きの袋に入れれば、外出先でも使えるので便利ですね♪

 

汗拭きシートに使用期限はある?開封後の目安は?

汗拭きシートに使用期限はありませんが、目安としては開封後なら1年程度です。

ちなみに、未開封なら3年程度です。

 

開封して1年経ったものも、先ほどお伝えした方法で復活させることは可能です。

ただし、雑菌やホコリが入っています。

 

あまりにも長い間放置していたものは、肌荒れを起こす可能性があります。

勿体ないですが、掃除などに使った方がいいでしょう。

 

「1年を待たずして、乾燥させてしまうんだけど…。」

これ、私です↑

 

汗拭きシートを乾燥させない方法についても、紹介していきますね。

 

汗拭きシートを乾燥させないコツ

持ち運び用なら、ウェットシートのフタを利用しましょう。

 

有名なのは、こちら。

Bitatto(ビタット)

 

ノーマルのもの以外にもくまのがっこうやミッフィー、スヌーピーやNHKのみぃつけたなど可愛い柄のものも多数あります。

 

ですが、今は100均でも売っていますので、好みのものを選んでみてくださいね。

 

これでかなり乾燥は防げます。

 

他にも、ジッパー付きのビニール袋に入れておくのもOKです。

ウェットシートのフタつきのものをビニール袋に入れれば、さらに乾燥しにくくなりますよ。

 

自宅用なら、密閉できる箱に入れるのがおすすめです。

100均にもウェットシートの箱として、多くの商品が販売しています。

 

少し高いですが、こんなおしゃれな箱もありますよ♪

 

『 mochi ( モチ ) 』ideaco


ウェットティッシュケース 陶器 おしりふき フタ付き イデアコ ウェットシート ティッシュ ケース トイレクリーナー 収納 ベビー用品 除菌シート お尻拭き メイク落とし かわいい 詰め替え ウッド 北欧 おしゃれ【ポイント10倍 送料無料】[ ideaco mochi モチ ]

 

・リン ウェットシートケース


ウェットティッシュ ケース ウェットシート ケース リン Rin 【 クッチーナ 】 送料無料 ウェットティッシュ ケース ウェットシートケース 木 ウエットティッシュ 木製 おしゃれ 除菌 除菌シート ウェットティッシュ 詰め替え つめかえ ケース Yamazaki 山崎実業

 

また、置き場にも気を付けましょう。

 

汗拭きシートではなく、トイレクリーナーのシートなんですが、ウェットシートのフタをつけていたのに、カピカピにさせてしまったことがあります。

 

置いていたのは、陽の当たるトイレの出窓近く。

太陽の光と熱で、一気に乾燥させてしまったようです。

 

汗拭きシートを置く場所は、陽の当たらない、できれば涼しい所にしてくださいね。

 

まとめ

汗拭きシートが乾いたときは、シーブリーズなどの冷たく、デオドランド効果のある水に浸すと復活させられます。

ビニール袋に入れて浸すと、しっかり浸かるのでしっとりしますよ。

 

汗拭きシートの使用期限は、開封後は1年程度。

未開封なら3年程度です。

 

開封してからあまりにも時間が経っているものは、雑菌やホコリが入っています。

肌荒れする可能性もあるので、掃除などに使った方がいいでしょう。

 

ウェットシートのフタや箱を使って、汗拭きシートを乾燥させないように工夫してみてくださいね♪