季節・トレンド

スキーウェアを洗濯機で洗うと壊れる!?自宅で洗濯するときの注意点は?

水洗いできないスキーウェアを自宅の洗濯機で洗うと、脱水中に洗濯機が故障する可能性があります。

 

ウェアを洗濯する前に、内側に付いている洗濯表示を確認し、「手洗い」マークがついていれば、そのウェアは洗濯しても問題ないでしょう。

 

また、 洗濯機を使用するときは、必ず「洗濯ネット」に入れ、弱流コースを選んで洗濯しましょう。

 

 今回の記事では、

・スキーウェアは自宅で洗濯できるか

・スキーウェアを洗濯するときの注意点

などについてご紹介いたしますので、ウェアのクリーニング代を節約したい方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

スキーウェアは自宅で洗濯できる?洗濯機が壊れることってある?

ウェアの洗濯表示に、洗濯桶に手のマークが付いている場合は、自宅で洗濯できます。

手洗いコースを選び、洗濯しましょう。

 

手洗いにバツがついたマークがあるものは洗濯機を使用できないので、クリーニングに出しましょう。

 

洗い方のポイントは以下です。

スキーウェアの洗い方のポイント

ウェアは、基本的に撥水加工という水をはじく加工が施されていて、自宅での水洗ができないものも多々あります。

 

そのような水洗いに対応していないウェアを無理に洗うと、脱水がうまくいかずに、洗濯機が壊れたり、ウェアの撥水性能が失われることもあります。

 

また、ウェアのファスナーやボタンはすべて閉めてたたむのがポイント。

たたんだ状態で洗濯ネットに入れ、洗濯表示に従って洗濯を開始しましょう。

 

なお、洗濯機で洗うときは弱水流のコースを選択すれば、故障に繋がることはほとんどありませんが、故障が不安なら、手洗いすることをおすすめします。

 

スキーウェアを洗濯するときの注意点は?

基本的にウェアは、撥水、防水加工がされているので、洗濯槽に張り付いて脱水ができないと、洗濯機の故障の原因になります。

洗濯機で洗濯するときは、必ず「洗濯ネット」に入れ、弱流コースを選びましょう。

 

ここでは、洗濯時の注意点や干し方など、解説していきますね。

スキーウェアの洗濯に関するの注意点やコツ

シワや型崩れを防ぐため、ウェアのファスナーをしめてたたんで「洗濯ネット」に入れ、しっかりウェアが浸かるように水の容量を設定します。

 

また、通常の衣料用洗剤を使用して洗濯すると、ウェア自体の持つ撥水水性を損なう場合があります。

使用前に洗剤やウェアの注意書きをよく確認しましょう。

 

加えて、撥水性の高いウェアは、生地が傷む原因になるので、洗濯機での脱水は使用しない方が無難です。

1分程度にとどめておきましょう。

 

スキーウェアの干し方

タオルドライである程度の水分をとり、風通しのいい場所で陰干しします。

 

ウェアに湿気が残っていると、カビが発生しやすくなり、臭い、傷みの原因なります。

少しでも風通しが良くなるように、すべてのファスナーを開けるのが乾燥するコツです。

 

型崩れしたり、シワになってしまうので、絞るのは避けましょう。

 

スキーウェアの撥水性アップのコツ

 

◇アイロン

乾かしたスキーウェアにあて布をして、低温度のアイロンをかけると、撥水性がアップします。

素材によってアイロンを使用できないものもあるので、取り扱い表示を確認しましょう。

 

◇撥水スプレー

撥水スプレーを使用する際は、ウェアが乾ききってから、屋外で使用しましょう。

スプレーした後は、完全に乾かしてから着用してくださいね。

 

まとめ

スキーウェアは、外側だけでなく、内側も汗などで汚れやすいです。

 

とくにカビが発生してしまうと通気性を妨げるので、ウェアは少なくとも数回使用するごとに洗濯しましょう。

 

ウェアの洗濯表示に、「手洗い」マークがついていれば、洗濯することができます。

 

また、 洗濯機で洗濯するときは「洗濯ネット」に入れ、ドライコースや、手洗いコースで洗濯しましょう。

 

ただし、洗えないウェアを自宅の洗濯機で洗うと、脱水中に洗濯機が故障する可能性があります。

水洗いが不可能なものは、潔くクリーニングに出しましょう!