季節・トレンド

浴衣が透けるのを防ぐ対策…男性の正しい浴衣の着方をご紹介!

男性が浴衣を着る時には、肌着を着るようにしましょう。

素材は薄く、さらっとした綿100%のもの。

上は深いVネック、下はステテコで無地のものを選びましょう。

 

この記事では

・男性の透けない浴衣対策

・浴衣の下に着るおすすめの男性肌着

などについて詳しく紹介しますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

浴衣の下には何も着ない?男性の透けない浴衣対策について

浴衣を着る時は、男性も肌着を着るようにしましょう。

 

なぜ浴衣を着る時にも肌着が必要なのか、詳しく見ていきましょう。

 

浴衣はパジャマと同じもの、という考えがあります。

そのため、下着は必要でもシャツなどの肌着は必要ないんじゃないか?と思われがちです。

 

1枚で浴衣を着れば、確かに涼しいです。

しかし、自分の気づかないうちにパンツが透けて見えていた!

座った時にはだけてしまい、恥ずかしい思いをした!

なんてこともあります。

 

肌着を着れば、パンツなどが透けるのを防止してくれます。

はだけた時にも素肌を隠すことができ、汗ジミも防止してくれます。

 

浴衣に肌着、2枚も着たら暑くない?と思われがちですが、素材を選べば問題ありません。

綿100%で薄い生地の肌着を着れば、汗を吸収してくれます。

汗ジミの防止だけでなく、肌着を着た方がサラッと快適に過ごすことができるのです。

 

では、どのような肌着がいいのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

 

浴衣の下に着るものは?男性肌着のおすすめや選び方

浴衣の下に着る男性肌着のおすすめはこちら。

・上はVネックシャツ

・下はステテコ

 

素材は綿100%の薄手のもの。

速乾、吸収できるものなら、なお良いです。

 

色は白や黒など、無地のものを選んでください。

男性肌着を選ぶときのポイント

肌着上の形状

丸首のシャツやTシャツは、浴衣から丸見えになってしまいかっこ悪いです。

浴衣用の肌着を購入してもいいですし、Vネックの肌着を持っていれば、それを着てもOKです。

 

肌着下の形状

膝丈ぐらいのステテコがおすすめです。

大きすぎると腰回りがもたついてしまうので、ジャストサイズを選ぶようにしましょう。

 

素材

上下とも、素材は綿100%の薄いものを選びましょう。

速乾・吸収機能がついていると、汗をかいても快適に過ごせます。

 

綿の中でも、楊柳(ようりゅう)生地は、凹凸があるため肌に触れる面積も少なく、涼しく過ごせます。

クレープ生地、京ちぢみとも呼ばれる生地で、和服に似合うのでおすすめですよ。

 

なお、ポリエステルの肌着は速乾性に優れていますが、熱が逃げにくく蒸れやすいです。

汗の量が増えたり、肌に合わなくて痒くなってしまうこともあるので、注意してください。

 

色・柄

色は、白なら結婚式などの正装にも使えます。

黒や紺なら、部屋着として普段使いもできるのでおすすめです。

 

柄は無地のものを選びましょう。

ユニクロでステテコなども売っていますが、柄が透けたり、チラッと見えた時にかっこ悪いので、気を付けてくださいね。

 

男性の浴衣用肌着おすすめ3選!

ご紹介した男性の浴衣用肌着を選ぶポイントを押さえたおすすめ肌着をご紹介しますね!

是非、肌着選びの参考にしてみてください。

紳士肌着セット襦袢

白の上下、ダブルガーゼ素材です。

上は着物と同じように前開き、紐で結ぶタイプです。

はだけにくく、浴衣からも見えにくい作りになっています。

 

ガーゼ素材なので、涼しくて柔らかいですよ。

 

ブラッククレープ上下セット


黒の上下、クレープ生地です。
部屋着として普段使いしてる人も多いそうですよ。

 

上のシャツは被るだけなので、ラクチンです。

 

男物 肌襦袢


上の肌着の襟部分が色付きです。
こちらは白と紺のみですが、他にも色んな色があります。

 

浴衣からチラッと見える襟元なので、浴衣の色に合わせて同色にするもよし。

別の色にしてアクセントにするもよしです。

 

このほかにも通販ではたくさん取り扱いがありますので、自分に合うものを探してみてくださいね。

 

まとめ

男性が浴衣を着る時も、必ず肌着を着るようにしましょう。

肌着を着れば、汗ジミや透けるのも防止してくれます。

 

上は深いVネックのもの、下は膝丈のステテコ。

素材は綿100%の薄いもの、無地を選ぶようにしましょう。

 

白なら結婚式などの正装に、黒や紺なら部屋着など普段着にも使うことができます。

 

楽天などにたくさん取り扱いがありますので、ぜひ探してみてくださいね。