コミュニケーション

美容師がまた来てほしい客って?知って得する気に入られる客の特徴

あなたにも行きたい美容室があるように、美容室側からみても「また来て欲しい良い客」はいます。

 

この「良い客」とはひとことで言うと、「美容師が仕事をしやすい人」または「お店に利益をもたらしてくれる人」です。

 

できるだけ同じ美容室に長く通うようにして美容師さんやスタッフの方と仲良くなってみましょう!

 

今回の記事では、

・美容師がまた来てほしいと思う客の特徴

・美容師の本音

などについてご紹介いたしますので、「美容師さんの気持ちが知りたい」という方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

美容師がまた来てほしい客のタイプには特徴があった!

「美容室にまた来てほしい客」とは、ズバリ

・美容師が仕事をしやすい人

・お店に利益をもたらしてくれる人

のことです!

 

たとえ「お客さんに差をつけてはいけない」というルールはあっても、お店にとって利益をもたらしてくれる人は、サロンとしても大事にしなくてはならない存在ですから。

 

他には、

・清潔感のある人

・礼儀正しい人

・会話がしやすい人

・自然な笑顔を向けてくれる人

などは、やはりとても印象がいいです。

 

ここでは、「美容師に好まれる客のタイプ」の特徴をピックアップしてみました。

 

美容師に好まれる客の特徴

長期間通ってくれている人

長年のお付き合い、とくに「指名し続けてくれる人」は美容師として本当にありがたいこと。

 

たとえば、独身時代から来店し、結婚したら自身のお子さんを連れてくる、など。

お子さんの成長を見守ることもとても嬉しいことなのです。

 

自分の要望が決まっている人

美容師とお客さんの「なりたいヘアスタイル」のイメージを共有することは必須です。

 

そのため、自分の理想の髪型やどんなスタイルや雰囲気になりたいか、などがはっきりと決まっていると、円滑にカウセリングも進められます。

 

写真や画像の見本があれば、より分かりやすいですよ。

 

本音で話してくれる人

基本的に、美容室に行く人は、「髪の悩み」も抱えているはず。

 

その悩みを聞き出すのも美容師の仕事ですが、残念ながら本音を聞き出せずに終わってしまうこともあります。

 

感謝の言葉を伝えてくれる人

美容師のやりがいは、直接お客さんから「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてもらえることです。

 

自分が提案したスタイルやカラーなどを喜んでもらえたら、「提案して良かった」「次回もこの人に指名してもらいたい」と思うのです。

 

清潔感がある人

美容師は常に人の髪に触れる仕事なので、当然「清潔感がある人」が好まれます。

その方が施術もスムーズに行うことができます。

 

商品を買ってくれる人

これは売上という意味もありますが、美容室に置いてある商品を使ってもらった方がヘアスタイルをキープできるという意味も含まれています。

 

差し入れなどしてくれる人

繁忙期は食事を取る時間もないほど、日中立ったまま働いているので、空き時間に少し食べることのできる差し入れをすると、とても感謝されますよ。

 

美容室に来て欲しくない客は?美容師の本音が知りたい!

美容師さんに正直美容室に来て欲しくないな…と思われてしまうのは、「美容師が仕事をしにくい人」です。

たとえば、時間を守らなかったり、コミュニケーションが取りにくい、など。

 

ここでは、「美容室から好まれない人」の特徴をみていきましょう。

 

美容室から好まれない人の特徴

遅刻してくる人

これは、最も美容師から嫌がられるであろう、お客さんです。

 

「時間に遅れてくる」ということは、遅れた分の時間を調整する必要があるからです。

少しでも遅れそうな時は、必ず連絡を入れましょう。

 

なりたい髪型が全く決まっていない人

明確なビジョンがないまま、「おまかせで」と言う人も多々いますが、自分の好みなどはしっかり伝えないと、美容師の仕事がスムーズに進みません。

 

「カウンセリングだけで時間がかかってしまう」のも困りもの。

 

会話を無視する人

美容師から話しかけても、それを無視する人には、本当に嫌な気持ちになってしまいます。

そんな相手がお客さんだと気まずいし、仕事もしにくくなってしまいます。

 

カット中に要望を変える人

ヘアスタイルは、すべてのバランスを見ながら施術していくので、要望をコロコロと変えられると、対応するのが難しいです。

 

カウセリングの際にスタイルを決めるか、変更するなら早い段階で伝えましょう。

 

ネットに悪口を書く人

ネットに美容室の悪口を書くと、場合によっては、お店は大打撃を受けてしまいます。

施術に納得がいかなければ、お店で直接伝えましょう。

 

美容室での会話がめんどくさい!会話をせずに静かに過ごせるコツ美容室で会話をせず静かに過ごすコツは、予約時や来店時に「静かに過ごしたい」ということを伝えることです。 電話予約やネット予約時、来...

 

まとめ

「美容師が来店してくれると嬉しいお客さん」とは、「美容師が仕事をしやすい人」や「お店に利益をもたらしてくれる人」です。

 

また、長く同じ美容院に通うほど、担当美容師と信頼関係も築けて、少々のわがままも聞いてもらえる可能性もあります。

 

美容師さんから「良い印象」を持たれたかったら、是非「良いお客さん」になってくださいね。

 

きっと美容師さんのモチベーションも上がり、良いパフォーマンスをしてくれるはずですよ。