コミュニケーション

美容室での会話がめんどくさい!会話をせずに静かに過ごせるコツ

美容室で会話をせず静かに過ごすコツは、予約時や来店時に「静かに過ごしたい」ということを伝えることです。

電話予約やネット予約時、来店時のカウンセリングシートに記入するなど、気軽に伝えやすい方法は色々あります。

 

美容師さんは、お客さんが快適に過ごせるよう接客をしているので、「静かに過ごしたい」という要望を伝えることは失礼ではありません。

そう伝えられれば、美容師さんはあなたが過ごしやすいよう静かに施術してくれます。

 

この記事では、

・美容室で静かに過ごすためのお店選び

・美容師さんが話しかけないのはどんな人?

・美容室で静かに過ごす簡単な方法

をご紹介しています。

美容室での対応にお悩みの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

美容室では静かに過ごしたいならどんなお店を選ぶべき?

美容室で静かに過ごしたい場合、基本的にはどんなお店でも予め「静かに過ごしたい」と伝えておけば、問題ありません。

 

しかしごくまれに、BGMが大音量でかかっていて賑やかなお店というところもあります。

 

私も若い頃に一度経験がありますが、その時は若者の多いターミナル駅の駅近・低価格・エクステ推しのお店でした。

そのようなお店がすべてそうとは限りませんが、ネットなどで調べたときに派手な印象を受けるお店は避けた方が無難です。

 

初めて行くお店の場合は、ホットペッパービューティや楽天ビューティ、お店のホームページやSNSをみてみましょう。

 

静かに過ごせるお店を見つけるためには、

・席と席の間が広く取られている

・30代以上の口コミが多い

・サロン紹介に「静かで落ち着いた雰囲気」「リラックスできる」「癒しの空間」等の記載がある

という点が確認できればOK!

 

席と席の間が広く取られていればお隣の会話もあまり聞こえてこず、30代以上の口コミも多く幅広い年齢層に利用されているお店であれば、音楽が大音量でかかっていることもまずありません。

比較的静かな環境でリフレッシュタイムを過ごせますよ。

 

美容師が話しかけてこないお客さんの特徴って?

美容師さんがあまり話しかけないお客さんの特徴は、

・雑誌や携帯などを見ていて、あまり美容師さんの方を見ない

・必要最低限(ひとことふたこと)の返答が続く

・自分で持ってきた本を読んでいる

などです。

 

美容師さんは、お客さんの反応をみながらどう会話するかを判断しています。

 

あまり会話をしたくない場合、つんけんする必要は全くありません。

ただ、気を使って会話を続けようとしたり話を振ったりせず、聞かれたことに短く簡潔に返答すれば大丈夫です。

 

そのような態度を取っても失礼には当たりませんし、美容師さんもプロなので「この方はあまり会話せずに過ごしたい方なんだな」と、察してくれます。

 

そして会話したくない場合に一番確実で簡単な方法は、予約時の電話やネット予約の入力時に「当日は静かに過ごしたいです」と一言添えること。

 

さらに、初めて行くお店の場合は来店してすぐにカウンセリングシートの記入を求められると思います。

そちらの備考欄などにも上記の文言を追加しておけば完璧です。

 

「受付で直接言うのはなんだか伝えづらい…」

「察してもらえず、ずっと会話が苦痛だったことがある…」

という方も、この方法なら安心して美容室を利用できると思います。

 

まとめ

美容室で静かに過ごすためには、ホットペッパービューティなどのネット予約サイトやお店のホームページで少しお店を調べてみて、落ち着いた雰囲気のお店を選びましょう。

 

30代以上の好意的な口コミが多く、幅広い年代が利用しているお店であれば尚良しです。

そういったお店であれば、BGMがうるさすぎるという可能性もかなり低くなります。

 

そして、美容室であまり会話をしたくない場合は、予約時に伝えるのが確実な方法です。

 

特に、ホットペッパービューティには「接客への要望」欄があり、「静かに過ごしたい」という選択肢が選べるようになっています。

気軽に伝えられるので、一番おすすめの方法です。

 

美容室は、会話が苦手な方でもストレスなく利用できます。

ぜひ本記事をご参考にいただき、美容室では快適な時間をお過ごしください。