コミュニケーション

夫婦喧嘩の謝り方って?LINEを使って仲直りする方法をご紹介!

どんなに相手のことを好きだと思って結婚しても、毎日顔を合わせていると、些細なことで喧嘩になったりすることって、誰にでもあるはず。

 

だけど、「喧嘩している期間」が長いほど、夫婦の間に溝ができてしまいます。

 

LINEで仲直りしたいときのポイントはとてもシンプルです。

まず「相手の立場に立ってみること」。

さらに「喧嘩になった原因」や「自分の悪かったところ」、「謝りたい気持ち」などを簡潔に伝えましょう。

 

たとえ相手に非があったとしても、あなたがもう怒っていないなら、「怒っていないよ」と伝えてあげましょう!

 

今回の記事では、

・夫婦喧嘩の謝り方 LINEを使った成功例

・夫婦喧嘩の謝罪 LINEへの返信

などについてご紹介いたしますので、「LINEを使って仲直りする方法」を知りたい方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

夫婦喧嘩の謝り方は?LINEを使った成功例

「相手の立場に立つ」「喧嘩になった原因を伝える」「自分の悪いところを謝る」。

これは、どんな喧嘩の場面にも使えるポイントです。

 

また、謝罪のLINEはお互いが感情的になっていると上手くいかないので、冷静になったうえで送りましょう。

 

ここでは、「LINEでの謝り方・例文」や「ポイント」、「LINEを送るタイミング」をご紹介していきます。

 

LINEでの謝り方・例文

  • 「さっきはごめん。あなたに○○だと言われたのが嫌だったの。だけど私も言い過ぎたし、悪かったと思ってる。」

 

  • 「さっきは言い過ぎてごめん。○○(名前)の気持ちが分かっていなかった。」

 

  • 「さっきはごめんね。感情的になって言い過ぎてしまった。あなたの言葉をちゃんと聞けなくてごめんなさい。」

 

ポイント

まず喧嘩の内容ではなく、喧嘩になったときの状態を思い出せば、夫婦ともに非はあるはず。

 

夫婦の幸せな時間を取り戻すためにも、相手を責めるのではなく、できるだけ自分から「ごめんね」と謝ると仲直りができるきっかけになります。

 

また、やりがちなのが、「今回の喧嘩の原因」や「改善方法の提案」、「相手と自分の悪かった点をそれぞれ書く」など、文章が長くなってしまうこと。

 

しかし、男性の意見で多いのは「喧嘩している時に長文を送られたら、読む気もしない。」というもの。

なので、LINEの文面は端的にしておきましょう!

 

タイミング

謝罪のLINEは、自分も相手も、落ち着いて時間のある時にすると冷静に向き合うことができます。

 

お互いに落ち着いたタイミングでLINEのやりとりができれば、仲直りできる確率が高くなりますよ。

 

夫婦喧嘩の謝罪LINEにどう返信する?失敗なしの伝え方

たとえ相手に100%非があったとしても、あなたが怒っていないなら、「もう怒っていないよ」「私こそ言い過ぎてごめんね」などを伝えましょう。

 

ここでは、「謝罪LINE・例文」や「ポイント」をみていきましょう。

 

謝罪LINEへの返信・例文

  • 「お仕事お疲れ様。昨日は私もごめんね。今日の夕飯はあなたの好きな○○を作って待っているから、早く帰ってきてね。」

 

  • 「昨日は、私も感情的になっちゃってごめんなさい。早く仲直りして、この間あなたが買ってきてくれたコーヒーとお菓子一緒に食べよう!」

 

ポイント

LINEでは「もう自分は怒っていない」という雰囲気を出して、相手が家に帰って来やすくなるように返信すると、仲直りもスムーズです。

 

とくに新婚ならハートいっぱいのスタンプや、可愛いスタンプを送るだけでも気持ちは伝わるはず!

 

まとめ

夫婦になって、一緒に生活すると喧嘩はつきもの。

 

「ときどき夫婦喧嘩をしてしまうけれど、どうやって収束していいのかわからない」と思ったことは誰にでもあるでしょう。

 

もし、これからもずっと相手と一緒にいたいと思っているのであれば、そこで「私、悪くないし!」などとキレてしまうのは得策ではありませんよね。

 

また、すぐに仲直りができればいいけれど、きっかけを逃すと長引いて、どんどん溝が深まってしまうかもしれません。

 

夫婦喧嘩は、「どちらが悪い」にかかわらず、「上手な謝り方」を身に着けて、早めに仲直りしちゃいましょう!