コミュニケーション

彼氏からのプレゼントにがっかり…嬉しくないプレゼントはどうする?

彼氏からもらったプレゼントが自分の好みじゃなくてがっかりしたら、「自分の好みじゃない」と伝えることをおすすめします。

 

人の好みはそれぞれです。

相手が似合うと思って選んでくれたものでも、自分の好みでなかったらがっかりしてしまいますよね。

そんな時は彼氏に『こっちの方が自分の好み』または『今度は一緒に選ばせて』と伝えると次回からがっかりするプレゼントをもらうことも減りそうです。

 

この記事では、

・もらって嬉しくないプレゼントを使用するか?

・彼に本音を伝えるべきか?

・いらないプレゼントの対処法

についてお伝えします。

彼氏からもらったプレゼントが自分の好みでなくてガッカリしたことがある方は是非参考にしてみてくださいね。

 

プレゼントが嬉しくない…どうする?彼に本音を伝えるべき?

嬉しくないプレゼントを彼氏にもらったら、本音を伝えるべきです。

 

伝えておかないと、今後もまた同じようなプレゼントをもらうことになるかもしれません。

毎回好みでないプレゼントをもらってもストレスになるだけですよね。

 

『どうして好みをわかってくれないのだろう』などと非難するのはご法度です。

男女はどうしても価値観や感覚が違うものです。

 

長年付き合っているカップルであれば、だんだんお互いの好みも分かってくるかもしれません。

ですが、付き合いたてのカップルだとそうはいきませんよね。

 

本音を伝える際に注意してもらいたいのは本音の伝え方に配慮が必要、ということです。

 

もらったものにいきなり文句をつけるのはクレーマーと同じです。

まずはきちんとお礼を言いましょう。

 

そのプレゼントのことも一度褒めておくと印象が良いです。

『可愛いデザインだね!』などです。

 

その上で、そのプレゼントが好みでない理由を伝えてみてはいかがでしょうか。

 

『可愛いすぎるデザインなので自分には似合わないかも』

『実はわたしはこっちのデザインの方が好きなの』

など、キツくない口調で、自分の好みをきちんと伝えると次回からは好みでないプレゼントをもらうことは減りそうです。

 

あまりはっきり言いすぎると相手の機嫌を損ねてしまうかもしれません。

プレゼントがアクセサリーなどでしたら、一度だけでもその場で使用してみるのも良いかもしれませんね。

 

自分の好みを伝えたら、相手の好みも聞いてみるのも大事です。

また、一緒に買いに行ったりしているうちに、お互いの好みもわかってきて仲も深まっていくと思いますよ。

彼氏からのプレゼントが安すぎるけど本当に愛されてるよね!?徹底分析彼氏からもらったプレゼントがあまりに安物だとしても大丈夫です! プレゼントの値段と愛情は比例しませんよ。 なぜなら価値観や経...

 

いらないプレゼントはどうする!?嫌々使う?おすすめ対処方法は?

まったく好みでないプレゼントや自分には似合わないプレゼントを嫌々使用することはありません。

おすすめの対処法は思い切って返品や売却など、処分してしまうことです。

 

自分の好みでないものを無理に使用するのはストレスがかかります。

そんな時は思い切って誰かに譲ったり返品してしまうのも一つの手ですよ。

 

もらったプレゼントを処分するなんて酷い!

そういった罪悪感がある場合は、家に保管しておいても良いですが、それでも無理に使用する必要はありません。

 

もしも彼氏にプレゼントを使用しているかを聞かれたら、

『大事にしまってある』

『今日はつけてないけど昨日はつけてたよ』

など、時々使用していることが伝わるニュアンスで返事をしておくと良いでしょう。

 

物の価値観は人それぞれです。

自分のことを想って用意してくれたプレゼントなので、その気持ちにはたくさん感謝しましょう。

その上で、もらった物をどうするかはあなたの自由です。

 

処分する前に思い出として、もらったプレゼントを写真に撮っておくのも良いと思います。

写真に撮っておけば、どんなプレゼントを貰ったか忘れてしまっても安心です。

いつでも見返せるので『そういえばあの時のプレゼント・・・』と話をされても大丈夫ですね。

 

まとめ

『もらって嬉しくないプレゼント』ですが、もらってしまった時はまずは必ずお礼を言いましょう。

その後の使用する、しないはあなたの自由です。

無理に使用する必要はありません。

 

そしてプレゼントに対して自分の好みなど本音を伝える時は、なるべく相手を傷つけないように言葉を選んでください。

 

わたしも初めて付き合った彼氏に、好みでないブレスレットをもらったことがあり、結局一度も使用せず箱に直したままでした。

その後は一緒に買いに行くようになりプレゼントの失敗はなくなりました。

 

もらったプレゼントについて好みや感想などの本音を伝えるのは勇気がいりますが、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。