美容・ファッション

けん玉のダイエット効果とは?簡単に運動不足を解消できる!?

けん玉はウォーキングと同じくらいカロリーを消費します。

そのため、「家の中で」「隙間時間に」「手軽に」けん玉でダイエットを行うことが出来るんです。

 

正しいけん玉のやり方で行うと、実は手や腕だけでなく、全身を使った運動だということが分かります。

せっかくけん玉ダイエットをするなら、正しいやり方で行って効率よくカロリーを消費しましょう。

 

さらに、けん玉をすることによって、ダイエットだけでなくメンタルも改善し、集中力もアップすることが出来ます。

メリットがたくさんあるけん玉ダイエットで、簡単に運動不足を解消し、ダイエットを成功させましょう。

 

この記事では、

・けん玉で運動不足を解消して効果を出すためには?

・けん玉でメンタルや集中力もアップする!?

についてお伝えしますので、運動や食事制限などつらいことはしたくない、でも痩せたい、という方は是非参考にしてみてくださいね。

 

けん玉で運動不足を解消!効果を出すためには?

けん玉というと手先だけで遊んでいるように思えるかもしれませんが、実際にやってみると、体全体を使って行っていることが分かります。

 

正しいやり方は、腕を固定し、足を肩幅に開いて、下半身の屈伸運動(バネの力)で玉を浮かして本体に乗せるのです。

ちょうどスクワットや屈伸と同じような体の部位を使うことが分かります。

 

しばらく続けているとじんわりと体が熱くなり、運動をしていることが実感出来ます。

集中しすぎてしまい、ふと気づくとヘトヘトになっていることもあるでしょう。

 

けん玉は、カロリー消費だけでなく、肉のつきやすい太ももやお尻のシェイプアップにもおすすめの運動だということが分かります。

その理由は、けん玉をする時は体の重心が下がり、脚に力が入るからです。体幹トレーニングにもなりますね。

 

けん玉ダイエットを効果的に行うために、正しいフォームをまずは心がけるようにしてください。

間違ったフォームで行うと、体幹がブレて球もまっすぐ上がりませんし、腕の力だけで行うとコントロールが上手くいきません。

 

正しいフォームでけん玉をするとダイエット効果がアップしますし、けん玉も上手くなるので、ますます楽しくなってけん玉ダイエットを続けることが出来るでしょう。

 

けん玉でメンタルや集中力もアップする!?

けん玉を繰り返し行うことで集中力が身につきます。

脳と体をフルに使って目の前のけん玉に集中することが出来るので、余計なことを考える余裕なんてありません。

 

集中力は集中することを続けていると高まる能力です。

けん玉で集中力をアップすることで、仕事や趣味の場でも集中力を発揮することが出来るようになりますよ。

 

また、けん玉の技がだんだんと上達してくることで、達成感が得られてメンタルも向上します。

 

けん玉は人と競争するというより、自分で出来ることを増やしていく遊びですよね。

コツコツと続けていけば、最初は難しかった事も出来るようになり、達成感でメンタルが向上することで、また次のレベルにチャレンジすることが出来るようになります。

 

けん玉でメンタルを強化することで、日常生活でも前向きになって、新しいことに取り組むことができるようになるかも知れません。

もしけん玉を家族や友達に披露する機会があれば、すごいと褒められたり、あなたの意外な一面を見せる事が出来て楽しい経験が出来るでしょう。

 

プロのアスリートが集中力のトレーニングとしてけん玉を練習メニューに入れることもあり、また、知育や頭脳開発のためにもけん玉を利用しているそうです。

 

是非、「家の中で」「隙間時間に」「手軽に」できるけん玉運動を取り入れて、心身ともに健康を目指してみてくださいね。


ランキング1位【送料無料】全9色揃ってます! 開けた瞬間使いやすい!学童けん玉 【お急ぎでしたらヤマト選択】 国産品 小学生 初心者 競技用サイズ けん玉 kendama ケンダマ 子ども 男子 女子 アウトドア スポーツ 大空 こどもの日 保育園 学童保育 協会認定サイズ

 

まとめ

 

・けん玉ダイエットではカロリーを消費して体重を落とし、さらに体幹を鍛えてシェイプアップも出来る。

 

・けん玉をすることで集中力を高め、メンタルも向上させる事が出来る。

 

体にも頭にも良いけん玉は万能の遊び道具ですね。

 

けん玉は公式のちゃんとしたものでも2000円程度で購入する事が出来ますし、百均にだって売っていて、いつでも手軽に買う事が出来ます。

その他に用意するものも、場所も必要ありません。とても手軽にけん玉ダイエットを始められます。

 

すぐにけん玉を手に入れ、はじめてみましょう。