暮らし

おでんの具で圧力鍋に入れてはいけないものは?コツや注意点も!

圧力鍋でおでんを作る際にはじゃがいもと練り物は入れてはいけません!

じゃがいもは煮崩れ、練り物は膨張して美味しさが半減してしまいます。

 

圧力鍋で作るおでんの作り方は具材とダシ、調味料を入れて強火にかけるだけ。

 

じゃがいもや練り物は圧力調理の後から入れることで溶けてしまうこともなく美味しくいただけます。

 

慣れていないと使用が難しそうな圧力鍋ですが、コツさえ掴めば誰でも簡単に美味しいおでんを作ることができますよ。

 

この記事では、

・圧力鍋で作る時は入れてはいけないおでんの具材

・上手に圧力鍋でおでんを作るコツ

・圧力鍋でおでんを作るときの注意点

についてお伝えしていきますので、簡単におでんを圧力鍋で作ってみたい!という方は是非参考にしてみてくださいね。

おでんを圧力鍋で作るときに入れてはいけない食材って?

おでんを圧力鍋で作るときに練り物とじゃがいもは入れてはいけません。

 

じゃがいもを圧力鍋に入れると煮込みすぎて崩れてしまうからです。

じゃがいものホクホクとした食感が失われるだけでなく、おダシまで白く濁ってしまいます。

 

ちくわ、はんぺん、もち巾着、などの練り物は煮込みすぎると膨張してしまったり、旨味を逃す原因となります。

また厚揚げも長時間煮込むとスが入ってしまいおいしくありません。

 

ですが、それらの具材を入れるタイミングさえ見極めれば何も問題はありませんよ。

 

最初に大根や牛すじなどの肉類をダシ、醤油、みりんと一緒に強火にかけ、10分ほど加圧調理したら自然に圧力が下がるのを待ちます。

 

減圧したのを確認してから、練り物とじゃがいもを入れ10分ほど煮込めば完成です。

 

じゃがいもは先にレンジで熱を通しておくと煮込み時間も少なく済みますよ。

 

また厚揚げやさつま揚げなどの揚げ物は、ザルなどに入れた上から熱湯をかけるなどして

鍋に入れる前に油抜きをしておきましょう。

油抜きすることによって油臭さがなくなり、上品な味に仕上がりますよ。

 

圧力鍋に入れてはいけないものと言われると一番に頭に浮かびそうなたまごですが、意外にもたまごは圧力鍋に入れても大丈夫です。

 

普通にゆで卵を作って、大根などと一緒に最初の段階から鍋に入れてもらってかまいません。

下味がしっかりついて美味しい煮卵ができますよ。

 

おでんを圧力鍋で作る時の注意点や美味しく作るコツをご紹介!

おでんを圧力鍋で作る際は、鍋の最大調理量を超えないようにしてください。

 

おでんを作るとき、たくさんの具材を入れたくなる気持ちはわかります。

しかし決められた分量を超えないよう、圧力鍋の内側に書かれている『最大調理量』を確認するようにしてください。

 

分量を超えてしまうと、煮ている最中に量が増えて正常に圧力調理ができなくなりますので、必ず最大調理量を守りましょう。

 

調理が終わった際に、すぐにフタを開けるのもN Gです。

圧力でフタや中の料理が飛び出してしまう可能性がありますので、必ず自然に圧が下がるのを待ってから開けるようにしてください。

 

また市販のダシパックは高圧をかけると溶けてしまうものもありますので、使用をオススメしません。

使うのであれば顆粒になっているだしの素にしましょう。

 

ちょっと本格的に頑張りたい人は、水1000mlにダシ用の昆布10gと削り節20gを入れて一晩置いておくだけで美味しいダシができます。

とっても簡単ですので、ぜひ一度挑戦してみてください。

 

美味しいおでんを作るのにはちょっとしたコツがあります。

最初に鍋に入れる大根は十字に切り込みを入れて、こんにゃくはアク抜きをしておくことでぐんと美味しさがアップしますよ。

 

また、調理が完成したら少し時間を置いて冷ますことでより味が染み込みやすくなります。

食べる直前に再度温め直してください。

その際は必ず圧力鍋のフタを開けて火にかけてくださいね。

 

まとめ

寒い季節に必ず食べたくなるおでん。

 

何十分も煮込むのが面倒なお料理ですが、圧力鍋を使用することによって

短時間で美味しいおでんを作ることができます。

 

具材を入れる順番や、油抜きなどのちょっとした下ごしらえで格段に美味しいおでんができますよ。

わたしも圧力鍋を購入したのですが、おでんにはなかなか挑戦できずにいました。

初めて調理してみましたが、普通の鍋で作るよりかなり早く美味しく作ることができました。

 

圧力鍋の扱いに慣れてくるまでは、煮込み時間なども調整しつつ調理してみるのが良いと思います。

 

地域によってダシの味つけや入れる具材なども変わってくると思いますので、圧力鍋を使っていろんなおでんレシピを試してみるもの面白そうですよ。