コミュニケーション

人間関係をリセットされた側の疑問…気持ちの切り替え方とは?

人間関係をリセットされたときにまず伝えたいことは、あなたは悪くないので、落ち込んだりマイナスに考える必要はないという事です。

 

あなただけでなく、周囲の人も含めた全員が関係を切られているということは、人間関係をリセットする相手側に原因があるのですから。

そういう人もいる、そういうこともあるんだなぁと思って、気持ちを切り替えていきましょう。

 

とはいえ、友達だと思っていた人に一方的に関係を切られるのはつらいものです。

気持ちの整理をつけるために、人間関係のリセット癖について理解しておきましょう。

今後も同じようなことがあるかもしれないので、備えにもなります。

 

この記事では、

・一方的に縁を切られた理由、リセット癖のある人の心理

・リセットされた側の気持ちの切り替え方

についてお伝えしますので、リセットする人の気持ちや、リセットされた側の対処法について知りたい方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

 一方的に縁を切られたけどなんで?リセット癖のある人の心理って?

リセット癖のある人が人間関係をリセットする理由は、いくつかのタイプがあるようです。

 

①気を使いすぎて疲れてしまい、一度全てを無くしたいと思うタイプ

 

②自己評価が低いので不安感が強く、いつか捨てられるなら自分から関係を切りたいと思うタイプ

 

③今の自分の環境に合わせて効率的に人間関係を選ぶドライなタイプ

 

④感情的で、ちょっと嫌なことがあった時などに衝動的に連絡先を消してしまうタイプ

 

⑤障害や病気などが原因のタイプ

 

マイナス感情が強い人がリセット癖を持っているかと思いきや、③の「環境に合わせて効率的に人間関係を選ぶ」ような自分勝手な理由の人もいるということが分かります。

その一方で、⑤の「障害や病気などが原因」のように、もともとその人の性質や、その時の状況によることもあるようです。

 

また、リセット癖のある人の、リセットした後の気持ちもさまざまなようで、「またリセットしてしまった。これからどうしよう」と落ち込んでしまう人もいれば、「悩みが消えてスッキリした!」と思う人もいます。

 

リセット癖のある人がリセットをする理由はこのようにさまざまなのですが、一貫して言えることは、リセットされた側であるあなたに原因はないということです。

 

 人間関係をリセットされた場合の切り替え方とは?

上でも解説したように、リセット癖のある人の理由はさまざまで、しかもあなたに原因は無いのですから、まず自分を責めることはありません。

気にしないのが一番です。

 

とはいえ、友達が一人減って悲しかったり寂しかったりすると思うので、まずは自分を癒すために好きなことをする時間をとりましょう。

気持ちを切り替えるために、一度頭から人間関係のことを切り離して、全く別のことに没頭するとスッキリします。

 

新しい場所に行ったり、新しい出会いを探すのも良いかもしれません。

また、今あなたの周囲にいる人のことを改めて考え、大切に思うきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

意外と、身近にいる人に感謝の気持ちを伝えていないものです。

ありがとうの一言だけでも、言われた側はとても嬉しく感じます。あなたの周囲には、あなたのことを好きでいてくれる人がいると言うことを改めて実感しそうですね。

 

心に余裕があれば、リセットされたことをきっかけに、自分にも悪いところがなかったか振り返ってみる時間を作るのも良いでしょう。

もちろん、あまりネガティブになる必要はなく、今後のために自分にも改善できるところが無いか確認するくらいの気持ちでいることが大切です。

 

まとめ

「リセット癖」「リセット症候群」と言われているように、人間関係をリセットしてしまう人はいます。

そういう人たちがいるのだということを理解し、付き合い、そしてリセットされた時は自分を責めずに気持ちを切り替えることが必要です。

 

余談ですが、もしリセットされてもまだ相手のことを気にかけていたり、友達に戻りたいなと思っていて、少しでも繋がりが残っているなら、負担にならないように声をかけて待ってみるのも良いかもしれません。

衝動的にリセットしてしまうタイプや、リセットしてから後悔するタイプなら、あなたと同じく友達に戻りたいと思っているかもしれませんよ。

 

人間関係の悩みは尽きませんが、気の合う仲間やなんでも話せる友達を見つけた時の喜びもひとしおです。

前向きに進んでいきましょうね。