暮らし

電動キックボードって坂道はどうなの!?登れる?疲れる?

移動手段としても活躍してくれる電動キックボードですが、坂道でも快適に乗れるかどうかは、路面の状態でも大きく左右されます。

 

通勤に利用するのであれば、通勤ルートの路面の状態を前もって調べておく必要があります。

 

また、傾斜のある道を走行したいのであれば、できるだけ大きなモーターを搭載している機種を選びましょう。

 

電動キックボードは慣れるまでは疲れるかもしれませんが、運動不足解消にも一役買ってくれるはずですよ。

 

今回の記事では、

・電動キックボードで坂道を登れるか

・坂道や平坦な道で疲れるか

などについてご紹介いたしますので、電動キックボードの購入を検討している方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

電動キックボードは坂道を登れる?実際のところは?

電動キックボードは車体が小さく、「平坦で比較的短い距離の移動に適した作り」になっているので、急な坂道や長距離の走行には向いていません。

 

傾斜のある場所を電動キックボードで走行したい場合、大きなモーターを搭載しているものを選ぶとよいでしょう。

 

では、電動キックボードは「坂道でも登れるかどうか」、や「ポイント」を解説していきます。

 

電動キックボードは坂道を登れる?

電動キックボードは小型の乗り物なので、一般的にモーターも小型です。

車体に「坂道を登りきるために必要なパワー」が搭載されていないのが、少々難点ですね。

 

そこで、モーターのパワーが強い商品を選べば、砂利道や小さな段差、草道もスムーズに走れ、坂道でも無理なく走行できるでしょう。

 

ただし傾斜がキツイ坂道に差し掛かってから急に発進すると、電動キックボードに負担がかかり、バッテリーがショートしてしまう可能性があります。

 

なので、坂道の手前で助走をつけると、その負担は軽減され、坂道でも登りやすくなりますよ。

 

しかし、短時間でも傾斜のある坂道を登ると、電動キックボードが傷んだりすることは避けられません。

できれば、坂道では一旦降りて通行するのが無難です。

 

とくに体重が重い人ほど、車体に大きな負荷がかかるので、極力坂道は走行しない方はよいでしょう。

 


【23日20時~P10倍&最大2000円OFFクーポン】電動キックボード キックスクーター 電動二輪車 電気キックボード 立ち乗り式二輪車 スクーター バランス歩行機 アシスト歩行 バイク スクーター 乗用玩具 電動スケートボード 自動二輪車 電気二輪車

電動キックボードは疲れる?坂道・平坦な道で徹底検証!

電動キックボードは意外と疲れるので、慣れないうちは筋肉痛になるかもしれませんね。

ここでは、電動キックボードは「坂道で疲れるか」、や「ポイント」をみていきましょう。

 

坂道での疲労感

ある程度きれいに舗装された道では、スムーズで快適に移動ができます。

 

ただし、タイヤは路面状況の影響を受けやすいので、ガタガタとした道だと車体が揺れやすく、スピードも落ちます。

 

また、長時間運転すると、ハンドルを握る手も痺れてくるでしょう。

 

電動キックボード選びのポイント

電動キックボードに長時間乗車する場合は、「椅子付き」の商品を選ぶのがおすすめです。

立ちっぱなしで運転する必要がないため、長時間の乗車でも疲れにくいです。

 

しかも、脱着可能な椅子を採用したモデルなら、立ち乗りと椅子に座るスタイルの2通りの使い方ができます。

 

オプションで椅子を後付けできる商品もあるので、ぜひ検討してみてくださいね。

 


☆5/26迄5%OFFクーポン【送料無料】 電動キックボード 公道 走行可能 キックスクーター 大人用 保安部品標準装備 椅子付き サドル 付け外し可能 防水 液晶ディスプレイ サスペンション スタンド付き キックボード 二輪車 スクーター スケーター バイク 折りたたみ od530

まとめ

ここ数年、注目を集めている電動キックボード。

充電式で長時間稼働してくれるうえに、手軽に持ち運びができるなど、さまざまな特徴があります。

 

また、電動キックボードは、坂道でも登れる、大きなモーターを搭載されたものも購入できます。

 

ただし、坂道のひんぱんな走行は、車体に負担をかけることは間違いないので、どうしても乗車したままの走行が必要、という場合以外は持ち運ぶのが好ましいです。

 

電動キックボードをできるだけ長い期間楽しむためにも、工夫してみてくださいね。

 

なお、坂道が多い道の走行は慣れるまで大変かもしれませんし、普段全く運動していない人には足腰など辛いかもしれません。

 

運動不足の人なら、運動のひとつとして、電動キックボードから始めてみませんか?