季節・トレンド

汗拭きシートは顔に使ってはダメ?ボディ用と顔用の違いはあるの?

汗拭きシートは顔に使ってはいけません。

顔用のシートならOKですが、それ以外のものを使うと顔が肌荒れしたり、目を傷める恐れがあるためです。

 

ボディ用はエタノールやメントールが含まれているため、殺菌作用が強く、清涼感も強めです。

顔用は、ノンアルコールで清涼感もなく、摩擦を少なくする工夫もされています。

 

この記事では

・ボディ用汗拭きシートを顔に使うのがなぜダメなのか

・汗拭きシートの顔用とボディ用の違い

などについて詳しく紹介しますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

ボディ用の汗拭きシートを顔に使うのは危険?ダメな理由って?

ボディ用の汗拭きシートは、エタノールやメントールが含まれているため、皮膚の薄い顔に使うと肌荒れする可能性があります。

目の周りに使うと、目を傷める可能性もあるので危険です。

 

ボディ用の汗拭きシートは、アルコールの一種であるエタノールを含んでいます。

除菌・殺菌作用があり、汗の臭いを取り除くことができます。

 

他にも、メントールを含むことで、清涼感やスッキリ感を実感できます。

ベタベタの肌をサラサラにするために、パウダーを配合しているものもあります。

 

からだを拭くには申し分ない成分ですが、顔の皮膚は薄く、刺激が強すぎます。

肌荒れをおこしたり、特に皮膚の薄い場所がヒリヒリ、カサカサになったりもします。

 

また、おでこや鼻を拭くこともあると思います。

目の近くに使うと、エタノールやメントール成分が目にしみたり傷みが出ることもあります。

 

私もボディ用を思わず顔に使ってしまったことがあります。

おでこを拭いただけなのに、目にツーンとした刺激がきて、慌てて目を洗いました。

サラサラパウダーが顔に残って粉っぽくなり、あとから不快に感じたこともありました。

 

ボディ用の汗拭きシートは、顔に使うには刺激が強すぎます。

目を傷める可能性もあるので、使わないようにしてくださいね。

 

 

汗拭きシートの顔用とボディ用の違いは何?注意するべき点はある?

汗拭きシートの顔用とボディ用の違いは、配合している成分の違いです。

ボディ用はアルコールやメントール入りが多いですが、顔用はノンアルコールで低刺激のものが多いです。

 

汗拭きシートはボディ用が多いため、わざわざ「ボディ用」と記載しているものは少ないです。

もちろん、成分表示を見たり注意事項を読めば「顔には使わない」ということはわかりますが、パッと見はわからないです。

 

その代わり、顔に使えるものはわかりやすく表示されています。

「顔用」「顔・ボディ兼用」「全身に使える」などと書いてあるので、チェックしてみてください。

 

顔用とボディ用のその他の違いは、パウダーの有無やシートの摩擦力です。

 

顔用にはパウダーが入っていないものがほとんどです。

シートも摩擦が起きにくい素材を使っていたり、水分量を多めにして摩擦を少なくする工夫もされています。

 

確かに、ボディ用のシートはちょっと使うとすぐにカピカピになって、水分量少な目ですよね。

 

汗拭きシートを使う時は、ボディ用と顔用をしっかり使いわけてくださいね。

もちろん乾燥肌の方は、顔用をボディに使えば低刺激でいいと思います♪

 

外出するのに、2つもシートを持ちたくないよ!という方は、兼用できるシートを使ってみてくださいね。

 

最後におすすめの汗拭きシートを紹介します。

 

<ボディ用>

・HOUSE OF ROSE ミントリープ クール ボディシート


【夏季限定】【ハウスオブローゼ】ミントリープ クール ボディシート【HOUSE OF ROSE】【ボディ用ふきとり化粧水】【ボディシート】【ラッピング対応可】※ラッピングは備考欄からご依頼ください※[ハウスオブローゼ][家庭用品][7821-2]

 

清涼感が強く、スッキリとした香りでリフレッシュもできます。

香りは人工的でなく、天然精油。

保湿成分も入っているので、肌がしっとりしますよ。

 

<顔・ボディ兼用>

・ハッカ油 ミントフェイス ウェットシート


【メール便送料無料】北見ハッカ通商 北見ハッカ ミントフェイス ウエットシート 20枚入

 

天然ミント配合で、すっきりした香りと清涼感が人気です。

ノンアルコールで顔にも使えますよ。

 

・キュレル スキンケアシート


キュレル スキンケアシート 10枚入

 

赤ちゃんにも使える優しい成分で作られています。

乾燥性敏感肌の方にもおすすめです。

 

汗拭きシートが乾いたら復活させる方法はある?開封後の使用期限も!汗拭きシートが乾いたら、シーブリーズなどの冷たい水に浸して復活させられます。 開封後の使用期限は、1年ほどです。 ウ...

 

まとめ

汗拭きシートは、基本的には顔には使ってはいけません。

 

エタノールやメントールなど、刺激の強い成分が多く含まれており、肌荒れする可能性があるためです。

目の近くを拭くと、刺激で目が痛くなることもあるので、大変危険です。

 

顔に使うなら、ノンアルコールで低刺激成分の<顔用>もしくは<顔・ボディ兼用>の汗拭きシートを使うようにしましょう。